剣を打つ、ということ/(手裏剣術)
- 2014/05/25(Sun) -
140524_154700.jpg

 翠月庵を開いてからすでに6年が過ぎ、今度の9月で丸7年となる。

 早いものだ。


 140524_155155.jpg

 時が過ぎるばかりで己の技量の上達は覚束ないが、少なくとも開庵時よりは、打剣のレベルは上達しているだろう。

 「あなたのような入門希望者は、いままでにも数十人あったが、続いたものがほとんどいない。それほどこの道は入りがたく、達しがたいのである」(『手裏剣の世界』白上一空軒著より、根岸流・成瀬師の言葉)

 偉大な先達の言葉通り、この術の稽古は地味で難しく、厳しい。

 当庵でも、見学・体験だけで二度とこなかった者、ほんのわずかで稽古から足が遠のく者がほとんどで、現在、3年以上稽古を継続し、直打で5間以上を通すことができるのは、私を含めてわずか3名である。

 主宰である私自身、「なんでこんなに難しく厄介な術を、わざわざ自分の武芸の本義にしているのだろうか・・・」と、思うこともしばしばだ(苦笑)。

 個人的には、ことさらに手裏剣術の難しさをアピールするようなことはしたくないし、「できるだけ短期間に、直打法の最初の壁である3間を通させる」というのが当庵のウリのひとつでもあるわけだが、実際のところ手裏剣術は難しい。

 特に初学者にとっては、武術としての打剣うんぬん以前に、的に剣が刺さるようになるまでが容易ではない。しかも手裏剣を打つたびに、的に刺さらない惨めな自分の打剣を見せつけられ、一打ごとに「自分がいかにできないか」を実感させられるのである。

 この点が、たとえば下手は下手なりになんとなくさまになってくる形武道や、たとえ初心者でも相手も同じ初心者であれば試合などで勝つこともある競技武道の稽古と、手裏剣術の稽古の大きな違いだ。

 一方で、渾身の一打が狙い通りにずしりと的に刺さった時の独特の感覚は、手裏剣術者だけが味わえる特別なものだ。

 その瞬間、的と剣と自身がひとつの見えない線(軸)で繋がり、一体となるようなあの感覚は、我々だけが知る世界と言ってもよいだろう。

 「分かるかな? 分かんねえだろうなあ・・・」(by松鶴家 千とせ)

140524_201215.jpg

 到来物の本場の韓国海苔(うまい!)を肴に、最近気に入っている秋田の地酒「神月」を飲みながら、つらつらとそんなことを考えた週末であった。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
旧軍兵士は白兵戦が苦手だった!?(書評)
- 2014/05/19(Mon) -
 img_676c3eebf472085eecf3ab49af6fea7d11372.jpg


 日本の旧軍というと、火力不足を精神論で補い、銃剣を使った白兵戦を好んだというイメージがある。ところが実際は、戦場での接近戦を好まないどころか、むしろ米兵との白兵戦には及び腰だった・・・。

 そんな意外な事実を、豊富な米軍側資料に基づいて分かりやすく解説しているのが、『日本軍と日本兵 米軍報告書は語る』 (一ノ瀬 俊也著/講談社現代新書)である。

 特に興味深かったのは銃剣術に関する部分で、日本軍は白兵戦において直突を重視するあまり、訓練でも実戦でも直突きしか行わず、銃剣格闘では直突だけでなく銃床打撃なども有効に使う欧米の兵に圧倒されていたということだ。


 「このことは、日本側の部内報告資料からも裏付けられる。各種歩兵戦技や体操などを教育する陸軍の学校・戸山学校がおそらく1943年に米、英、カナダ兵捕虜と銃剣術の試合をしたところ、不覚にも負けてしまった者がいた。これは日本側の剣術(ママ)が『勇猛果敢一斬突にて直に敵の死命を制』そうとしたのに対し、捕虜たちのそれは『試合中彼我接近するや必ず而(しか)も全員床尾板にて相手を打撃』するものだったからである(大本営陸軍部「戦訓報第六号 米、英、加兵の白兵戦闘に関する観察」1943年9月15日)」同書P42



 上記引用以外にも本書では、「格闘戦では(日本兵は)我々の敵ではない」、「(日本兵は)格闘戦はひどく苦手である」といった米兵の証言が数多く示されている。

 考えてみれば、そもそも今も昔も体格で大きく劣る日本人が、欧米人に対して積極的に白兵(格闘)を挑むということ自体がナンセンスなことである。

 私個人の体験を振り返っても、たとえば空手道の組手試合や地稽古で、アメリカ人やオランダ人などと何度も対戦したことがあるけれど、当たり前のことだが、彼らは体がでかいだけにリーチが長く、懐が深いのでとても戦いにくい。またアタリが強く、タフな打撃戦になっても、なかなか音を上げないのが印象的だった。

 技術的にも、たとえば古流の槍術には「槍は切るもの、刀は突くもの」という教えがあるが、これら日本槍術の正当な末裔たる旧軍の銃剣術が、結果として直突に固執するあまり、実戦では欧米流の銃剣術に遅れをとってしまったというのは、なんとも皮肉なことだ。

 もう1つ興味深いのは、米兵が日本兵の喚声、つまり「声」を恐れていたということだ。元捕虜の米軍軍曹は、日本軍兵士の銃剣術訓練を見た感想を、次のように語っている。

 「彼らの動きはただひとつ、突きである。我々と同じようにたくさんの訓練を積むが、彼らは敵を怯えさせるために大きな叫び声を上げるよう教えられる。(中略)。相手と戦う時には悪魔のような叫び声をあげなければならない。銃剣ではなく叫び声で相手を殺すよう求められているのではないかとさえ思う」同書P43

 こうした欧米人兵士の、日本兵の喚声=声に対する恐怖感については、確か三島由紀夫もエッセイで指摘していたはずだ。

 「武芸における掛声=気合は、実態のあるの技=術である」

 というのは私の持論なのだけれど、こうした戦訓はそれを裏書しているように思える。

 なお蛇足だが、こうした武芸の技=術としての「掛声/気合」は、初心時の有声からはじまり、中級以上からは無声に至るべきであることは、いまさら言うまでもない。


 いずれにしても本書は、いまだに欧米人はもちろん、我々日本人自身にもステレオタイプ的に認識されがちな旧軍兵士像を解体し、現在の日本人とそれほど変わらない、生身の人間としての兵士の姿を浮き彫りにしてくれる日本人論として、とても興味深い良書である。

 (了)
この記事のURL | 書評 | ▲ top
三日月蹴り、いろいろ/(武術・武道)
- 2014/05/15(Thu) -
 空手道の蹴り技に、「三日月蹴り」というものがある。

 名前が個性的で好きな技だ。が、しかし、どうもいまひとつ、その定義というか実態があいまいな技でもある・・・。

 たとえば、今手元にある『図解コーチ 空手道』(道原伸司著/成美堂出版/1997)を紐解いてみると、

「三日月蹴りは、回し蹴りに似ているが、異なる点は膝関節の伸展ではなく、立っていた位置から目標に向かってスムーズな半円つまり三日月型となるように足をふり上げる」

 とある。

 つまり、回し蹴りのように膝をかい込まず、脚全体で半円を描くような軌道で、上足底で蹴るというものだ。

 私自身、そのように理解をしていた。

140516_154624.jpg
▲『図解コーチ 空手道』(道原伸司著/成美堂出版/1997)より。この書籍はコンパクトで地味ながら、非常に分かりやすく、基本から組手まで内容の濃い良書である。平安の形も、初段から五段まで、すべてに全空連・ピンアン・平安の3つ挙動が示されており、たいへん参考になる


 ところが今回、「ちょっと三日月蹴りのことでも書くか・・・」と思い、ネットを検索してみると、フルコンタクトカラテでも、三日月蹴りがよく使われているというのを知って、いささか驚いた。

 なぜかというと、私の理解では三日月蹴りというのは、いわば現在の回し蹴りの原型的な「古典的な蹴り」であり、膝のかい込みがないために速度が出ず、伝統派空手道の自由組手では、ほとんど、というかまったく使われない技であると思っていたからだ。

 そこで、フルコンタクトカラテの三日月蹴りというものを調べてみると、伝統派空手道の三日月蹴りとは名前こそ同じだが、いささか趣きの異なる蹴り技であることが分かった。

 フルコン式の三日月蹴りというのは、膝をかい込んで、蹴りの軌道が前蹴りと回し蹴りの中間あたりのラインをたどるようにして、上足底で蹴るというものをいうようだ。

 ことに、左構えからスイッチステップをしての中段への左三日月蹴りは、相手のレバーに当たり、またフルコンタクトカラテでは多くの場合、回し蹴りは背足や脛で蹴るので、上足底を効かしたこの蹴りは非常に有効なのだと解説されていた。

 ただし、伝統派空手道を稽古している者としては、こうしたフルコン式の「三日月蹴り」は、「軌道が変化した中足での中段回し蹴り」であり、三日月蹴りとはちょっと違うような気がするのだが、どうだろう。

 おそらく、ここでの「三日月蹴り」という名称は、

1.蹴り足の軌道が前蹴りのようにまっすぐではなく、しかし基本の回し蹴りのようでもない、その中間の軌道を(半円=三日月型)を描いて蹴ること

2.フルコンタクトカラテの一般的な回し蹴りが背足や脛で蹴るのに対し、この蹴りは上足底で蹴る

 以上の2点から、一般的な回し蹴りと区別するために「三日月蹴り」と呼んでいるのではなかろうか。

 ちなみに、ウィキペディアに記載されている「三日月蹴り」の解説は、このフルコンタクトカラテ式三日月蹴りである。


 さて、それでは伝統派空手道では、「三日月蹴り」という技が明確に定義・運用されているかというと、これもまた、いささか分かりにくい。

 たとえば、バッサイ(大)の形の後半に出てくる蹴り(『空手道形教範』財団法人全日本空手道連盟:編 ベースボールマガジン社/2000では、第29挙動にあたる)は、私は三日月蹴りだと思っているのだけれど、この教範には「回し蹴り」と記述されている。

 あるいは、私が学んだ平安五段の形には、後半に三日月蹴りが出てくる系統のものだったが、『隠されていた空手』(桧垣源之助著/チャンプ/2005)では、「三日月蹴り」ではなく、「煽り蹴り」と表現されている。

 これらの「三日月蹴り」「回し蹴り」「煽り蹴り」は、いずれも、いわゆる膝をかい込んだ蹴りではなく、膝を伸ばしたまま(というより、「膝をかい込まない」と表現した方が、より適切か?)半円形の軌道で上足底、あるいは足底全体や踵で蹴るものであり、結局のところ伝統的な表現をすれば、「三日月蹴り」なのではなかろうか・・・? と思うのである。

 ま、あくまでも単体の技の名称であるからして、流儀や会派、指導する人ごとに表現が異なってくるのはいたしかたない訳であり、こだわるほどの問題ではないのかもしれないが、どうしても「名称」や「表現」、「定義」が気になるのは、モノカキの職業病なのかもしらん(苦笑)。

 個人的に思うのは、伝統派空手道の三日月蹴り(あるいは波返しや掛け足)は、相手の突き手の肘や蹴り足の膝に蹴り込む「痛み受け」、脚の付け根や膝への関節蹴り、足絡みなどの関節技、対武器に対する防御技など、試合組手では使えないが武術的局面では非常に有効性のある、玄人好みの蹴り技だと思っている。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
杖の手之内と左太刀/(武術・武道)
- 2014/05/13(Tue) -
 この春から、新たに杖を学んでいる。

 棒や杖に関しては、これまで空手道の併習武術としての宗幹流系統の六尺棒を、また古流ではT流の形をほんの少し学んだ程度である。

 私が学んだ六尺棒の形は、手之内の持ち替えがなく、右構えだけで(当然ながら、体の入れ替えはある)攻防をするというものだった。

 このため、現在学んでいる杖の手之内の持ち替えは、たいへん新鮮で興味深い。

 ちなみに私のような、古狸のひねくれた武術・武道人が「新鮮で興味深い」と書いたときは、「難しくて、難渋しているい」と読み替えていただきたい(爆)。

 いやまったく杖の手之内というのは・・・、難しいねえ。

 特に体動・運足とともに持ち替えて遣うと混乱する。単なる素振りレベルでもだ。

 もっとも古流の棒術や杖術では、こうした手之内の変化というのは普遍的かつキモとなる技術であるからして、マジメにコツコツ、体になじませていくしかあるまいね。


 また、こうした杖の手之内の基本を稽古して思ったのは、

 「これは左太刀の稽古になるな」

 ということである。

 左太刀といえば、新陰流の九箇之太刀「必勝」や 奥義之太刀「添截乱截」が有名だが、柳生心眼流にも小太刀や剣術に左太刀の業がある。さらにいえば、新陰流の「必勝」は、もともと新当流の業だったということであり、古い時代、左太刀はそれほど珍しい遣い方ではなかったのだろう。

 往時はそれほど珍しい業ではなかったが、今となっては突飛な業になってしまったという意味では、飛刀術と同じようなものともいえるかもしらん。

 過日の合同稽古でご指導いただいた、戸山流の短槍術の稽古でも感じたが、こうした杖や棒、槍などの操作における手之内の変化は、稽古としてなかなかに面白いし、結果、剣術の左太刀の鍛錬にもなる。

 何事も経験し、鍛錬してみるものだと、齢四十五にして、改めて実感した次第。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
4月の映画短評/(映画)
- 2014/05/11(Sun) -
 先般、やっと1年がかりの大物の仕事がひと段落ついたと思ったら、今週は金曜の夜取材、土曜中原稿アップ、さらに日曜にもう1本原稿アップという超特急の雑誌仕事が入り、やむなく昨日の稽古は休む。

 よい天気で、絶好の稽古日和だったが、こればかりは仕方がない。金を稼いで飯を食わねばならぬ。

 ということで、多忙のおかげで4月はなんと、2本しか映画を見なかった・・・・。多分、ここ30年で、最小記録ではなかろうか。それほど忙しかったのである、この春は。



【評価】
★★★(必見)
★★ (まずまず)
★  (ヒマならどうぞ)

■『七人の侍』/★★★
 いまさら説明するまでもない、世界最高の娯楽映画。エンターテイメントのあらゆる要素が盛り込まれ、207分、まったくだれることなくストーリーが展開されることの凄さに、何度見ても驚く。若いころは、剣の達人・久蔵に憧れたが、50歳も間近になると、やはり島田勘兵衛のような漢(おとこ)でありたいと思う。歳をとったということか・・・。ちなみにこの映画の剣術指導は、香取神道流の杉野師範である。


■『プライベート・ライアン』/★★★
 1人の兵士の命を救うために、8人の兵士の命が危険にさらされる。こうした戦場特有の不条理を抱えながらも、使命を真っ当しようとする兵士たちの姿が丁寧に描かれる。冒頭のDデイのシーンは、戦争映画史上に残る名場面。初めて映画館で見たとき、ちょうどクルディスタンから帰ってきた直後であり、弾丸の着弾・擦過音のリアルさに驚いた。迫撃砲を手で激発させて投擲するって、本当にできるのかね・・・?


(おしまい)
 
この記事のURL | 映画 | ▲ top
事故防止/(武術・武道)
- 2014/05/05(Mon) -
(■2014.5.5.PM、※部分の注釈を加筆)

 過日、抜刀術の稽古中、Aさんの居合刀がやけに撓るなあと少し気になる。

 最初は手之内が甘いのかなと思ったのだけれど、なにか少しこれまでに比べて「違和感」があるので、ちょっと点検させてもらう。

 その居合刀は、ごく一般的な稽古用のものなのだけれど、やけに撓る。以前は稽古中に見ていても、これほど撓っていなかったように思う。

 居合刀(正式には模造刀)の場合、金属疲労で鍔元から折れてしまったという話を時折聞くので、どうも気になる。明らかに折れかかっているとか、ひびが入っているという感じではないのだが・・・。模造刀は、基本的には柄を外して中心を点検するようにできていないので、こういうときにはちと不安だ。(※)

 とりあえず今後、この刀は周りに人がいる所では振らないこと(折れた刀身は、前方にだけ飛んでいくとは限らない)、念のためできるだけ早く新しいものに買い換えるように促す。

 あくまでも、「以前より、撓るようになった?」という「違和感」がするだけで、鍔元や刀身などに明らかなひびや折れの兆候のようものは今のところないのだけれど、日常的に武具を扱う者として、こういうことには慎重の上にも慎重を期したい。

 模造刀や真剣が折れたり、中心から抜けて、飛んでしまうということの危険性は、剣術家以上に、手裏剣術者は十分理解している。なにしろ、刃物をほおるのは、こちとら専門家なのだ。


 私の場合、たとえば他流の演武を拝見するときも、なるべく演武者の斬りの軌道上には立ちたくないと思うし、そういう位置から見ざるを得ない場合は、ちょっと覚悟はしておく。

 また抜刀術の指導の際、どうしても相手の目の前に立って教えたり、自分自身を仮想敵の位置に置いた状態で指導することも多いのだが、そういうときには「万が一の場合、相手の刀が、折れたりすっぽ抜けたりして、こちらに飛んでくることはありうる」と覚悟はしている。

 なにより門下の扱う武具、ことに刀については、事故防止のために当人以上に、こちらがその状態に気をくばるようにしている。


 それにしても意外かつ遺憾なことに、刀を扱っているにもかかわらず、鍔鳴りや目釘の点検、刀身の損傷に無頓着な人、あるいは演武や稽古中の事故防止に関心が薄い人が少なくないことには驚いてしまう。

 最近も、ある居合家のブログで、斬りの演武で真剣が物打ちから折れて見物人の方へ飛んでいったり、緊張して手之内が甘くなったため、振り上げた真剣がすっぽ抜けて後ろにほおり投げられたりする動画が示され、注意を促している記事を拝読した。

 いや本当に、冗談抜きで危険である。

 ここ数年、斬りの演武や稽古をする流儀・会派が急激に増えているように感じるが、このレベルの人たちが人前で真剣を振るい試物をしているのだから、いつ大事故が起きてもおかしくないし、おそらくそのうち大事故が起きるだろう。

 日常的な目釘の点検はもちろん、鍔鳴りへの対処などは、武具を扱うものの最低限の心得である。また演武や稽古に際して、安全管理に十分留意するのは、指導者として当然のことだ。

 そんなこともできない者が、人前で武具を扱うべきではない。

140121_011640.jpg


(※)
 居合刀(模造刀)も構造上は、真剣と同じように、目釘を抜いて柄が外せるが、実際にはつけっぱなしが原則で、真剣のように柄をはずして中心(なかご)を鑑賞したりはしない。

 メーカーも模造刀については、鍔鳴りがする場合など、個人が柄を外して調整するのではなく、そのまま修理に出すよう告知しているのが一般的だ。

 当然ながら真剣の場合、鍔鳴りの調整などは、所有者が責任をもって自分で行うものであることは、言うまでもない。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
圧制ヲ変ジテ自由ノ世界ヲ/(身辺雑記)
- 2014/05/03(Sat) -
草の乱034
▲映画『草の乱』。秩父事件を知らずして、近代日本史は語れない


 今から130年前、「貧乏人は死ねばよい」とした時の明治新政府に、一泡吹かせずにおられなかった秩父人、およそ1万人余り。

 「圧制を変じて良政に改め、自由の世界として人民を安楽ならしむべし」

 
 憲法記念日に思うのは、現在の日本国憲法に対して、「アメリカからの押し付け」といった、学習能力の欠如した理屈を振りかざす人々の不勉強さだ。

 かつて、明治政府の弾圧に対して、基本的人権の尊重、国民主権、平等といった、近代民主主義の志を掲げて闘ってきた、自由民権運動の志士たちの思想が、どれだけ戦後の日本国憲法に活かされているのかを、不勉強な人々は知らない。

 五日市憲法草案しかり、植木枝盛の憲法草案しかり、こうした自由民権の志士たちの志と、日本人が積み重ね示してきた具体的な新憲法の草案があったからこそ、あれだけの短期間に、戦後の日本国憲法ができたのである。


 そもそもいつの時代も、勇ましいことを言う年寄りたちは、いざ戦争がはじまっても自分たちは戦場には行かない。

 敵前に着上陸して塩水につかりながら、掩蔽壕の泥をなめながら、誰が敵で誰が味方かすら分からない異国の市街で戦うのは、ジュウク、ハタチの若いヒヨコたちだ。

 おまけに、勇ましいことを言う今の日本の年寄りたちのほとんどは、本当の戦争を知らない。

 本当の戦場を知っている、かつてこの国のために戦ってきた無名の戦士たちは、もうその多くが死んでしまったから・・・。


 至近距離に着弾する小銃弾の音を知っている日本人が、今、何人いるのか?

 時速70kmで突進してくる戦闘装甲車の恐怖を知っている日本人が、今、何人いるのか?

 武装ヘリの20ミリバルカン砲の銃口を向けられたことのある日本人が、今、何人いるのか?

 秘密警察による誘拐、拷問が日常茶飯事の生活を知っている日本人が、今、何人いるのか?


 オレは見た。

 それをシリアやイラン、トルコのクルディスタンで・・・。

ネブロズ1 修正
▲1996年3月、ディヤルバクルにて。自由と独立を求めるクルドの人々は、上空を飛び交う治安軍の武装ヘリに、無言でVサインをかざした(撮影:瀬沼健司)


 昨日まで話をしていた友人が、ある日突然、物言わぬ肉の塊になることの悲しみを知っている日本人は、今どれくらいいるのか?

 権力者に不都合なことを発言した人々が、深夜、秘密警察の一団がドアをノックする音を最後に、家族丸ごと街から消え去るような恐怖の日常を知っている日本人が、今どれくらいいるのか?

 戦場や紛争地では、人の命は、弾丸1発分の価値しかない。

 そして権力や民族主義の熱狂に狂った人々は、容易に無名の人々を抹殺する。


 ひとつ言いたいのは、勇ましいこと言うのであれば、まずは弾の下をくぐってからにしたまえということだ。

 その上で、自ら殺人刀を振るうのか、活人剣を構えるのかを考えるべきである。

 いつの時代も本当の武人とは、戦(いくさ)には慎重なものである。なぜなら、暴力の悲惨さを一番知っているのが武人だから。

 狂った時代には、武人ではなく、普通の人々が暴力に熱狂する。新大久保あたりでヘイトスピーチを叫ぶ、愚かで哀しい差別主義者たちのように。

 さてこの国は、今、どこに向かっているのだろう・・・・。

 
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。 

 (日本国憲法 前文)


 (了)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |