兵法のはやきといふ所、実の道にあらず/(武術・武道)
- 2017/05/21(Sun) -
 40代の半ば頃までは、居合や抜刀において、わりあい速く抜くことにこだわって稽古をしてきた。

 試し物を抜き打ちで斬る稽古などでも、いかに早く斬るのかについて、いろいろと工夫と鍛錬をしたものである。

 しかしここ最近は再び、稽古では穏やかに、そして丁寧に抜くことを心掛けている。

 それは、いまさらながらお恥ずかしい話であるが、武芸において、速い・遅いというのは、あくまでも相対する彼我の拍子の関係性において生じる現象であり、「柄に手をかけてから切先が鯉口を離れるまでコンマ何秒」などといった、表象的なものではないのだなということに、四十路半ばにして改めて思い至ったからである。

 こうした道理は、手裏剣術においても同様だ。

 かつて、私は打剣の速度をスピードガンで計測したり、剣が飛ぶ速度の向上に心掛けた時期もあったが、結局のところ、手裏剣術を武芸=彼我の攻防と定義すれば、速さはあくまでも相対的なものであり、剣が飛ぶ速度が時速80キロだろうが、35キロだろうが、自由な意思を持って我を攻撃しようと動き回る相手に、手裏剣が刺さればそれでよいのである。



 日本武芸におけるもっとも平易かつ深遠な、普遍的戦闘マニュアルである『五輪書』には、次のような一文がある。

「兵法のはやきといふ所、実(まこと)の道にあらず。はやきといふ所は、物毎に拍子の間にあはざるによって、はやきおそきといふ心也。其道上手になりては、はやく見へざる物也」(『五輪書』風之巻)



 こういうことを400年も前に、誰にでも理解できる分かりやすい言葉でさらりと言語化しているところに、宮本武蔵という武芸者の空前絶後な偉大さがあるといえよう。

 

 柳剛流の居合では、1本目の「向一文字」がすべての基本形となるわけだが、ここでもごぼう抜きは禁物である。

 スラスラと、序破急の拍子を十分に意識しての抜刀に心掛けねばならぬ。

 ただしそれは、剣先に蠅が止まるような気の抜けたものになってはならない。

 あくまでも、序破急の拍子と位がそこにあるからこそ、「ゆっくりに見えるが、実は速い」という業になるのだ。

 居合の稽古では、常にこうした理合を念頭に置きたいものだ。

170521_柳剛流
▲柳剛流居合「右行」


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
礼法も、また楽し/(武術・武道)
- 2017/05/12(Fri) -
 時折、一般の人や現代武道をやっている人から、「古武道は、作法や礼法がやかましかったり、面倒そうでねえ・・・」という話しを聴くことがある。

 たしかに古流の武芸には、それぞれに独特の作法・礼法があり、様々な所作や立ち居振る舞いが定められている。

 しかし、それを「つまらない」、「面倒くさい」、「敷居が高い」と敬遠するのは、いささかもったいない。

 私が稽古している武芸でも仙台藩角田伝柳剛流をはじめ、八戸藩伝神道無念流、荒木流抜剣、柳生心眼流、甲陽水月流には、全てに異なる礼法が伝えられており、実技はもとよりそれぞれの礼法も習得しなければならない。

 たとえば柳剛流の礼法では、形を行ずる際に必ず袴の股立ちをとることが定式化されている。

 あるいは神道無念流では、帯刀する際に我が差料の鎺や鯉口を検分する所作が、刀礼に盛り込まれていたりもする。

 こうした各流派特有の礼法や所作、立ち居振る舞いには、それぞれの流祖や先人たちが込めた、武芸としての意味や社会的な意義があり、我々の知的好奇心を多いに刺激する。

 さらにそれを一歩進めて、礼法や作法、立ち居振る舞いを、武人としての行動学や処世の術へと昇華できれば最高であろう。


 礼法や所作を、単なる形式ではなく古人が伝えた活きた行動学として捉え、それを学ぶことで往時の社会や文化に想いを馳せる・・・・・・。

 それは古流を学ぶ者だけが知る、密かな楽しみであり喜びだ。

1705_柳剛流居合における礼法
▲柳剛流居合における刀礼

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
其殺伐の念慮を驀直端的に敵心へ透徹する/(武術・武道)
- 2017/05/10(Wed) -
 形稽古を中心とした武芸において、演武は何ものにも代えがたい貴重な「真剣勝負」の場のひとつだ。

 神前に奉納する、あるいは来賓や観衆に披露する己の形=業が、単なる手順を追った殺陣のごとき動作ではなく、活きた武技として見事に発露されているかどうかを、常に自省しなければならない。

 そのために、私がまず第一に心掛けているのは、

「夫剣術は敵を殺伐する事也。其殺伐の念慮を驀直端的に敵心へ透徹するを以て最用とすることぞ」(平山子龍『剣説』より)

 という心法だ。

 この「殺伐の念慮」を表に出せば「懸中待」であり、内に秘めれば「待中懸」となる。

 「懸」と「待」は、易における「乾」(陽)と「坤」(陰)のように、常に連環し、時に入り交り、また時には相反し、究極的には宇宙の根源たる太極を生み出す。これすなわち、武芸における「懸待一致」ということか。

 もっとも私ごとき凡俗は、未だ「懸待一致」などという境地にはほど遠く、非才なりに全身全霊を込めて形を打ち技を発して、ひたすら「殺伐の念慮を驀直端的に敵心へ透徹する」ことを志すのみである。



 少なくとも演武においては、それが「懸中待」であろうとあるいは「待中懸」でも、観る人に武技としての「威」を感じさせるような形=業が披露できるよう、心掛けていきたいと思う。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
水月塾主催 第32回諏訪明神社奉納演武会/(武術・武道)
- 2017/05/06(Sat) -
 昨日、水月塾主催第32回諏訪明神社奉納演武会がとり行われた。

 私は前日から稽古のため現地入り。

 終日みっちりと稽古をし、夜は師行きつけの酒処で前夜祭を楽しむ。



 そして当日、まず拝殿で参拝を済ませた上で、定刻通り5月5日午後1時から、奉納演武がスタートした。

 警視流居合、神道無念流立居合、力信流居合、荒木流抜剣に続き、私は柳剛流居合を奉納。

 師の2尺7寸の居合刀をお借りして、「向一文字」、「右行」、「左行」、「後詰」、「切上」の5本を抜く。

1705_演武_柳剛流居合
▲柳剛流居合「右行」



 居合演武のトリは、小佐野淳先生による関口流抜刀である。

 その後は、組形の演武が続く。

 柔術澁川一流、力信流剣術、穴澤流薙刀、力信流棒術の後、いよいよ小佐野先生に打太刀を執っていただき、柳剛流剣術・長刀の演武である。

 まずは柳剛流剣術から、「右剣」と「左剣」を演武。

1705_演武_柳剛流剣術
▲柳剛流剣術「左剣」



 次いで、柳剛流の免許秘伝である長刀を奉納する。

 柳剛流長刀について、公開の場での演武は、柳剛流二百有余年の歴史の中でも初めての事であろう。

1705_柳剛流長刀2


1705_演武_柳剛流長刀
▲柳剛流長刀「右首巻」


 この後、演武全体のトリは、小佐野先生と関西支部長・山根章師範による天道流二刀小太刀の妙技で締めくくられた。



 つつがなく奉納演武を終えた後は、門下一同で師のご自宅にお邪魔し、秘蔵のワインの数々をいただきながら武術談義に花が咲く。

 その後さらに場所を移し、宴の楽しいひと時は夜まで続いた。

 充実した2日間であった。

1705_演武_記念写真
▲奉納演武終了後、打太刀をとっていただいた小佐野先生と記念撮影

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
4月の水月塾本部稽古~柳剛流、伝書講義、甲陽水月流柔術/(武術・武道)
- 2017/05/01(Mon) -
 4月、当初は2日に本部での稽古予定だったのだが、当日、体調を崩してしまい、残念ながら行くことができなかった。

 このため昨日、本部にお邪魔し午後からの稽古に参加する。

 まずは柳剛流。

 師に打太刀をとっていただき、剣術、長刀の稽古。次いで居合。抜付の拍子と位、受けや斬りの際のポイントなどをご指導いただく。



 休憩中は、恒例の伝書講義。

 今回は柳剛流の切紙と、宮本武蔵ゆかりの岡本流の伝書を拝見する。

1704_岡本流伝書1
▲岡本流の伝書と、師ご所有の十手、鉤縄、万力。いずれも貴重な、時代の物である



 三つ道具をはじめとした図解が興味深い。また、日本武芸では珍しい、手盾類についての記載も目を引く。伝書の一部を読むと、丸い手盾は、半弓や長道具などを持った籠り者を捕縛する際に用いるとある。

 なるほど、現在の警察や軍における、制圧時の盾やライオットシールドの運用のようなものか。

1704_岡本流伝書2
▲岡本流の伝書では、各種の手盾についても図解されている



 稽古後半は、水月塾制定の日本柔術である、甲陽水月流柔術の稽古。

 初伝逆取の「七里引」、「横固」、「捩閻魔」、「引落」、「肘落」の5本を復習。

 本部門下で空手道有段者でもある米国人B氏を相手にしての柔術の稽古は、良い意味で気が抜けずやりがいがある。

 剣術や居合などと異なり、柔術は現代的な意味で護身術としての意義も高いだけに、こうした「稽古しがいのある手強い相手」と積極的に組んで、自分の業を磨いていきたいものだ。


 稽古後は、いつものように師に同道させていただき小宴。

 極上の馬モツとにごり酒で、今回はかなり酔ってしまい、千鳥足のまま武州への帰路に着いた。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン | 次ページ