続・タイル針・コンクリート針を打つ/(手裏剣術)
- 2017/02/13(Mon) -
 過日、宿題になっていたタイル針・コンクリート針での打剣について、稽古場にてじっくりと再検討した。

 結論としては、翠月庵HP掲示板の稽古報告にも書いた通り、コンクリート針やタイル針は、そのままで3間直打も可能であった。

 しかしタイル針もコンクリート針も、あまりに軽すぎるために、速度が乗らず、精度・威力も低いことから、翠月庵としては手裏剣の代用か研究用の教材に止まるというのが実感である。

 この10年間、手裏剣術を専科としてきた経験から言えば、武用として信頼感を担保できる手裏剣は、軽量クラスでも最低重さ60グラム(できれば80グラム以上)、長さも18センチは欲しいところだ。

 この重さとサイズであれば、1間から4間程度まで変化する間合にも十分に対応でき、適度な重さから速度も十分にのり、速度がのるということは威力も担保できることになる。

170211_104638.jpg
▲上から「タイル針」、「コンクリート針」、「明府真影流手裏剣」、そして全
長180ミリ/重さ60グラムで重心調整のために特殊な加工を施してある
「翠月庵推奨軽量剣」。



 ゆえに、

 「生死一重の至近の間合いからの、渾身の一打」

 という、翠月庵の目指す手裏剣術に最も理想的な剣は、やはり翠月剣であると改めて確信した次第である。

160702_161513.jpg
▲間合い4間半から4寸的に、板金を打つ心で5本を打ち、2本を外す。集剣のため的に置きにいくような打剣とは異なり、一打で相手の死命を制する気勢で打ち込む「板金を打つ心」での打剣では、この間合でも全剣的中は難しい



 これは現実的にありえない想定だが、もし仮に我が命を1本の手裏剣に託さねばならないとすれば、私は迷うことなく翠月剣を選ぶだろう。

円明流短刀型手裏剣と翠月剣
▲「25年式翠月剣(短)」(全長230ミリ/身幅13ミリ/重ね6ミリ/重量126グラム)と、円明流手裏剣の写し

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |