鏡は悟りの具ならず、迷いの具なり/(箴言集)
- 2017/04/19(Wed) -
170411_003220(1).jpg


鏡を看よといふは、反省を促すの語也。

されどまことに反省し得るもの、幾人ぞ。

人は鏡の前に、自ら恃み、自ら負ふことありとも、遂に反省することなかるべし。

鏡は悟りの具ならず、迷いの具なり。

一たび見て悟らんも、二たび見、三たび見るに及びて、少しづヽ、少しづヽ、迷はされ行くなり。

                                                (斎藤緑雨)


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 箴言集 | ▲ top
| メイン |