小寒/(身辺雑記)
- 2017/01/06(Fri) -
 昨日は今年初めての取材のため、朝から銀座にいたのだが寒いこと寒いこと。

 ま、二十四節気では小寒なのだから寒いのは当たり前なのだろうが、年末年始が暖かかっただけに、一段と北風が身に染みる。

 昼過ぎにインタビューとその後の打ち合わせを終えたあと、銀行や郵便局で支払いやら郵送事務やらをしていて思いのほか時間をとられ、武州中山道の拙宅に戻った頃はもう夕方。

 その後、来週ある病院の広報誌のプレゼンについて電話打ち合わせ。

 続いて、某大学のパンフレット用の記事のリライトを一本。

 本当はさらに、年末に行った若手技術者へのインタビューのテープ起こしもやっておきたかったのだが、なんとなく気力が失せて、今日の業務は終了。


 年末年始の暴飲暴食で体重が1.6キログラムも増えてしまったので、夕食はサラダとささみ肉をゆでたのとおかゆ。〆て約500キロカロリーなり。

 朝食はぬき、昼間は駅の立ち食いソバでかき揚げ蕎麦を食べただけなので、本日の摂取カロリーは1200キロカロリーほどであろうか。

 とりあえず1週間ほど、1日のカロリー摂取をこれくらい(糖尿病患者用の食事なみ)にしておく予定。

 なにしろ柳剛流は動きが激しいため、体重が増えると思うように業が遣えなくなるのだ。

 また柳生心眼流についても、これ以上体が重くなると「ムクリ」ができなくなってしまいそうであるからして、ウェイトコントロールは必須なのである。

 もちろんダイエット期間中は、酒は飲まない・・・・・・たぶん。


 食後、一刻ほど休んでから稽古をしようかと思ったのだが、なにやら急に右肩に鈍い痛みが。

 試しに柳生心眼流の素振りを1つ打つと、腕を振るうことはできるが、なんとなくイヤ~な感じが肩にする。どこかにぶつけた覚えもないので、おそらく本日の急激な寒さが原因だろうか?

 大事をとって・・・・・・という理由付けで今晩の稽古はさぼり、葛根湯を煎じて飲み、ゆっくりと入浴して茶を一服。

1606_黒織部
▲寒い季節は、筒茶碗で温かく


 なんとも気ぜわしい1日であったが、1月はずっとこんな感じが続きそうである。

 南無八幡大菩薩。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |