心地よい4間打ち/(手裏剣術)
- 2016/11/26(Sat) -
 本日の稽古では、久々に手裏剣に専念した。

 ここのところ、自分の稽古でも門下への指導でも、柳剛流をはじめとした古流の稽古が中心になっており、どうしても手裏剣の稽古が二義的になっていたことから、今日はたっぷりと手裏剣を打つ。

 思うに当庵では、もう10年近く前から、「武術としての手裏剣術の間合は2間半以内」と指摘し、その理合に基づいて稽古をしてきているわけだが、一方でフィジカルな楽しみというか、手裏剣を直打で打っていて「楽しい」と感じるのは、4間前後の間合である。

 この距離は遠からず、近からず、板金を打つ心で思い切り打ち、それが的中すると実に心地よい。

 若い頃、海外で拳銃射撃に専念した時期があったけれど、この間合での手裏剣の打剣の心地よさは、ある種、拳銃射撃の心持ちにも通じるように思う。

 これが3間以内になると、どうしても「日本武芸としての手裏剣術」という感覚が非常に強くなるし、逆に5間になるとそれ以上の間合から打つ長距離打剣に必要な、ある種特殊な打ち方のコツが必要になりはじめる。

 こうした点で4間という距離は、純粋な戦技の間合でなく、さりとて距離ありきの曲芸的な打ち物の間合でもない、心身の活動として非常に絶妙な間合と思えるのだ。

 この間合で手離れ良く、しっかりと直打で4寸的にズドン! と刺さる感触は、手裏剣術者のみが知ることのできる、至福の快感だといえるだろう。

 個人的には、5間でもこうした感覚で稽古ができるようになりたいのだが、今の私のレベルではどうしても、4間を超えると「的に刺すためのテクニック」を使わねばならず、自然な剣術的体動での打剣は、いまのところ4間止まりというのが現実だ。

 それにしても、やはり手裏剣の稽古は楽しい。

 一刻の間たっぷりと打剣に専念し、剣術や柔術の稽古とはひと味違う筋肉痛を感じつつ、つるべ落としの夕暮れの中、帰路についた。

160116_152052.jpg


 (了) 
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |