【新訳】早縄 活法 拳法教範図解~その6/(武術・武道)
- 2010/04/22(Thu) -
※本稿の凡例
 太字:原文意訳
 細時:意訳者の注


■柄搦


1 お互い間合いを詰めるまでは、これまでの形の通り。一歩踏み込んで手が届く距離で、自然体で相対す。受(負ける側)は右足を一歩踏み出して、取(勝つ側)が帯刀している刀の柄を両手でつかんで引き抜こうとする。


図1


2 取は、下腹に力を入れ気合を込め、受が刀を引き抜こうとする動きに合わせて、右足を一歩踏み出す。同時に、前~本図の点線のごとく受の両手を甲の側からつかみつつ、相手の体を後上方に押し上げて崩す。

図2


3 取は、受の体勢の崩れに乗じ柄頭を右に回すと、受の手が外れ、同時に受の右手首の関節が逆に極まる。取は右手を離して体を右に開きなが、受の右手首を両手と柄で制しつつ左ひざを着いて右足を開き、下腹に力を入れて制す。その後、双方離れて残心をとる。なおこの形は、立見流の中から選んだものに、故逸見宗助先生が修正したものである。

図3


■市村いわく。

 警視流の3本目、柄搦の形である。

 これも柔術諸流では一般的な手首逆の技・小手捻りを使った形である。

 最大のポイントは、まず我の刀を引き抜こうとする相手の動きを利用して、相手の体勢を後上方に崩す所にある。その際、拍子が合えば、このまま相手を後下方につぶす、あるいはさらに相手の反射を利用して前方下に投げ捨てることも可能であろう。

 しかし、この形の表現では、そのような形にはせず、後上方に体勢を崩された相手が、バランスを取り戻そうと重心を前下方に戻す動きを利用して、柄頭を回して手首の逆を取り、そのまま制する。

 さて、その際の手首逆の取り方であるが、原著では我の左手で彼の右手の甲をつかみ、我の右手は我の柄頭をつかんだ状態で体を右に開きながら手首逆に極めている。

 しかし、実際には、柄を右に回して柄逆にした後は、むしろ我の右手で彼の右手を小手捻り状に制し、我の左手は刀の鍔を抑えながら、柄の中心で補助的に彼の肘また前腕中間部を制した方が合理的だと思うのだが、いかがだろうか? 諸賢のご意見を承りたいところである。

 いずれにしても、この形も1~2本目と同様、我の刀を捕ろうとする相手の動きをそのまま利用して相手の体勢を崩す、柔道原理でいうところの「崩しの理」が最大の骨法となる点に留意されたい。

 また最終的な極めについても、手首への逆技で制するというよりも、手首を彼我の接触点として、我の重心(丹田からの力)で相手の全身を制するという意識が重要である。


 以上、3本で、警視流の柄捌きの形は終了し、4本目の「見合取」では、これまでの形とは逆に、素手の我が帯刀している相手を制する形となる。


■警視流の柄捌きの総評

 警視流の形における柄捌きは、1本目「柄取」が小手捻りからの投げ捨て、2本目「柄止」は脇固め、3本目「柄搦」は小手捻りとなっている。

 いずれも柔術諸流では、普遍的な技であるといえよう。

 柔道原理の「崩し理」から見ると、1本目は前方の崩し、2本目は左前への崩し、3本目が後上方への崩しとなる。いずれの形でも、この「崩しの理」が体得できていないと、自分よりも腕力のある相手には、技が効かないことは言うまでもない。

 また、3本の形の中では、1本目の「柄取」の逆投げが最も難しい技となる。

 この場合、実際には、よほど我と彼との拍子が合わない限り、あるいは馴れ合いでない限り、形のように手首逆に極めつつ投げ捨てることは難しい。しかし、我の柄にかかった相手の両手を切り落としてしまえば、あとは抜刀して剣で斬りつけるなり突くなりすればよいわけで、形の表現は、あくまでも原理(理合)の記号化にすぎない。

 ただし指導者がこの点を理解してきちんと指導しないと、教わる側が「実際には遣えない・・・」などという、皮相な理解に終始してしまうので注意が必要であろう。

 一方で、2本目と3本目は、原理の記号化というよりも、多少雑でも実際に使える具体的なスキル(技術)となっている。

 つまり、まず1本目を通して記号化された「自然体の理」、「柔の理」、「崩しの理」という柔術の普遍的原理=極意を体験させ、2~3本目で具体的な技である脇固めと小手捻りを体得する、という構成になっているわけだ。

 このように形単体ではなく、一連の構成としての「形の体系」についても、稽古者は十分に注意を払わねばならない。

 警視流は時代の要請に基づいた促成の体系であったとはいえ、編纂者はその限られた条件のなかでも、最大限、伝統的な日本武術特有の「形の体系」というマクロ的な理合を踏襲した点に、100年後の武術・武道人として大いなる敬意を評したい。

(つづく)

※2010.4.25 崩しの方向に関する記述の誤りなど、一部訂正
スポンサーサイト
この記事のURL | 【新訳】拳法教範図解 | ▲ top
【新訳】早縄 活法 拳法教範図解~その5/(武術・武道)
- 2010/02/24(Wed) -
※本稿の凡例
 太字:原文意訳
 細時:意訳者の注


■柄止


捕(勝つ側)は木太刀を帯刀して進みでる。受(負ける側)、取ともに気合を十分に満たして歩み寄り、自然体で相対する。(互いの間合は、一歩踏み込んで手が届く程度)。受は右手で捕の柄頭を、左手で捕の右手首をつかむ。

DSC_3780.jpg



受は、捕の柄頭と手首を握ったまま、左足を一歩踏み込んで捕の柄頭と右手を、向かって左下方向へ押し付ける。捕はこれに逆らわず、鍔を親指で抑えながら右足を30センチほど開き、受の体勢を崩す。

DSC_3781.jpg



体勢を下方に崩された受けは、それを立て直そうと上体を起こすので、それに乗じて捕は右足をやや踏み出しながら、柄を(自分から見て)反時計回りに廻して受のつかんでいる左手をはずす。同時に受けにつかまれている右手も同様に反時計回りに廻し上げ、受けの左手首を逆に極める(柄頭と右手の動きは同時)。

DSC_3782.jpg



柄から受の右手が離れたら、捕は左手で受けの右手を手の甲側からつかんで制し、右足を一歩引きながら膝を着き、左足を開いて脇固めに極める。

DSC_3783.jpg


この形は、渋川流の立合の形を修整したものである。




市村いわく。

 警視流の2本目、柄止の形である。

 これも柔術諸流によくみられる技であり、現在でも柔道や総合格闘技などでよく知られている脇固めの応用なので、技自体にはあまり説明もいらないであろう。ただし脇固めと同時に受の左手首も極めているが、これも柔術ではよくある技法である。

 形のポイントは、我の柄と手首をつかんで(我の)右下方向に加えられる相手の力に逆らわず、右足を開くことで、相手の体勢を崩し、体勢を立て直そうとする相手の動きに応じて、柄と腕を廻して逆に捕る点にある。

 力任せに技をかけようとするだけでは、下方へ柄と手首を押さえつける相手の力が強ければ、技がかからないことに十分留意されたい。

 なお初学の稽古では、受は力んでがんばらずに、やわらかく捕の技に”かかってあげる”ことが肝要である。

 ちなみに捕が受の柄頭をつかんで下方に押し下げる動作は、鍔で受の金的に押し当てを加える技(攻撃)の表現であり、古流の柄裁きや太刀捕りの形などで、よくみられるものである。

 最後の脇固めでの極めにおいても、力任せに制するのではなく、全身の統一された力と重心の移動で、やわらかく制することが肝要であろう。

(つづく)
この記事のURL | 【新訳】拳法教範図解 | ▲ top
【新訳】早縄 活法 拳法教範図解~その4/(武術・武道)
- 2010/01/28(Thu) -
※本稿の凡例
 太字:原文意訳
 細時:意訳者の注


■柄取


捕(勝つ側)は木太刀を帯刀して進みでる。受(負ける側)、取ともに気合を十分に満たして歩み寄り、自然体で相対する。(互いの間合は、一歩踏み込んで手が届く程度)

双方同時に、左足を30センチ超ほど左斜め後方に引き右半身となる。捕は左手親指で木太刀の鍔を押さえ、下腹に力をいれて構える。

DSC_3695.jpg



受は、右足を一歩踏み出すと同時に、捕の柄を両手でつかみ、左足を引きながら(寄り足)木太刀を引き抜こうとする。

DSC_3696.jpg



受の動きにあわせ、捕は右足を一歩踏み込み右の手刀の指先で、受の目を横から払うように「霞(目潰しの当身)」を入れる。

受は、捕の霞をよけるために左へ顔をそむける。

DSC_3697.jpg



捕は右手で自分の木太刀の柄を下からつかみ、やや腰を沈めるようにして柄頭を、自分の右膝へ引きおろすようにして、受の体勢を崩す。

DSC_3698.jpg



捕は右手で受の左手を甲の側からつかみ、左に転身して右足を自分の左足に寄せて両足をそろえつつ、木太刀の柄部分を自分から見て、反時計回りにまわし、受の左手首を極める。

この際、自分の左手は、木太刀の鍔をしっかりと抑えておくこと。

DSC_3699.jpg



捕は左足を大きく引いて身体を左に開くと同時に、受けの手もろとも木太刀の柄を下げ落とし、投げ放つ。
受けは受身を取りつつ起き上がり、互いに残心をとる。

DSC_3700.jpg


この技は、受の手首が極まっているために投げ放つことができるものであり、稽古時には捕も受も無駄な力をいれたりせずに、気合と技の理合で、技をかけることが重要である。これは、その他の形も同様である。

なおこの形は、天神真揚流と真蔭流を修正した形であり、久富鉄太郎先生と今泉栄作先生と著者・井口松之助の演武を図としたものである。




 市村いわく

 警視流拳法の1本目、柄取の形である。

 警視流の形では、1~3本までは、帯刀した状態で相手を制する、いわゆる「柄捌き」の形となっている。

 この技のポイントは、柄を下げて相手を崩し、崩されまいと踏ん張る相手の力を利用して柄を回して、相手の手首を逆に極める点が第一である。なおこの極めは、現在の合気道で言うところの二教の手首逆と同じ状態(手首の小指側を極めることで、肘関節と肩関節も極まっている)といえば分かりやすいだろうか?

 もう1つは、手首を極めた状態のまま柄を斜め下方向に押し下げることで、極めるのではなく投げ放つ、いわゆる投げ捨てで終わるという点にある。

 実際に試してみると分かると思うが、単に手首を極めて制するよりも、手首を極めたまま、相手を柔らかく投げ捨てるには、柄を通した力を、相手の手首→肘→肩→体幹に伝え、制しつつ崩し、投げ捨てるという点に習熟しなければならない。

 なお力任せに柄を下げてしまうと、逆に相手の手首が裏返ってしまって極めがほどけ、相手から右裏拳や右肘当てなどの反撃を受けてしまうので、「制しながら極めつつ投げ捨てる、適切な力の方向とは?」、という点に習熟することが大切である。

 このため受は、稽古の上では無理に踏ん張ったりせずに、柔らかく捕の技を受けてやり、より効果的な極めと投げの方向を、捕に学ばせようという姿勢がなければならない。

 ゆえに、受=剣術で言うところの打太刀(負ける側)は、上位者が受け持たなければならないのである。

 指導者や上位者が、ばったばったと下位者を投げ捨てるような稽古は、本来の日本武術・武道の伝統的な指導法からは逸脱していることにも留意されたい。

 こうした点も踏まえてか、著者の井口は、「力任せに稽古をするな」とくどいほど強調している。

 ちなみに、投げ捨てた後は、彼我の間に十分な間合ができるので、形の想定としては、もし投げ放った後でも受に敵意があるのなら、捕は抜刀して斬ればよいというのは、言うまでもない。


 いずれにしてもこの形は、警視流の1本目にふさわしく、当身からの崩し、手首逆を極めるための運足、引き足で体を開くことによっての投げ捨てなど、日本柔術らしい合理的な身体の運用がよく表れているといえよう。

 ちなみに関口流(天羽流)柔術の柄捌きのひとつ「柄落」という形は、これとほぼまったく同じ動きを座技で行っているのも興味深い。

 (つづく)

参考文献
『図解コーチ 合気道 技法の修得法』(植芝吉祥丸/成美堂出版)
この記事のURL | 【新訳】拳法教範図解 | ▲ top
【新訳】早縄 活法 拳法教範図解~その3/(武術・武道)
- 2009/12/09(Wed) -
※本稿の凡例
 太字:原文意訳
 細時:意訳者の注


■体勢図解その2

 柔術家にとって、最も大切なのは身構えである。



市村いわく

 ここでいう「身構え」とは、たとえばボクシングにおけるアップライトとか、空手道における組手構えとか、剣術における左片手上段とか、そういった攻防の際における、いわゆる「構え」ではない。

 あくまでも、体動の基盤となる体勢であり、記号としての身体の体勢のありようである。ここを誤解してはならない。

 同様に、たとえば剣術や拳法・空手などにおいても、形の中に示された「構え」というものが、攻防の際の体勢のありようとしての「構え」なのか、それとも技が極まった際の定式を示す「構え」なのか、あるいはその流儀特有の身体動作の記号論的な象徴(体勢としての理想形)なのか? という点を区別して理解しないと、先人たちの教えが一知半解になり、とって付けたような形の解釈に陥ってしまうことに留意されたし。


 その方法は、図に示すように、両手で自分の金的を囲うようにして守り、中腰で両足を横一文字に開き、つま先を外側に向け、腰をすえて口を結び、下腹に力を入れる。

 この身構えは、「真ノ位その2」ともいうべきところである。この身構えによって、腰投げや背負い投げなどを行い、乱捕りには最も自由自在に動き運用できる構えなので、十分工夫・検討すべきものである。


図真の位2
▲真ノ位その2


■体勢図解その3

 この構えは、「真ノ位その2(一文字腰)」から左足を40cmほど後ろへ引いて膝を着き、右足を立てひざにする。腰から上は「真ノ位その2(一文字腰)」と同じ。左足の踵を自分の肛門へ押し当てるように据え、下腹に力を入れる。

 自分が投げられて起き上がるにも、この身構えになるように起きる。これを「真ノ位その3」とも言う。

 敵とにらみ合うとき、掛け声を出すとき、起き上がるときや残心をとるときにも、この図のように身構えるように。なお、形によっては、左右の足が逆になる構えももちろんある。

 発心(先)、中心(作りと掛け)、残心、気合(発力)、勇気(肝力)などに必要な心と身体が充実するには、この構えがたいへん重要である。


図真の位3
▲真ノ位その3


市村いわく

 いわゆる「一文字腰」というのは、柔術に限らず、剣術なども含め、日本の古流武術ではたいへん重要かつ基本的な身構えである。型稽古を通し、こうした身構えに習熟することで術の土台となる下半身を鍛え・安定させ、軸を通し、丹田を練るわけである。

 また両手で金的を囲う(守る)という身構えも、古流ではよく見られるものであり、護身術の基本的なツボとして留意すべきである。

 なお余談だが、私の若い頃の日常生活での得意技のひとつが「釣鐘砕」であった。なんのことはない、相手の「玉」を思い切り握ってやる(厳密には握りながら、引き千切るように捻るのだが)だけの業だが、中途半端な小手返しや小手捻りなどといった逆業より、路地裏では、よほど効果の高いものであった(笑)。実践の業とは、シンプルなものである。


■距離図解

 まずは自分たちが稽古をする場所の広さを十分考慮し、受け、取りともに形を行う際には、まず掛け声と同時に中央に歩み寄り、双方の距離がおよそ1メートルほどまで近づく。ここで受け、取りとも同時に左足を40センチほど左斜めに引き、半身となる。

 形では、ここから受けが攻撃を仕掛ける。受けから仕掛ける形は、「襟投」、「陽ノ離」、「左右行連」、「後捕」などである。

 柔術の形は、いずれも左右を変えてそれぞれ同じ形として稽古することができるものであるが、たいがいの人が右利きであることから、右からの形が多くなる。

 ここで解説する警視流の形は、わずか16本であるため、5回くらい学び、自分たちで10回ほども稽古をし、1ヶ月程度ですべての技を修了できるものである。だからこそ、気合を入れ勇気を込めて稽古をしなければならない。しかし無理に力んだりせずに身体は軽やかに技を掛け、技をかけられた場合もすばやく受身をとるべきである。

 これから形の解説に入るが、図の中に示された点線は動きの変化を表しているので、じっくりと図解と説明文を読んで、その上で稽古をしてほしい。


図距離
▲約1メートルの距離で、右半身で対峙する


市村いわく

 私も若かりし頃、某警備会社で常駐警備についた際には、新任研修で自衛隊上がりの助教に、速習型の護身術と警戒棒の使用法について指導された経験がある。

 我々、武術・武道人と違い、法執行機関の職員や警備業務に就く者というのは、悠長に武技を学んでいる時間などはない。ゆえに警察でも警備業でも、あるいは軍隊でも、護身術や体術などの訓練は、一部の専門要員以外、ごく短期間に最低限の術技が、だれでも容易に習得できるものでなければならないわけだ。

 こうした点で、警視流拳法もあくまで速習に主眼が置かれており、5~10回の講習・稽古を行い、1ヶ月程度で修了と具体的なスケジュールが示されているのは興味深い。

 とはいえ、この時代の警察官といえば、ほぼすべてが士族であろうし、ということはすでに剣術なり柔術なりの十分な素養があることを忘れてはならない。

 しかし本原書を読み込んでいると、筆者である井口松之助としては、すでに素養のある警官や軍人だけではなく、学校の教員や生徒なども含めた幅広い相手を対象とし、できるだけ平易に、稽古しやすい解説を心がけているのが分かる。

 また、術技そのものについても、素朴で理解しやすい基本的な柔術技法が多い。

 素朴ということは、それだけ習得も簡易であり、先の「釣鐘砕」の例のように、即効性を求められる護身術としての実効性や有効性も高いということである。

 以下、次回からは、いよいよ形解説部分の訳にとりかかる。


(つづく)
この記事のURL | 【新訳】拳法教範図解 | ▲ top
【新訳】早縄 活法 拳法教範図解~その2/(武術・武道)
- 2009/11/08(Sun) -
※本稿の凡例
 太字:原文意訳
 細時:意訳者の注


■体勢図解

 すべて柔術の教えは体勢(体の構え)が基本となる。稽古をするときには常に、体勢が崩れたり乱れないようにすることが重要である。これは心得だけではなく、実際に体勢作りができていないと、不意に技を掛けられたりした際に、その効果は発揮できない。

 体勢の法にいわく、まずまっすぐ立ち、口を結んで胸をひらく。両手をたらして親指を手のひらに握りこみ、腰を張り下腹に力を入れて十分に気合を込めて構える。これを「真之位 その一」と称する(図1)。
無題2
▲図1 「真之位 その一」


 歩くときも稽古をするときも、必ず左足から進みだすこと。


   市村いわく
 
     親指を握りこむ形の拳形は、柔術の当身ではよく見られるものである。この場合
    の当身は、あくまでも投げ技や関節技につなげるための「仮当て」であり、空手道
    のような一打必倒を目的とするものではない。そこで、むしろ親指をとられて折ら
    れることを警戒し、このような拳形となる。その際、あまり深く親指を握り込みすぎる
    と、指の付け根の関節を痛めるので、浅めに握りこむこと(写真1)。

    ken.jpg
    ▲写真1 親指を握りこんだ拳形


     また、この場合、当身の後、すぐに投げや固めに移れるよう拳はあまり固く握らず、
    腰の切れで体幹の重心を送るようにして当てることがポイントである。


 また、拳法の形は警察官のための形なので、サーベルを装備して稽古すべきところだが、町道場などでは木刀を使う。

 木刀が必要になる形は、1本目の「柄取」、2本目の「柄留」、三本目の「柄搦」、以上3つの形である。また4本目の「見合取」では、受け方の使う武器として小太刀の木刀を使う。

 柔術は「速気」、「気合」、「勇気」の3つの「気」をもって、発声(掛け声)を掛けることが大切である。掛け声は、自分(取り、形の中で勝つ側)からは「陽の声」として「エイヤ」と発声する。一方で相手(受け、形の中で負ける側)は「陰の声」として「オー」と答える。

 我の発する「陽の声」は、形を演武する際、相手と向かい合い、立ったまま相手を注視して下腹に力を込めて十分に「勇気」を満たし、「エイヤー!」と口を開いて声を出す。これを受けて、相手も同様に我を注視しながら下腹に力を込め、「オー!」と発声する。

 掛け声というのは、「気合」が増すものであり、武術ではたいへん重要な点なので、ここに改めて書いておくものである。もちろん流儀によっては声を出さない「無声の掛け声」もあるのだが、ことに初心者については、有声の掛け声が重要となる。

 いずれにしても武術には、「エイヤ」、「ヤー」、「トー」、「エイー」など、剣術、柔術、居合、棒、なぎなた、そのほか投げを打つ、当身を打ち込むにも、発声をするべきものである。


    市村いわく

     現代の武術・武道稽古において、「なぜ、気合(掛け声)が必要なのか?」、「ボクシン
    グやキックボクシングでは掛け声をしながら打撃はしないが?」、などという質問を初学
    者から受けることがある。さてその際、いったい何人の指導者が、その合理性を分かり
    やすく説明することができるだろうか? 

     「ぐだぐだ言わずに、でかい声を出せ!」という指導では、指導者のお里が知られると
    いうものである。

     100年以上前の段階で、すでに同様の質問に対する回答を、まず武術指導書の冒頭
    にもってきた、井口ら先人の指導方針に想いをいたすのは、われわれ平成の武術・武道
    人の務めでもあろう。

     なお、気合(掛け声)の武術的な意義については、本ブログのバックナンバー、「気・剣・
    体の一致のための、術技としての気合」、

    http://blog.goo.ne.jp/bugaku-club/e/95c40eeaf9c026b81f1b75b9c16d69d1

     を参照されたし。

(つづく)

この記事のURL | 【新訳】拳法教範図解 | ▲ top
| メイン | 次ページ