ひと区切り/(身辺雑記)
- 2017/09/21(Thu) -
 昨日、午前中は自宅にて来週出版されるA社のムック本の再校戻しを、午後からは市ヶ谷の制作会社に出向いて来月出版されるB社の温泉本の出張校正を行う。

 これで、今年の夏からの仕事は、すべてひと段落。

 ま、明後日からは、もう秋の仕事が始まるのであるが、とりあえずは今日で、ひと区切りついた感じである。



 帰宅後、クレソンたっぷりの鴨鍋を作り、スーパーで250円の安売りだった戻りガツオの柵を刺身にして軽く晩酌。

 その後、3時間ほどS・キングの『ドリームキャッチャー』を読みながら酔いをさまし、シャワーを浴びてアルコール分をとばしてから、1時間ほど稽古。

 週末の演武で行う、柳剛流の剣術と長刀の形をおさらい。

 礼法も含めて形をゆっくりと行いながら、体と剣の動きの微調整を行う。

 稽古場で行うような激しい飛び違いなどは、深夜の自宅内故できないが、逆に形の動きを正しくゆっくりと行うことで、より精度の高い動きや運刀を心掛ける。

 稽古の〆は、日本柔術(甲陽水月流)の復習。

 それにしても、涼しくなったとはいえ、まだかなり汗をかく。

 あとはひと風呂浴びて、『ドリームキャッチャー』の続きを読みながら眠るとしよう。



 なんとなく、昨日までよりも心が軽い。

 これも2冊の再校戻しが無事に終わり、8月からの仕事がひと区切りしたためであろう。

 我ながら、なんとも分かりやすいことだ(苦笑)。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
激務清貧/(身辺雑記)
- 2017/09/20(Wed) -
 昨日は、今週末から始まる、大手通信メーカーの技術者関連のインタビューのための打ち合わせで、久しぶりに夕方から神保町へ。

 あまり時間がなかったので、ざっと高山本店と書泉グランデ、原書房に立ち寄る。

 高山本店では戦前の逮捕術の教本、書泉では朱子の『周易本義』を買おうかどうしようか迷ったのであるが、何しろ金が無いのでガマンする。

 贅沢は敵だ! 本は図書館で借りるべし!

 とはいえ戦前の逮捕術の本とかは、さいたま市中央図書館にはないんだけどな。



 帰宅後、夕食を自炊してすました後、ようやく責了が目の前になった例の「貧乏くじ仕事」の残務整理。しかし、また最後の最後になって付帯業務を押し付けてくるので、本当に心の底からげんなりする。

 その後24時から、週末に参加する松代での演武に向けての稽古を1時間ほど。

 月曜は夕方から県立武道館で稽古をしたのだが、本日はもう深夜なので拙宅にて、剣術と長刀のおさらい。加えて、柔術の自習も少々。

 そして今日は午後から市ヶ谷の制作会社で出張校正。明日は、終日、看護師向けの解剖学についての原稿執筆。明後日は朝から夕方まで、終日、技術者へのインタビュー取材。

 そして土曜は始発の新幹線で松代に向かい、午後から柳剛流の演武。日曜の午前は松代藩文武学校で水月塾の稽古。日曜の午後は、できればそのまま休みたいのだが、場合によってはトンボ帰りして原稿書きか・・・・・・。

 週が明けて月曜は、朝から夜まで都内で技術者関連のインタビュー。火曜はインタビューに加えて、座談会の座長もやらねばならぬ。

 しかもこれらの取材のうち、5人分のインタビュー5000文字分を1週間以内に、座談会3000文字の原稿をその4日後までに仕上げろというオファーだ。

 そろそろ、こういう体力勝負、薄利多売の過酷な生活は卒業したいのであるが、なにしろこんなご時世の中、生きていくためには稼がねばならぬ。


 ま、とりあえず、もう深夜2時を過ぎた。明日の仕事まで、5時間ほど眠るとしよう。


 ~人生は過酷だ。生きていくためには金がいる~サム・ペキンパー


 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
平成活字業界絶望哀歌/(身辺雑記)
- 2017/09/18(Mon) -
 先日、webの仕事で、1文字換算1.5円(!)という原稿料の依頼が来た。

 さすがにこの道24年のフリーライターとしては、費用対効果を勘案すると受注しかねる値段なので、丁重にお断りした次第。

 それにしても、この仕事の大本のクライアントは、超有名な一流大企業なのだが、それが1文字1.5円ってなあ・・・。

 ちなみに、先週入稿した、業界向けのマイナーな医療雑誌のインタビュー記事の原稿料は、1文字換算で10円。今回お断りした案件の6.6倍の原稿料である。

 しかし10年前は、1文字10円でも安くて断ることがあったんだがねえ・・・・・・。



 私が出版業界で仕事を始めた1993年ころ、中堅どころの出版社からちょっとしたムック本を1冊だそうという場合、制作予算はだいたい600~700万円であった。

 ところがそれが2008年頃になると、同じような体裁のムック本1冊の制作予算が、100万円ほどにまで圧縮されるようになった。

 14~15年で、出版物の予算が6分の1とか7分の1にまで圧縮されたのである。

 それどころか同じころ、1冊30万の制作予算という案件まで現れ、絶望的な気分になったことも、今は昔である。

 そういえばこの前、ツイッターでとあるライターの女性が、業界の原稿料についてのエピソードと、自分のポリシーみたいなのを語っていたが、この人、フリーで年収700万円は最低ラインとして確保するべしとかいってんだけどさ・・・。

 あんた、レアケースの勝組だから。

 今の日本で、ライティングを専業にして飯を食っている個人の無署名ライターで、年収(年商ではない!)700万て、そりゃあ相当なレアケースなので、それを元に話を一般化するのはやめてもらいたいとしみじみ思う。

 あたしなんざ年商で・・・・(以下、自粛。お察しください)



 某日、都内某所での業界二痴人の会話。

「国民年金って、現状で満額だと、月にもらえるのいくらよ?」
「満額で年間66万9300円(オールアバウト談)だとよ」
「一か月に5万5000円かね」
「そう。しかもオレなんか、年金払えなかった期間があるから、月2万ぐらいしかもらえないぜ」
「そりゃあ、死ぬな」
「死ぬね、たぶん」
「で、あんた、今、貯金いくらあんの?」
「ゼロ、まじで0円」
「俺は50万くらいかな・・・・・・」
「おっ、ブルジョワ」
「断言できるのはさ、俺たち二人とも年末ジャンボが当たらない限り、確実に20年後は生活保護と孤独死のコンボっつうことだ」
「だな」
「孤独死はもう覚悟できてるからいんだ。ただ、死ぬのは真冬がいいね。発見されるまで時間がかかるだろうから」
「腐って虫がわくと、後片付けする人がたいへんだからなあ」
「ま、死んじゃうんだから、本人としてはどっちでもいいんじゃね」
「いや、そういう投げやりな姿勢はいかん。とりあえず県民共済とか入ってれば、自分の死体のお片付け代くらいは出るだろ」
「貯金ゼロのまま65を過ぎて、生活保護もらっていながら、毎月共済の掛け金を払えればな」
「む~ん、収入ゼロで、毎月の共済の掛け金2000円は、相当厳しいな」
「だな」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「あっ、すいませーん、おねえさん、ホッピーの中、お代わり!」
「それから、カシラ2本と煮込みもくださーい!!」



 この20年間、世界の中で日本だけが勝手に没落して貧困化し、格差が際限なく拡大しているという事実をしみじみ感じるね、ほんとマジで。

 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
貧乏くじ/(身辺雑記)
- 2017/09/08(Fri) -
170907_110235.jpg

 ヘルプで関わった新規案件の仕事で、とんだ貧乏くじを引いたようだ。

 ・・・泣けるぜ。

 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
初秋清貧/(身辺雑記)
- 2017/08/31(Thu) -
 今日で8月も終わり。

 こちら武州中山道の草庵では、驚くことにエアコンなしの部屋で仕事ができるほどの涼しさである。

 それにしても、この6~8月は多忙であった。

 それも今日と明日で、慢性腎不全患者の運動に関する記事と、青森にある社会福祉法人の紹介原稿を書けば、ようやくひと段落というところだ。

 そして週明け月曜からは、ラーメン店の取材が始まるのだが、私はそれほどラーメンが好きではないのと、ラーメンの取材は必ず体調を崩すので、ちょっと気が重い・・・・・・。



 この3か月間は、足掛け25年に及ぶ記者生活の中でも、おそらく最も仕事をしたのではないかと思う。

 しかし、昨年、今年と立て続けに両親が鬼籍に入り、それにともなうあれやこれや、なんだかんだのよしなしごとで、50歳を目前にして比喩ではなく本当に貯蓄金額がゼロ(!)になってしまったので、これから向こう10年間くらいは、このようなペースで休み無く仕事を続け、なおかつ相当な倹約生活を送らなければならないようである。

 一応現在の予定では、60歳までにはなんとか元の貯蓄水準に戻したいのだが、今の出版不況のことを考えると、そもそも10年後に、最低限の生活が維持できているかすら疑問だ。

 とはいえ幸か不幸か、妻も子もないのんきな立場なので、「子供の給食費が払えなくなったらどうしよう・・・」といった心配はなく、最悪の場合でも毎食サッポロ一番塩ラーメンで食いつなぐくらいは、なんとかなるであろう・・・・・・、多分。



 ところでサマージャンボの当選金についてだが、どういうわけか私の手元に入ってきた金額が、6億9999万9700円ほど足りないのは、まことに遺憾である。

 そこでやむを得ず、来週からもコツコツと仕事をし、食事は一菜一汁、晩酌は「月桂冠糖質ゼロ」というように食費と飲み代を切りつめ、休日は武芸の稽古以外はできるだけ無駄な外出はせず、本は買わないで図書館で借り、普段着はヤフオクで落札した中古の和服あるいは洋服はユニクロかしまむらで済ますといった、節約と倹約第一、生活半径50メートル以内のつつましく清貧な暮らしを続けていかなければならぬ。
 
 ま、振り返ってみれば、30代までに若造の身の丈に合わない酒池肉林を十分楽しんだので、50代になってのこんな貧乏暮らしも、また人生かと思う・・・・・・。

 ・・・・・・思うのだが、やはりたまには紙パックでないお酒というのを飲んでみたいものであるし、できうるならば「野田岩」の白焼きか「てんぷら近藤」のキス天でも肴にしながら、久保田の万寿をたっぷりと心ゆくまで呑み、仕上げは湯島の「琥珀」で世界で最も旨いマティーニをいただきたいなあなどと、遠い目になる初秋の午後であった。


 とりあえず今日の晩酌の肴は、うな次郎・・・・・・。

170827_190313.jpg
▲地球の生態系と貧乏なオッサンに優しい、うなる美味しさ! 「うな次郎」


             一人分の米白々と洗ひあげたる(尾崎放哉)




 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン | 次ページ