易の入門書/(書評)
- 2016/11/18(Fri) -
 とあるwebサイト向けの記事として、人工知能(AI)関連のエンジニアと、やはりAIに造詣の深い現役医師との対談原稿を書いている。

 約1万7000文字の対談を、合計6000文字の記事に整えなければならない。

 1対1のインタビュー記事に比べると、いささか手のかかる仕事なのだが、たぶん明日中には、なんとか仕上がりのメドはつくかなという感じである。

 対談中、最先端のAIに詳しい両氏がともに指摘した点で興味深かったのが、「どんなにAIが進歩しようと、科学的に絶対にできないのが『未来予測』である」、とのことだ。

 以前、「科学の進歩で未来に実現できる可能性のある技術」を解説する一般向けの科学啓蒙書を読んだ記憶があるが、そこでも、タイムマシンは理論的には実現可能ではあるが(ただし未来行きのワンウェイのみ)、どんなにテクノロジーが進歩してもほぼ確実に実現不可能なのが未来予測なのだという。

 カオス運動における、予測困難性というやつですな。

 だからこそ、ヒトは太古からなんとか未来のよすがを知るべく、疑似科学としての未来予知、いわゆる卜占というものを作り上げてきたわけで、しかもそれは21世紀の今も、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ということで、多くの人に親しまれているわけだ。



 さて、卜占といえば、やはり東洋における帝王は、「易」であろう。

 紀元前1000年頃に成立した易、いわゆる周易は、老子や荘子に先んじる道家思想の根本でり、儒教の経典である四書五経の中の帝王であり、東洋占術の聖典でもある。

 その歴史は3000年に及び、たとえば西洋占術で人気のタロットが、わずか400年の歴史しか持たないことを考えると、そのスケールの大きさが分かるだろう。

 易の最大の特徴は、神秘的な占いの書(占筮)であると同時に、論理的な思想哲学(義理)の書であるという二面性にある。

 このため中国史においても、時代時代で、時に占いの聖典として用いられ、またときには儒学の経典中、最も重要な書物として用いられることもあった。

 ちなみに、晩年の孔子は、易の精読に努めたと伝えられる。


 このように、占いの書であり、哲学の書でもある易だが、なかなかそれを学ぶことは容易ではない。ことに独学の徒は、いったいなにから手を付けてよいのか分からないであろう。

 かくいう私も、20年前はそうであった。

 一般的に、易を独学しようという人のうち、多くが手に取るのが、岩波文庫の『易経(上・下)』であろう。

岩波 易


 しかし多分、まったく易についての素養のない人が、この上下2巻の文庫を読んでも、なにがなんだか訳が分からないであろうことは間違いない。

 この岩波版の易経は、義理にしても占筮にしても、ある程度、易の素養ができた者向けである。

 そこでまず、まったくの易の初心者が最初に手に取るべき一冊は、講談社学術文庫の『易の話』(金谷治著)だ。

易の話


 義理(哲学)としての易を学びたい人であれ、占い(占筮)としての易を学びたい人も、易というもののアウトラインをつかむために、最初に読むのに最適なのがこの本だ。

 著者の金谷氏は、義理・占筮、いずれにも偏ることなく、分かりやすい言葉で解説をされており、しかもその内容の比重が占筮3:義理7といった塩梅であることも、入門者には最適なものと思われる。

 これを読めば、易とはそもそもなにか? どのようにして成立したか? その思想のアウトラインは何かについて、ざっと理解することができるであろう。

 ちなみに本書は、台湾でも翻訳され、好評を得ているとか。


 金谷氏の『易の本』を読んだ後、次に読むべき書物は2つの方向に分かれる。

 義理(哲学)として易を学びたいという人は、朝日選書から発行されている『易』(本田済著)をじっくりと読むべし。この本は、いささか字義の説明がくどいが、近年の名著である。ゆえに、義理易を学ぶ人はもちろん、卜占としての易を学ぶ人にとっても必読の一冊だ。

易 本田済


 一方で、占筮としての易を学びたいのであれば、明治書院発行の『新訂 現代易入門―開運法-』(井田成明著)を読むとよい。本書は易占いの初心者向けと銘打っているが、実は真勢流の生卦法や賓主法、互卦・約象などについても知ることができ、実占用のテキストとしては中級者までをカバーしていると言ってよい。

 しかも筆者の井田氏は、本業が高校の先生だったというだけに、その解説は分かりやすく、例題なども大変学びやすい構成になっているのが好ましい。一方で、独特の「ポエム」は、ちょっとどうかなと思うのだが、そこのところも、いかにも世間ずれしていない感じで好感が持てる(笑)。

『新訂 現代易入門―開運法-』(井田成明著)


 義理の易にせよ、占筮の易にせよ、上記の書物を精読し、八卦や六十四卦の意味がソラで分かるようになればもはや中級者、武術・武道でいえば、初段あるいは切紙といったところだ。

 この段階になったら、義理の易を学ぶ者は『易経講話(全5巻)』(公田連太郎著)に進もう。

『易経講話』(公田連太郎著)


 一方で、占筮としての易を学ぶ人であれば、『易学大講座(全8巻)』(加藤大岳著)に取り組むべし。

『易学大講座(全8巻)』(加藤大学


 これらの書物をっじっくりと精読し、ニ読、三読するようになれば、その人はもう義理易にせよ卜占の易にせよ、上級の入口に立ったといってよい。武術武道でいえば、4段あるいは目録といったところか。

 ここまでくれば、義理易でも卜占の易でも、読むべき書物、学ぶべき師(著者)は、おのずから理解できるだろう。


 武術・武道と同様、易道の奥は深い。

 ゆえに学べば学ぶほど、その生々流転、一陽来複の哲学が、心身に染みてくることが実感できるはずだ。


易は天地と準(なぞら)う。故に能く天地の道を弥綸(びりん)す。仰(あお)いでもって天文を観、俯(ふ)してもって地理を察す。この故に幽明の故(こと)を知る。始めを原(たず)ね終りに反る。故に死生の説を知る。精気は物を為し、游魂は変を為す。この故に鬼神の情状を知る。(易経 繋辞上伝より)

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | ▲ top
| メイン |