平成26年を振り返って/(手裏剣術)
- 2014/12/31(Wed) -
 門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
              (『狂雲集』/一休宗純)



■今年一年を振り返って

 いよいよ今日で、平成26年も終わりである。とはいえ実は、先週後半はひどい胃炎、今週に入ってからは気管支炎で、もうヘロヘロである。とうてい、心静かに今年を振り返るというような体調ではないので、手短に1年を振り返る。

 今年は、春の苗木城武術演武会に翠月庵一門全員で参加できたことと、夏・秋の2回合宿が実施できたこと、以上の2つが、庵としての大きな成果であった。

 具体的な目標については、昨年末のブログにて、

■翠月庵として
 1)演武・合宿・合同稽古などの、積極的な活動の継続
 2)会員諸子の技術向上/特に剣術・抜刀術関連
 3)稽古型・形の見直し/型の中での打剣について、順体・逆体の再検討

■私個人として、
 4)稽古の日常化/毎日の生活の中での稽古
 5)翠月剣/5間の安定化
 6)3間での精度向上
 7)「武術としての手裏剣術教範」(仮題)の草案作り

 以上の7点を挙げた。

 冒頭に示したとおり、1)については概ね達成できたように思うが、2)と3)については未だ課題が多く、引き続き来年の目標としたい。

 個人の課題では、4)、5)、6)については、まずまずだったかと思う。しかし5)と6)については、さらに精度を上げるべく、稽古を続けていかなければならない。

 また7)については、なにしろ質の高い稽古を実践するので精一杯であり、まったく着手することができなかった。まあこれも、昨年、一昨年の反省にも書いたことだが、10年がかりくらいで取り組めればよいだろうと、のんきに考えている(笑)。


■来年の課題

 さて、来年の課題である。

 翠月庵としては、昨年の課題を継続する形として引き続き、

 1)演武・合宿・合同稽古などの、積極的な活動の継続
 2)会員諸子の技術向上/特に剣術・抜刀術関連
 3)稽古形と体系の見直し/形の中での打剣について順体・逆体の再検討、手裏剣術における拍子の検討

 以上の3つを掲げておきたい。

 特に3)について、ここ数年強く感じているのは、現在、多くの手裏剣術者・流儀・会派が、逆体での打剣をメインにしているが、本来、日本武芸における手裏剣術では、順体での打剣こそがメインであるべきではないか? という点である。

 これについては来年、さらに実践と考察を深めていきたいと思っている。

 次いで、私個人としての課題も、やはり同様に昨年の課題を継承しつつ、

 4)稽古の日常化/毎日の生活の中での稽古
 5)5間の安定化(尺的)
 6)3間半での精度向上(八寸的)
 7)移動打剣の精度向上

 とする。

1412_CIMG6006.jpg
▲刀法併用手裏剣術 組稽古(平成26年秋季合宿/打太刀・市村翠雨 仕太刀・A・Y氏)


■今年もお世話になりました

 平成26年も、数多くの皆さんのお世話になりました。あらためて感謝申し上げます。

 戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会のO先生には、今年も友好武術団体として演武会、合同稽古、手裏剣術講習会などでたいへんお世話になりました。またいち武術人としても、多くのご助言をいただきました。ありがとうございます。

 また中津川稽古会の皆さんについては、毎年3回ほどの手裏剣術講習会ですが、年々、打剣が上達されていく様子を見るのは、「手裏剣屋」としてはうれしい限りです。

 また来年も引き続き、貴重な稽古場を提供してくださる家主様にも、心よりお礼申し上げます。

 そのほかご厚誼をいただいた全国の武友の皆さん、身近で支えてくれた「S」、今年も一年、ありがとうございました。


 それでは来年も引き続き、手裏剣術伝習所 翠月庵を、宜しくお願い申し上げます。まずは皆さま、良いお年をお過ごしください。

 翠月庵主
 市村翠雨 謹識 
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
翠月庵稽古納め/(手裏剣術)
- 2014/12/27(Sat) -
 本日は行田稽古場で、今年の稽古納めであった。

 厳しい寒風の中、剣を打つ。

 しかし寒さも、手裏剣を打ち、刀を抜いているうちに、なにものとも感じなくなる。

 ただただ、「稽古できる喜び」に満たされるのみである。



 うれしいことに、家主様の格別のご好意により、改めて1月以降、当面の間、行田稽古場を使用させていただけることとなった。存分に手裏剣が打てる「稽古の場」があるということは、本当にありがたいことだ。

 この場を借りまして改めて、家主様には心からお礼申し上げます。ありがとうございます。



 さて、今年も翠月庵一門、いずれも大きな怪我等なく、稽古納めを迎えることができた。

 「無事これ名馬」というのは、私の空手道の師であるG流のT先生が度々、門下に諭してくださった名言である。来年もまた、怪我や事故なく、「生死一重の間合からの渾身の一打」を目指し、精進していかねばならない。

 ・・・といっても自分の稽古はいつも通り、12月31日が稽古納めで、1月1日が稽古始めなのだが(苦笑)。

1412_oldphoto.jpg

 
■本日の稽古(すべて25年式翠月剣)
・手裏剣術基本形(二~五間半直打)/順体、逆体、歩み足
・定置打剣(三間直打)/順体、逆体
・3つの拍子の打ち(三間直打)/順体
・移動打剣(五間~三間)/順体
・逆手打ち(二間直打)/順体
・両眼打ち(三間直打)/順体
・左手打(二間直打)/逆体
・下手打ち(二間直打、三間反転打)/順体
・手裏剣術運用形(三間半直打)/七本
(一、前敵 二、左敵 三、右敵 四、後敵 五、前後敵 六、左右敵 七、突進)
・前後打ち(三間半直打)/十本
(一、順逆 二、逆順 三、順の前の表 四、順の前の裏 五、順の後ろの表 六、順の後ろの裏 七、逆の前の表 八、逆の前の裏 九、逆の後ろの表 十、逆の後ろの裏)
・飛刀術/六本
(一、上段 二、八相 三、脇構 四、鞘遣上下二刀 五、切先返 六、抜打)
・刀法併用手裏剣術/七本
(一、先 二、抜付 三、左敵 四、右敵 五、鞘ノ内 六、後敵 七、前後敵

 (了)
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
降誕祭狂想曲/(身辺雑記)
- 2014/12/26(Fri) -
 今年はクリスマス前に少し長い休みをとり、親しい人とゆっくりと過ごした。

 こういう時期なので、旨い物を食べようと、肴には秋穂の活き車エビを取り寄せて刺身と塩焼きで、広島産のカキは焼きカキで、さらに瀬戸内の珍味・姫貝も用意した。酒は〆張の純。食後酒はラフロイグ。

 楽天で鴨肉のブロックを仕入れ、鴨なべも堪能した。仕上げは当然、鴨せいろ。また少し早いクリスマスケーキは、自家製チーズケーキ。

 そうそう、ふぐ刺しも、なかなかの美味だった。

 いずれの料理も、いや、じつに旨かった。

1412_クリスマス


 さらに休暇中、江戸に外出した際には、八重洲の地下で「伊達の牛タン」を、上野エキュートの「まぐろ一代」で寿司を、さらに地元では隠れた名店2つ「奥州 仙台家」で牛タンと「やきとり市場」で宇宙イチ旨いカシラも堪能。

 まさに「酒池肉林」(!?)の数日間を過ごしたわけだ。


 これだけ連日、美食にふけると、気になるのが体重である。

 実はここ数ヶ月間、思うところがあり減量にいそしんでおり、夏に比べて7kgほど体重を減らしていたのだが、クリスマス前の美食で、さぞかし体重が増えたと思われる。

 ・・・がしかし、休暇明けのクリスマスイブから体調を崩し、結局、今朝まで体調不良で、足掛け2日間、ほとんど食事もとらなかったことから、体重は微増であった(苦笑)。

 どういうわけか、私はここ20年来、クリスマス前後に、必ず体調を崩すのが恒例となっている。年末になって気が緩むからなのだろうが、たいがいこの時期に、風邪など引いて寝込んでいることが多いのである。

 幸い今年は、美食三昧の休暇を楽しんだ後での風邪だったので、よかった、よかった。


 というわけで、明日は翠月庵の稽古納めである。万全の体調で、今年の稽古を締めくくりたいものだ。

 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
空手道稽古納め/(武術・武道)
- 2014/12/18(Thu) -
 昨日は、空手道の稽古納めであった。

 12歳からはじめた古流武術について思うところがり、29歳の春に空手道の門を叩いてからすでに16年が過ぎている。

 試合は5年前を最後に出ておらず、流派の元も離れてしまった。現在は県連主催の一般向け教室で、日常的な健康と護身という観点から稽古を続けている。



 本日の稽古納めでは、糸州流のN先生に、セイエンチンとバッサイ(大)の形を見ていただいた。

 セイエンチンでは、用意の動作、目付け、呼吸、手刀外受け、エンピ当て、揚げ突き、くり受けなどについて、細かい点をご指導いただいた。

 バッサイ(大)では、鉤突きモドキ、三日月蹴り、掬い受けについて、手直しをしていただいた。

 いずれも私の場合、どうしても動作が大きくなりがちなので、余計な予備動作をしないよう、注意を受けた。


 空手道という武道は、いまやオリンピック種目も視野に、完全に競技化・スポーツ化が進んでいるが、一方で稽古は組手と形が両輪として過不足なくあり、他武道に比べて必要な道具も少なく、稽古者の年齢を問わず、どんな場所でも稽古できることから、少子高齢化時代の生涯武道としては、たいへん大きな可能性を持っていると思う。

 護身術としても、形の分解とその反復練習(約束組手)、そして自由組手で「先」のとり方を学ぶことにより、打突を中心とした投げ技・極め技もある総合的な武術として有効性が高いと思う。



 個人的にはもう、昇段や試合などといった目的はないけれど、健康と護身のために今後も長く、空手道の稽古は続けていこうと思う。

1412_空手型試合
▲かつての形試合風景・・・・・・

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
続・打剣と抜付/(武術・武道)
- 2014/12/17(Wed) -
■本日の稽古備忘録

 今日も今日とて、原稿書きが終わって時計を見れば、もう日付が変わっている・・・。

 とっととラフロイグでも一杯ひっかけて眠りたいところだが、そこはそれ厳しいセンセイ稼業。15分でも稽古をしようと、くたびれきった脳髄のまま的を立て、手裏剣を取る。

 昨日とは打って変わって、今日はまずまずの打剣。しかし困るのは、昨日と今日と、打剣の何が違っているのかが、はっきりと分からないことだ。

 1つ思うのは、昨日はちょっとした心配事があり、そのために精神的に普段以上にストレスがかかっていたこということ。それによって力みが生じ、手離れと押さえのタイミングと按配が狂っていたのかもしらん。

 あと、昨日は稽古着で稽古をしていたのだが、今日は着流しだった。

 着流し効果・・・・・・!?

 一方で、今日の居合はまあそこそこ。動的の斬りは、昨日ほどの冴えはなし。

 まさに日々、一歩後退二歩前進。

 かくも武芸修行は厳しいものなり・・・。

                      剣の8
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
打剣と抜付/(武術・武道)
- 2014/12/16(Tue) -
■本日の稽古備忘録

 多忙ゆえ、寝る前にちょっとだけ打剣をしておこうと手裏剣を手に取るも、どうにも調子が悪く、なんだかんだと小一時間稽古。

 手離れと押さえがどうにもしっくりいかず、今年最悪の打剣といったところ。

 一方で居合は非常に調子がよく、特に動的の斬りの稽古では一太刀も仕損じ無し。今年最高の抜付である。

 手裏剣とやっとうの稽古の出来具合は、往々にして反比例するものなのだが、ここまで顕著なのはここ10年で初めてかもしらん。

 ま、それもまた一局か・・・・・・。

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
年末進行/(身辺雑記)
- 2014/12/15(Mon) -
 日曜だというに、終日原稿書き。

 毎年恒例の年末進行というやつで、この時期は何かと仕事が詰まる。おまけに先週は、少し体調を崩してしまい、2日ほど仕事がままならなったので、今日の仕事を終われば、もう日付が変わってしまった。

 おまけに、今日は朝10時から箱根で取材のため、家を5時半には出なければならず、これから仮眠を取るか、寝坊しそうなのでこのまま徹夜して行くか、迷うところである。

 もっとも、今日は取材から戻った後も、某大学の学校案内の原稿を書かねばならないので、3時間でも眠っておいたほうがよいだろうなとは思う。

 事実上、今年の仕事の締め切りは、今週いっぱいで終わり。年越しでまとめなければならない介護保険に関する本の特集ページの企画作りがあるのだが、これは正月休みの合間に、つらつらやるしかあるまい。



 少し気が早いが、年末向けの食事の準備で、秋穂の活車海老、四国の姫貝、〆張鶴の純の購入手配。海老はそのまま串を打って塩焼きに、姫貝は手あぶりでちろちろとあぶりながら、〆張の肴にしよう。今から楽しみだ。



 ここしばらく、いろいろと迷走していた逆袈裟の抜付だが、岐阜での稽古と、O先生からのアドバイスもあり、自分なりに結論が付きそうである。細かい点で、もう少し検討したい点もあるが、基本的には“原点回帰”ということになりそうだ。



 さて、やっぱりちょっと寝るかなzzzzzz。

 (おしまい)
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
平成26年度 冬季合同稽古・手裏剣術講習会・忘年会/(武術・武道)
- 2014/12/08(Mon) -
 先週末は、毎年恒例の冬季合同稽古・手裏剣術講習会・合同忘年会として、岐阜県中津川市で活動している戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会へお邪魔をした。


 今年最大級の寒波だという風雪の中、土曜の午後、まずは体育館での合同稽古から。

 抜刀術基本、小太刀、短槍、形の稽古に汗を流す。なかでも、短槍を使った素振りと形の稽古は、身体の使い方の鍛錬としてたいへん興味深く感じ、参考になった。

 稽古の終盤は、中津川稽古会の昇段審査を拝見させていただく。Yさんは無事、参段に合格。おめでとうございます。今後もさらに、精進してください。

1412忘年会_IMGP0480
▲中津川稽古会の皆さんと


 続いて場所を移し、手裏剣術の講習会。今回は初めて手裏剣の稽古をする女性がいるということで、皆さんにも長剣で打剣をしていただく。

 中津川稽古会の皆さんへの手裏剣術講習会は、毎年2~3回、すでに足掛け5年以上やっている。その成果もあり、今回は皆さん、非常によい刺中を得られていた。

1412忘年会_PC061840
▲寒風吹きすさぶなかでも果敢に打剣!


 すでに稽古では三間を通し、今年の中津川稽古会の秋の演武では、打剣のほか刀法併用手裏剣術も行ったYさんをはじめ、今回始めて手裏剣を打つ女性を含めた参加者全員が、二間直打で十分に威力のある刺中を得られた。

 これは、これまで指導してきた私としても、たいへんうれしい成果であった。なかでもMさんは、逆体・八相(側頭部)の構えで三間直打を通すことができ、本当によかったと思う。年に数回の講習会とはいえ、皆さん着実に上達してくれているのは、うれしいものだ。

 また今回は、手裏剣術講習会の前の合同稽古において、手首を利かさない素振りや、短槍を使った素振りを行ったことが、結果として手裏剣の有効な刺中に役立っていたように思える。

1412忘年会_PC061829
▲稽古着ではなく普段着で打つと、少し趣が変わってくる・・・(爆)


 手裏剣術の稽古の後は、毎年恒例の鍋による忘年会。今年もまた、さまざまな武術談義に花が咲く。

 そしてまた、連年どおり、酒に溺れた私の暴言トークが炸裂したようであった。今年は、「倒した相手の顔面を、躊躇なく踏み潰せるか?」というネタで暴走したらしい・・・(本人的には泥酔していたため、あまりというか、ほとんど覚えていない・・・)。

1412_忘年会_PC061866
▲たしか去年は、「なぜ昔のドラマの悪役は、『死ね~!』と言いながら
襲い掛かってくるのか? というネタで暴走した気がする・・・


 翌日、日曜の午前中は、中津川稽古会のO先生と、抜刀術についての考察や意見交換をすることができ、私が最近迷路にはまっている逆袈裟の抜き打ちについて、多くのヒントをいただくことができた。またそれ以外にも、いくつかの課題を示していただくことができ、今後の自分の稽古で、考察を深めていきたいと思う。

 こうして2日間はあっという間に過ぎ、名残惜しくも中津川を離れる時間となった。


 中津川稽古会の皆さん、今年も楽しく学びの多い時をすごさせていただき、ありがとうございました。

 次回は、春の演武会でお会いしましょう!

 (了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
武者修行/(武術・武道)
- 2014/12/06(Sat) -
 寒風吹きすさぶ師走の中、ホームグラウンドを失い、"流浪の道場”と化している我が翠月庵(爆)。

 ここはひとつ初心に帰り、廻国武者修行へ出かけようではないか!


 ・・・・・・というわけで、この週末は当庵の友好団体であり岐阜県中津川市で活動をしている、戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会にお邪魔し、定例の冬季合同稽古と手裏剣術講習会、そして忘年会を行う。

 いざ、美濃へ。


▲梵天丸も、かく在りたい・・・

 (おしまい)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
逆袈裟/(武術・武道)
- 2014/12/02(Tue) -
■本日の稽古備忘録

 居合・抜刀術に関して、私は旧師にA流とB流の2つの抜刀術を学び、その後、ちょっとした縁でC流の居合術も少々かじる機会を得た。また、やはり旧師に学んだD流の剣術にも、抜刀術の形が含まれていた。


 さて、これらの流儀は、当然ながらそれぞれに理合が異なる。その上で最近、逆袈裟の抜付について、いろいろと思うところがあって、留意しながら稽古しているのだが、なかなか悩ましいものがある・・・。

 ま、「最適解」は1つではなく、それぞれの動きにはそれぞれの意味があり、それぞれのあるべき「位」があるというのは分かっているのだが、自分の中の試行錯誤がいささか迷路にはまり気味である。

 それもまた、学びと実践の楽しみというものか(苦笑)。

 とりあえず今週末は岐阜にて、戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会との、定例の合同稽古、手裏剣術講習会、そして忘年会があるので、何かヒントが見つかるかもしれないと期待している。

CIMG4161.jpg
▲逆袈裟・・・ではなく、裏篭手または鼠径部や内腿の大腿動脈への斬上げ

(了)
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |