曾根崎心中/(身辺雑記)
- 2017/02/21(Tue) -
H29-02bunraku-honchirashi-omote.jpg



 国立劇場にて、『曽根崎心中』を鑑賞。

 初演時のままの演出だという天神森の段。

 近年の演出による外連味の強い最後に比べて、今回の徳兵衛とお初との道行の結末は、実に余韻のあるものであった。

 武芸も芝居も「残心」が大事なのだと、しみじみ思う。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |