3月の水月塾本部稽古~柳剛流、伝書講義、甲陽水月流短棒術/(武術・武道)
- 2017/03/13(Mon) -
 昨日は水月塾本部での稽古。

 午前中は柳剛流。

 小佐野先生に打太刀を執っていただき、剣術、突杖、居合をご指導いただく。

 居合は通常、本部稽古の際は師の2尺7寸の居合刀をお借りして稽古しているのだが、今回はさらに長尺である2尺8寸の居合刀をお借りして稽古する。

 最初はその長さにやや戸惑ったが、本来、柳剛流居合は長尺刀で稽古すべきものだけに、慣れてくるとこの長さが形の動きになじんでくる。

 また、この居合刀は柄の長さも1尺2寸ほどあり、その長さ故、刀身とのバランスが絶妙で、実に遣い心地が良い。試みに、神道無念流立居合の形もいくつか抜いてみたが、これまた実にしっくりとくる。

 鍛錬用の居合刀として、いずれはぜひ、このサイズの差料を所有したいものだ。

1703_向一文字1


1703_向一文字2


1703_向一文字3


1703_向一文字4



 昼食の後は伝書講義。

 今回は、古文書をテキストに、花押に関する有職故実をご教授いただいた。

 花押を構成する各線やハネの意味はもちろん、陰陽五行や易との関連についても、大変興味深い示唆をいただいた。

170312_花押古文書



 午後の稽古は、水月塾制定の日本柔術・甲陽水月流の短棒術を、初伝から中伝まで20本、ご教授いただく。

 私は水月塾で学ぶまで、短棒術については系統だって稽古したことがなかったのだが、これがまた実に・・・・・・痛い(苦笑)。

 短棒術で極められると、その痛みは柔術の逆とも、あるいは打撃の痛みとも異なる、「骨に染み入る」ような痛みなのである。

 また柔術の逆では、経験上、どれくらい相手に効いているのかがある程度は分かるのだが、短棒術で捕りをやっていると、自分では大して効いていない感じでも、実は非常に激しく効いていることが多いようだ。

 加えて、素手の逆とはまったく違った、「何がなんだかよく分からない形で極められてしまう・・・・」という、短棒を使った技ならではの捕り口の数々は、たいへん興味深いものである。

 護身術という観点でも、たとえば小太刀の動きに基づいた警棒等の使用では、どうしても斬りの動き、つまり打撃になってしまい、対象に必要以上の障害を与えてしまう可能性を排除しきれない。

 一方で短棒術であれば、「骨がきしむほど痛い」にも関わらず、必要以上に相手を傷つけることがないというのも、たいへん優れている点であろう。

 短棒術、これはなかなか楽しいぞ! ・・・・・・痛いケド(笑)。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |