鉄路~初夏のみちのくと越後を往く/(旅)
- 2012/05/25(Fri) -
鉄路

 5月17日から21日まで、大宮~仙台~新庄~余目~酒田~新潟~会津~新潟~水上~大宮を、すべて各駅停車で旅をした。

 旅雑誌の取材旅行である。

 撮影も取材も自分で行う、きままな、しかし、いささかハードな一人旅。

 途中、リゾートみのり、きらきらうえつ、SLばんえつ物語号と、3つのリゾート列車にはしご乗りをする。

 それに加えて、松島では遊覧船、酒田ではレンタサイクル、阿賀野川では川船に乗る。

 列車の旅で何が楽しいかといえば、思う存分酒が飲めることだ。おまけに車と違って排気ガスもださないので、地球にやさしいことこのうえないではないか。

 仕事の旅であり、酒についても書かなければならないので、こころおきなく存分に、正々堂々と列車の中で酒を飲む。

リゾートみのり

 みちのくも、越後も、いずれ劣らぬ酒どころだ。

きらきらうえつ

 みちのくの田園を眺めながら、あるいは日本海の夕暮れを肴に、ほろ酔いの旅が続く。

欄間の陰

 ときどきは列車を降り、歴史の面影を探してみる。旧家の欄間は、陰を鑑賞するのだとか。

 そしてまた、列車に飛び乗り、酒を飲む。

駅弁

 もちろん旅の間は、武芸などといった野暮なことは考えない・・・(笑)。

 SL車内のアンバーな灯りも、旅情をそそる。

SL.jpg

 そしてまた、鉄路をたどって家路につく。

鉄路2

 かくして円環は、閉じられた。

 (了)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
正を以て合い、奇を以て勝つ~脛斬りと、武術としての手裏剣術/(武術・武道)
- 2012/05/08(Tue) -
 過日、稽古中に初学の人から、「剣術には、長刀のように臑を打つ技はあるのですか?」との質問を受けた。

 少なくとも自分が学んできたいくつかの流儀には、それぞれに臑を斬り、あるいは払う技があった。

 古流の剣術や抜刀術を稽古している者からすれば、ことさら変わったものでなくとも、現代の剣道のイメージしかない人からすれば、臑斬りというのはもの珍しい技なのであろう。

 以前も書いたかもしれないが、例えば彼我が袈裟に斬り結んだ状態から、相手の中心を崩して、あるいは拍子を抜いて臑を斬るなどというのは、型のなかでもよくみられるものだ。聞くところによれば、スポーツチャンバラの試合などでも、臑斬りは、試合で有効な技だという。

 表・裏の小手と同じように臑も、無構えでないかぎり、体幹に対して前方に出ている部位であり、より打ちやすい部位であることは言うまでもない。

 ただし、ここで留意しなければならないのは、臑を打つ(斬る)場合、自分の上段ががら空きになる点である。

 仮に、己が相手の臑を払った際、同じ拍子で相手が真っ向正面を斬り下ろしてきたら、より致命傷になるのはどちらの方か?

 言うまでもないであろう。

 このように臑斬りに限らず、奇手というのは、それを使う場(間合)と時(拍子)を選ぶのであり、そうでなければ奇襲たりえない。

 「凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ」

 とは孫氏の一説であるが、あくまでも「正」あっての「奇」なのである。


 手裏剣術も、またしかり。

 単なる「奇手」として、手裏剣術を考えるのであれば、それは術の矮小化である。

 それでは彼我の攻防において、「奇手」を「奇」たらしめるための、「正」とは何か?

 彼我が相対した今この時、生死一重の間合から、いかに手裏剣術者は、渾身の一打を放つのか?

 これを思索し、問わないのであれば、それは単なる的当てごっこ、あるいは標的競技に過ぎないのである。


 的打ちの稽古だけでは、武芸における「正」と「奇」を知ることはできない。

 さりとて、安易な模擬手裏剣の「投げ合い」は、技を陳腐化させ、本来「術」の稽古であるべきものが、単なる「雪合戦」となってしまう可能性が大である。

 ゆえに、武術としての手裏剣術を学ばんとする術者は、必ず剣術なり居合・抜刀術なり、体術なり、対人攻防のあるなんらかの他の武芸を並行して学ばねばならない。

 「的は敵なり」

 とは、鳥取藩一貫流弓術の箴言である。

 我々、手裏剣術者が対峙するのは、動かぬ的ではなく、あくまでも概念としての「敵」であることを、忘れてはならない。それが、武術としての手裏剣術なのである。



 以下は蛇足。

 臑や小手は、真っ向正面や袈裟斬りに比べると、致命傷になりにくいと考えられがちである。

 しかし、外科医療の未発達な時代、実際には臑や小手を切り落とされた場合、多くが出血性のショックや敗血症などで、命を落としたであろう。

 「では、相手を殺さずに戦闘力を失わせるには、どこを斬ればよいのですか?」

 かつて紅顔の時代、私が旧師にたずねると、師はこう答えた。

 「尻を切れ」

 「・・・はい?」

 「背後に廻るなり、挫ぐなりして、相手の尻を斬るか突け。ここなら失血して死ぬようなことはなく、しかし相手は動き廻ることができなくなるだろう」

 なるほど。

 しかし今、改めて思うのだが、やっとうでも体術でも、立合いで相手の背後をとるというのは、かなり高度な業前が必要なんですがね・・・(苦笑)。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |