鉄路~初夏のみちのくと越後を往く/(旅)
- 2012/05/25(Fri) -
鉄路

 5月17日から21日まで、大宮~仙台~新庄~余目~酒田~新潟~会津~新潟~水上~大宮を、すべて各駅停車で旅をした。

 旅雑誌の取材旅行である。

 撮影も取材も自分で行う、きままな、しかし、いささかハードな一人旅。

 途中、リゾートみのり、きらきらうえつ、SLばんえつ物語号と、3つのリゾート列車にはしご乗りをする。

 それに加えて、松島では遊覧船、酒田ではレンタサイクル、阿賀野川では川船に乗る。

 列車の旅で何が楽しいかといえば、思う存分酒が飲めることだ。おまけに車と違って排気ガスもださないので、地球にやさしいことこのうえないではないか。

 仕事の旅であり、酒についても書かなければならないので、こころおきなく存分に、正々堂々と列車の中で酒を飲む。

リゾートみのり

 みちのくも、越後も、いずれ劣らぬ酒どころだ。

きらきらうえつ

 みちのくの田園を眺めながら、あるいは日本海の夕暮れを肴に、ほろ酔いの旅が続く。

欄間の陰

 ときどきは列車を降り、歴史の面影を探してみる。旧家の欄間は、陰を鑑賞するのだとか。

 そしてまた、列車に飛び乗り、酒を飲む。

駅弁

 もちろん旅の間は、武芸などといった野暮なことは考えない・・・(笑)。

 SL車内のアンバーな灯りも、旅情をそそる。

SL.jpg

 そしてまた、鉄路をたどって家路につく。

鉄路2

 かくして円環は、閉じられた。

 (了)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |