試斬稽古備忘録/(武術・武道)
- 2012/04/19(Thu) -
 先日の苗木城桜まつり武術演武会の翌日は、戸山流居合抜刀術中津川稽古会の皆さんの稽古に参加させていただき、斬りの稽古(試斬)を行った。

 同会の試斬は、刃引きの真剣を使い、試物(試し斬りの対象)には、畳表や巻き藁ではなく、竹を用いる。

 翠月庵では、例年、年2回ほど中津川稽古会にお邪魔して合同稽古を行っており、その際、試斬の稽古もさせていただいている。


 試斬という行為については、各派各流、それぞれの考え方があろうが、私の個人的な考えとしては、武術としての剣術や居合・抜刀術を志しているのであれば、試斬は必須であると同時に、固執する必要もない。

 稽古の本義は、あくまでも正しい型(形)稽古であり、自由攻防も含めた相対稽古であるからだ。

 一方で、型稽古や相対稽古だけで、まったく試斬を行わないのでは、それは武術ではなく、剣舞やスポーツである。

 ゆえに形稽古、相対稽古、斬りの稽古、これらを三位一体とし、バランスよく行うのが、武術としての剣術、居合・抜刀術のあるべき姿であり、イメージ的には、型稽古5:地稽古や自由攻防などの相対稽古3:斬り稽古2、くらいの稽古配分がもっとも良いのではないかと思う。

 もちろんこれは、あくまでも大雑把なイメージなので、たとえば20代くらいの元気な稽古者であれば、地稽古や自由攻防の割合をもっと増やし、がんがん打ち合うなど、年齢や経験、環境や課題などによって、3つの稽古の配分は変わってくるであろう。

 いずれにしても、型稽古だけに固執する、相対稽古だけにこだわる、試斬だけに執着する・・・。

 これらはいずれも、武芸者としての、心の「居着き」だ。

 心すべし。


 本身での軽い素振りの後、青竹を「型の動き」の通りに斬る。

 この、「型の動きで斬る」というのが重要であり、「試物を斬るために斬る」のは初心者ならかまわないが、中級以上の者が行うべき稽古ではない。

 適切な刃筋で斬ると、刃引きをした本身でも、ほとんど手ごたえなく竹が両断できる。

img_554243_25829369_0.jpg
 ▲斬った後の試物の竹。この写真は、4年前の稽古の際に撮っ
 たものだが参考までに


 また、手ごたえと切断面を観察することで、自分の刃筋や太刀行き、刀勢の正誤が確認できる。

 稽古に使う刀は、まず二尺二寸で1kgほどのものを使用。ついで二尺三寸、1.2kgほどの刀でも試してみる。

 私の場合、普段の稽古で使っているのが二尺四寸五分、1kgなので、いずれの刀も短めに感じるが、それほどの問題はない。少なくとも、この程度の刀身長の変化で、間合を誤ってしまうようでは、情けないことである。

 一方で重さについては、当初、二尺三寸の剣がいささか重く感じたが、慣れてくると、こちらの方が刀そのものの重さを利用できるので、試し斬りには良いと感じる。

 しかし、あくまでも武術として、「剣を用いての攻防」という点を考えると、こちらの剣は、私にはやはりいささか重いように感じられた。

 試物は、手首大からそれ以上の太さで、前回の斬りの稽古時よりも全体的に太めの竹を使わせていただいたが、それなりに斬れたかと思う。

 1時間半ほどの稽古で完全に斬り損じたのは、左袈裟(向かって時計の針の1時方向から、7時方向への斬り下ろし)で1回であった。

 それにしても、実際に試物を斬ってみると、己の刃筋の乱れ、太刀行きのばらつきがしみじみと、身にしみるものである・・・。


 武術としての剣術や居合・抜刀術の稽古において、過度にモノ斬りに耽溺してしまうのは偏向だが、一方でまったく斬りの稽古を行わないのも奇形である。

 今後も翠月庵の稽古では、型稽古、相対稽古、斬りの稽古、それぞれのバランスを考えて、適切な鍛錬を心がけていきたい。

(了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
苗木城桜まつり武術演武会/(手裏剣術)
- 2012/04/15(Sun) -
 昨日は、ご厚誼をいただいている戸山流居合抜刀術美濃羽会のT先生にお招きをいただき、岐阜県中津川市で開催中の苗木城桜まつりで行われた、武術演武会に出席させていただいた。

 当日朝、拙宅周辺は雨。

 当初、演武は名城として知られる史跡・苗木城跡で行われる予定だったため、「この雨では中止かもしれないなあ・・・」とも覚悟しつつ、自宅を出る。

 東海道新幹線と特急を乗り継いで、10時前には中津川に到着。しかし、当地もあいにくの雨。

 ま、なにしろ私の雅号が「翠雨」(新緑時期の雨の意)だしな・・・。


 ところが、幸いなことに、急遽、城跡に隣接する公園にある、屋根付きのステージが借りられたということで、天候にかかわりなく、演武を行えることになる。

 誠は天に通じるものだ。

 まずは市内にある体育館で、演武前の稽古中の中津川稽古会の皆さんと合流。私も一角を借りて、演武前の調整。

 そして、14時から、いよいよ演武開始である。

2012.4.14_苗木城武術演武会1
 ▲基本の上段打ち


 まずは、2間と3間からの、基本の打剣。いずれの間合いの打剣も、スピード、威力とも好調である。

 続いて、前後左右に手裏剣を動きながら打つ、手裏剣術運用型。これは途中で集中力が途切れたのか、失中が出る。

 最後は、手裏剣術と抜刀術を合わせて行う、最も高度な刀法併用手裏剣術。これは、まずまずのできであった。

2012.4.14_苗木城武術演武会2
 ▲刀法併用手裏剣術の型


 1人でざっと15分に及ぶ演武は、一般的にはかなりの長丁場であった。

 結果として、技術的に難易度の高い、技や型の演武(手裏剣術運用型/突進、刀法併用手裏剣術の型/前後敵など)に関しては、われながら、いずれも会心の出来であった。

 一方で、通常の稽古では難易度の低い技や型で、失中がでてしまったことは、反省と課題である。

 詳しくは後日、本ブログで、所感をまとめるつもりだ。

2012.4.14_苗木城武術演武会3
 ▲戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会の皆さんと


 こうした貴重な「真剣勝負」の場を与えてくださった、中津川稽古会の代表であり、武友であるT先生には、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 ありがとうございました。

(了)
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
木扇~上質の武具を購う/(武術・武道)
- 2012/04/07(Sat) -
 先月まで当庵で自主稽古に参加していた、K氏がプロデュースした木扇を購入した。

DSC_7813.jpg
▲縞黒檀製、一尺の勝扇。隣は茶道で使う扇子


 木扇は別名「勝扇」とも呼ばれる。また明治時代には、直心影流の榊原鍵吉が、脇差の代わりとして「頑固扇」と称する木扇を考案したことでも有名だ。

 木扇は一般的に鉄扇術の稽古に用いられるものだが、現在、ネット等で「勝扇」として市販されているものは、赤樫を使った無骨な短棒状のもので、工芸品としての魅力は皆無である。

 それに比べるとこの木扇は、高級木材である黒檀を使用し、埼玉県の伝統工芸師が、1本づつ手作りで製作した逸品である。

 実際に手にとってみると、非常にしっかりとした作りであることが分かる。

 黒檀は、木太刀によく使われる白樫や赤樫に比べると、硬さと重量感で勝るが、粘りにかけると言われる。硬さと粘りが相反するというのは、本身も木太刀も同じなのだ。

 しかしこの木扇子は、少なくとも体術系統の鉄扇術の稽古であれば、十分に使用に耐えるものであると言えよう。

 もっとも高級木材だけに、あまり蛮用はしたくない。ましてや古流の鉄扇術にあるような、打太刀の太刀打ちを扇子で受けるような技には使いたくないと思うのは私だけではあるまい。

 荒っぽい稽古で傷つけるのには、あまりに惜しい、美しい仕上がりだからである(笑)。

 DSC_7815.jpg
▲縞黒檀の、上品な木目が良い。年月をかけて使い込むことで、さらに味わいが深まるであろう


 私は普段、和装の際には七寸五分の高座扇か八寸の鉄扇を、洋装の際には六寸の茶道扇を使っているが、この木扇は一尺ある。

 普段、帯びるにはいささか大きいが、鉄扇術で用いる武具として考えると、やはり一尺の長さはほしいところである。

 武技としては、柔術をはじめ、小太刀や剣術、懐剣術の心得があれば、そのまま武具として使うことが可能だ。もちろん鉄扇術の稽古に使えることは、言うまでもない。また当庵で指導している掌剣術の稽古にも、そのまま使用できる。

DSC_7812.jpg
▲鉄扇術にせよ、掌剣術にせよ、また体術として用いる場合でも、「斬手」が術の基本である


 木扇に限らず、こうした短棒状の武具は、東西を問わず世界各地にあるが、木扇や鉄扇の魅力は、本来の目的が武具でありながら、そこに日本的な「用の美」があることだ。

 今回の木扇は、久々に「所有する喜び」が感じられる、良い武具を購えたとたいへん満足している。

 興味のある方はぜひ、下記、ページをご参照いただきたい。

 なお、同ページで紹介されている、K氏プロデュースの手裏剣も、武具として、また工芸品としてもたいへん上質な逸品であり、しかもたいへん良心的な価格であることから、手裏剣術者諸氏におすすめできる。


■鉄扇堂
http://tessendou.cart.fc2.com/

(了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |