旅の仲間/(身辺雑記)
- 2017/03/03(Fri) -
 18歳で家を出て以来、かれこれ30年もやもめ暮らしをしている。

 おかげで鶏のから揚げやふろ吹き大根も作れるし、洗濯をしてキーピングで襦袢や浴衣をパリッと仕上げることもできる。掃除もそこそこはしているし、もっとも苦手だった繕い物も、人間として最低限のレベル(笑)はできるようになった。

 ま、運針などという概念を逸脱した、まるでジョン・ランボーが自分の腕の傷を木綿糸で縫うようなひどいもんだが、それでも稽古着の破れを繕ったり、ドアノブにひっかけて裂けた着物の袂の応急処置くらいはなんとかなる。


 先日、稽古帰りに、バックパックが破けてしまった。

 帆布製の丈夫なフレンチガイドパックなのだが、なにしろ今年でちょうど買ってから20年が過ぎた老兵なので、開口部下の帆布が10㎝ほど裂けてしまったのだ。

 思えばこれを買ったのは1997年。池袋の秀山荘であった。

 取材で2週間ほどボルネオに行くために購入したもので、以来、酷暑のシリア砂漠から極寒の北朝鮮金剛山まで、いつも私の背中にあり、ただ黙々と愛用のニコンF90とFM2/T、コクヨの野帳にトンボ消しゴム付き鉛筆2558-HBといった取材七つ道具を運んでくれたものだ。

18 022
▲2010年1月、青春18きっぷの取材で、東京→長野→京都→東京を各駅停車で移動しながら取材をしたときのひとコマ



 しかしここ数年は、すっかり海外取材のオーダーも無くなり、このフレンチガイドパックはもっぱら稽古に行く際の稽古着入れ9割、国内旅行取材1割といった利用割合になっている。

 風雪にさらされてクタクタになったザックは、自分としてはようやくいい風合いになってきたなと思い、バックパッカーの若い人からも「いい感じにくたびれてきましたね」などと褒められるのだが、一般の人から見れば、ただの小汚いリュックサックなのだろう。


 そんなこんなで、このまま捨ててしまい、新しいザックに買い替えるのはあまりに忍びないので、昨夜、針と木綿糸をチクチクやり、破れた部分を縫い合わせた。

 それにしても、私の裁縫の腕があまりにひどいものだから、まるで引き攣れた傷跡みたいになっているわけだが、それはそれで味があるかななどと、個人的には思っている。

 これでまた、あと10年は使えるな。

 170303_135042.jpg
▲山賊の傷跡のようになったものの、これはこれで味があるのではないかと、個人的には思う


 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |