苦い思い出/(時評)
- 2017/01/09(Mon) -
 今日は成人の日。

 フェイスブックなどをつらつら見ていると、同級生の息子や娘が成人式へ行ったなどという記事も少なくはなく、改めて時の流れの早さを感じる。

 ニュースなどでは、荒れる成人式だとか、有頂天になった新成人の愚行などが伝えられ、「まったく、バカな奴らだナア・・・」と思うのだが、28年前の成人式を思い返せば、自分も相当なバカ野郎であった。



 悪ガキ仲間であったトモダチと3人で結託し、1人は高倉健さん風の着流し、1人は印半纏の職人姿、そして私は革ジャンの上に袖をぶった切ったジージャンを重ね、600CCにボアアップしたカワサキのバイクで会場に乗り付けて式典に出席した。

 もっとも当時の私は、横浜ケンタウロスのボスの教えを堅く守る「本格のバイク乗り」を自任していたので(苦笑)、会場をバイクで暴走したりすることはもちろん式典の妨害をするようなことは一切しなかったのは言うまでもない。

 あくまでも、この格好にバイクで会場に乗り付けて、静かに式典に参加したわけだが、それにしてもやっぱりバカ野郎だったなと、今はしみじみ思う。

 おかげで成人式の後の集合写真には、振袖やスーツ姿のちゃんとした同級生たちに交じって、とんまな恰好をした3人組のバカ野郎どもが写っているのである・・・・・・。

1308_バイク
▲この格好とこのバイクで、成人式に出席したバカ野郎・・・・・・


 そんなこともあって、毎年、成人式の荒れる若者といったお約束のニュースを見るたびに、私はちょっとほろ苦い思いになるわけだ。

 若さとは、バカさである。

 やっぱりこういう式典には、ちゃんとした格好で静かに出席するのが一番かっこいいのだと、48歳になったオジサンは思うよ、本気(まじ)で。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 時評 | ▲ top
| メイン |