翠月剣・長剣の新作と、不二心流の手裏剣/(手裏剣術)
- 2017/03/12(Sun) -
 当庵で柳剛流と手裏剣術を稽古している宇田川氏が、稽古用に長剣と翠月剣を制作したということで、先日の稽古で試打させてもらった。

 どちらの剣も、これまで私たちが使っていた長剣や翠月剣とまったく同じ打ち心地であり、素晴らしい仕上がりである。

 ここ2年ほど、新規の手裏剣制作ができない状況が続き、新たに入門した人には翠月庵の手持ちの手裏剣を使ってもらっていたのだが、今後は同氏に制作を依頼できるようになり、ほっとしている。

170311_新翠月剣1
▲宇田川氏制作による25年式翠月剣


170311_新旧の翠月剣
▲新作の翠月剣(上)と、私が現在使っている翠月剣(下)


170311_翠月剣と長剣
▲私が使っている翠月剣(上)と、宇田川氏制作による長剣(下)。翠月庵では、まず長剣で直打の基本を体得し、その後、翠月剣での稽古を行う


 宇田川氏は当庵で柳剛流と手裏剣術を学ぶ一方、自身で幽玄会という団体を主催し、千葉県八千代市の教場で夢想神伝流と不二心流、合気剣杖を指導されている(http://www.geocities.jp/spirit_vision_lesson/index.html)。

 このため昨日の稽古では、不二心流の手裏剣を持ってきてくれたので試打させていただいた。

 不二心流の手裏剣は、香取神道流の手裏剣の形状をそのままにサイズアップしたような形である。

 秤が無かったので正確な重さは分からないが、おそらく70~80グラムほどはあるだろうか。これくらいの重さがあると、手裏剣もたいへん打ちやすい。

 しかし、この手裏剣は独特の形状から後ろ重心になっており、翠月庵の手裏剣術の基本となっている、無滑走2点打法で打つことはできないので、滑走打法で打つ。

 このため1間半~2間程度では問題ないが、3間以上で的中させるには少々の稽古と慣れが必要だ。

 もっとも総合武術である不二心流においては、小太刀を使った刀法併用手裏剣術として、この手裏剣を用いるとのことで、おそらく間合も3間以上は想定していないであろうから、このような中距離以上では打ちにくい後ろ重心の形状でも、あまり問題にはならないであろう。

170311_不二心流手裏剣
▲不二心流の手裏剣


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
翠月庵の手裏剣術/(手裏剣術)
- 2017/03/04(Sat) -
 翠月庵で柳剛流を稽古しているU氏が、先週から手裏剣術の稽古を始めた。

 一般的に手裏剣術の稽古は、古流でも現代流派でも、的から1間程度のごく近い間合から稽古を始める。そして徐々に間合を遠くしていくのだが、多くの場合、2間から2間半ぐらいのところで直打では刺さらなくなり、稽古の壁にぶつかる。

 このため「間合3間」というのは、ある意味で手裏剣術者のメルクマールであり、10歩の間合からの「板金を打つ心」(フルパワー)の打剣で、八寸的に六割以上の的中が錬士相当・目録(成瀬関次師著『臨戦刀術』より)という実力の目安であると言われる。



 そこで当庵では、初学者にいきなり3間直打から稽古を始めてもらう。

 しかも、長剣と重心理論に基づいた無滑走2点打法で打ってもらうために、女性も含めてほとんどの人が、稽古初日から何本かは3間直打で手裏剣を的に刺すことができるようになる。

 もちろん、間合い3間で「板金を打つ心」、つまり武術的に意味のある速度と威力がのった打剣ができるようになるには、数年の稽古が必要だ。

 それにしても、生まれて初めて手裏剣を打つ人に、稽古初日から直打で3間を通させる稽古場というのは、本邦でもなかなか無いのではなかろうか?

 とはいえ実は、「術」の稽古の本質という点では、最初から3間を通させるというのは、それほど大きな意味はない。

 しかし、重心理論に基づいた直打というものを確実に体感してもらうためと、3間という間合に気後れしないメンタルを養成するために、当庵ではできるだけ早い段階で、3間直打を実現してもらいたいと考えているのである。



 U氏の場合、稽古初日から3間直打はもちろん、実践的な間合である2間での「板金を打つ心」に近い打剣でも、3割前後の的中がみられ、さらに当庵では中級者向けの翠月剣でも、刺中が見られたのは少々驚きであった。

170225_手裏剣1
▲U氏による、逆体の構えから踏み込んで2間順体打ち、「板金を打つ心」での打剣


 もっともこれは、同氏が居合・剣術家として20年以上もの稽古を積み重ねてきていることから、体幹や運足、腕の振りなどが出来上がっているからこそであって、さすがにまったくの武術未経験者が、誰でも初日からここまで打てるわけではない。

170225_手裏剣術2
▲U氏の場合、長年の居合・剣術の修行で「体」と「力の統一の感覚」ができているので打剣の上達も早い



 さて、来月は恒例の苗木城での演武があるので、私もそろそろ気を入れて手裏剣を打たねばと思う、今日この頃である。


 (了)
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
旧友を悼む/(手裏剣術)
- 2017/02/23(Thu) -
 無冥流の鈴木崩残氏が、ご逝去されたとのことです。

 崩残氏には、翠月庵の立ち上げ以前、私が武学倶楽部として活動していた当時から、ひとかたならぬお世話になりました。

 一昨年、故あって私は氏と袂を分かちましたが、無冥流投剣術・鈴木崩残という手裏剣術者が希代の天才であり不世出の名人であったことは、10年来の旧友として、ここに改めて明言するところです。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 武術伝習所 翠月庵
 瀬沼健司
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
続・タイル針・コンクリート針を打つ/(手裏剣術)
- 2017/02/13(Mon) -
 過日、宿題になっていたタイル針・コンクリート針での打剣について、稽古場にてじっくりと再検討した。

 結論としては、翠月庵HP掲示板の稽古報告にも書いた通り、コンクリート針やタイル針は、そのままで3間直打も可能であった。

 しかしタイル針もコンクリート針も、あまりに軽すぎるために、速度が乗らず、精度・威力も低いことから、翠月庵としては手裏剣の代用か研究用の教材に止まるというのが実感である。

 この10年間、手裏剣術を専科としてきた経験から言えば、武用として信頼感を担保できる手裏剣は、軽量クラスでも最低重さ60グラム(できれば80グラム以上)、長さも18センチは欲しいところだ。

 この重さとサイズであれば、1間から4間程度まで変化する間合にも十分に対応でき、適度な重さから速度も十分にのり、速度がのるということは威力も担保できることになる。

170211_104638.jpg
▲上から「タイル針」、「コンクリート針」、「明府真影流手裏剣」、そして全
長180ミリ/重さ60グラムで重心調整のために特殊な加工を施してある
「翠月庵推奨軽量剣」。



 ゆえに、

 「生死一重の至近の間合いからの、渾身の一打」

 という、翠月庵の目指す手裏剣術に最も理想的な剣は、やはり翠月剣であると改めて確信した次第である。

160702_161513.jpg
▲間合い4間半から4寸的に、板金を打つ心で5本を打ち、2本を外す。集剣のため的に置きにいくような打剣とは異なり、一打で相手の死命を制する気勢で打ち込む「板金を打つ心」での打剣では、この間合でも全剣的中は難しい



 これは現実的にありえない想定だが、もし仮に我が命を1本の手裏剣に託さねばならないとすれば、私は迷うことなく翠月剣を選ぶだろう。

円明流短刀型手裏剣と翠月剣
▲「25年式翠月剣(短)」(全長230ミリ/身幅13ミリ/重ね6ミリ/重量126グラム)と、円明流手裏剣の写し

 (了)
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
タイル針・コンクリート針を打つ/(手裏剣術)
- 2017/01/28(Sat) -
 工具としてして販売されているコンクリート針やタイル針は、代用手裏剣としてよく使われている。

 流派・会派ごとの手裏剣は、いずれも誂え物であり、あるいは最近は流派別の手裏剣のレプリカなども市販されているが、これらの多くも安価なものではない。骨董的価値のある時代のものの手裏剣にいたっては、言わずもがなだ。

 このため、特定の流派や会派に所属せず、武人の嗜みとして独自に手裏剣の稽古をしている人の多くは、コンクリート針やタイル針、あるいはタガネなどを代用手裏剣として使うことが多いだろう。


 私は手裏剣術の稽古に専念した当初から、専用の誂え物を使ってきたので、コンクリート針やタイル針は、あまり打ったことがない。

 加えて、翠月庵で通常使用している手裏剣は、長剣も翠月剣も、いずれも重さが100グラム以上ある重量剣であり、コンクリート針やタイル針に比べるとあまりに長さと重さが異なる。

 長さと重さが異なるということは、手の内をはじめとした打ち方が異なるため、これまではコンクリート針やタイル針は、そもそも代用品としても、あまり考えてこなかった。


 ところが過日、アマゾンで買い物をしていると、ふとタイル針が目について、「たまにはちょっと、打ってみるかな」という気になった。

 そこで、「イシイ 特殊タイル針 ローレット 大」(全長150ミリ、重さ29グラム、径6ミリ、丸型)と、「千吉 コンクリート針 大 NO.16」(全長160ミリ、重さ33グラム、径7ミリ、丸型)を購入して打ってみた。

 拙宅では、座打ちで2間、立打ちでは1間半しか取れないのだが、どちらも2間直打の座打ちで普通に刺さるので、立打ちであれば3間は通せるであろう。

 それにしても、このクラスのサイズの剣は、あまりにも軽く短くて打ちにくい。

 普段、私が使っている25年式翠月剣は、短刀型で全長255ミリ、身幅13ミリ、重ね6ミリ、重量144グラムである。これに比べると、コンクリート針もタイル針も、あまりに軽く短いため、手の内や手離れが全く異なるのだ。

 おまけに、普段の稽古では2~5間で打っているからか、2間座打ちはまったく違和感はないのだが、1間半の立打ちというのは間合いが近すぎてかえって難しい。

 超至近距離で、しかも剣があまりに軽いことから、普段の打ち方で打つとまったく首落ちがせず、剣が立ったままになってしまうのである。

 そこで、通常は禁忌としている手首のスナップを利かせ、滑走を大きくかけることで、ほどなく「板金を打つ心」で刺さるようになった。

 とはいえ、1間半というのは間合いが近すぎて、手裏剣術者としてはかえってストレスのたまる距離だ(苦笑)。

 やはり最低でも、立打ちで2間の間合いがとれるとよいのだが、我が家は間取りや欄間の関係で、立った姿勢ではこれ以上の距離はとれない。まあ、座打ちなら2間がとれるので、良しとするしかあるまいね。

 結局自宅での手裏剣の稽古は久々だったこともあり、気が付けば一刻ほども打剣に集中していた。

170128_004616.jpg
▲「イシイ 特殊タイル針 ローレット 大」を、1間半から立打ち直打、足幅を広げない古伝の一足立ちの姿勢のまま、踏み込みをせず、順体・逆体を織り交ぜて打つ。剣が軽量でしかも短いため、普段とは手の内と指置きを変えないと刺さらない。軽量の剣は本当に難しいものだ



 思うに、これらコンクリート針やタイル針のメリットは、誰でも簡単に購入できること、そしてコストが安いこと、この2点に尽きよう。ホームセンターでも、ネット通販でも簡単に買うことができ、しかも1本の値段はわずか数百円である。

 伝統流派や現代流派の手裏剣の写しは、市販品でも1本数千円はするので、コンクリート針やタイル針のコストの安さは大きな魅力だ。

 また、手裏剣の稽古では、屋内でも屋外でも、外れたり跳ねたりした手裏剣を見失ってしまう事が少なくないのだが、この値段の剣であれば、最悪の場合紛失してしまっても、それほど負担にならない。

 耐久性についても、2時間打って、的に刺さっている剣の剣尾や側面などに、次に打った剣が度々当たったりしたが、剣先が激しくつぶれるなどのダメージは無かった。

 一方でコンクリート針もタイル針も、軽く、短いことから、打剣が難しくなることが最大のデメリットである。本ブログで以前から度々指摘しているように、手裏剣の打剣というものは、剣が軽く短いほど難しいのだ。

 できれば全長200ミリ、重さ40~50グラムほどのものがあれば、もう少し打ちやすくなるだろう。こうした点で、「イシイ 特殊タイル針 ローレット 大」よりも、「千吉 コンクリート針 大 NO.16」の方が、若干だが打ちやすかった。

 もっとも、中級以上の業前の手裏剣術者であれば、このような軽量で短い手裏剣でも、慣れれば立打ちで3間までは十分に通せるだろうし、稽古で間合い3間が通るのであれば、武術としての実践に耐えうると考えられる。

 ただしこの重量で、しかも刃の無い針型の手裏剣ゆえ、武芸としては二星を中心とした顔面部のみを打剣部位としなければならないだろう。

 ちなみに地稽古の経験上、顔面、ことに両目や眉間に投擲物が当たった場合、超軽量の物体(毛筆の筆など)でも十分に、相手の動きを一瞬止めることができる。

 そして相手の動きが一瞬居着けば、あとは斬るなり突くなり、蹴るなり殴るなり、投げるなり極めるなり、あるいは走って逃げるなりすればよいのは言うまでもない。

 逆に言えば、ただ手裏剣を打っただけで、こちらがその場で居着いているようでは、護身にも制敵にもならないということを、武術としての手裏剣術を志す者は忘れてはならない。

 いずれにしても、手裏剣術を看板のひとつにしている以上、たまにはこうした軽量の代用手裏剣も、打っておかねばならないなと改めて思った次第である。

 (了)
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン | 次ページ