仙台藩角田伝柳剛流の技術体系の変遷について~予告編/(柳剛流)
- 2017/03/22(Wed) -
 柳剛流研究の史料として、まだ未見であった、『浅野弥惣太の記 : 柳剛流の剣士』(松岡泰二著/文芸角田(15).1981/5.角田氏文化協会)と、『柳剛流二代岡田左馬之輔の秘話』(松岡泰二著/文芸角田(32).1988/11.角田氏文化協会)という2点の文書を入手した。

 これらの内容については改めてふれようかと思うが、上記2点の史料を読み、その記述の事実関係や年月日などを確認するために、改めて仙台藩角田伝系の柳剛流の伝書類を精読する中で、その技術体系の流れと変革を改めて見直すことができた。



 大雑把に言えば、仙台藩角田伝の柳剛流は、流祖の直弟子であり2代を継承した岡田(一條)左馬輔の伝えた技法群が根本としてあるわけだが、実際に今現在、我々が伝承し稽古をしている角田伝柳剛流はそれとはかなり異なる部分があり、おそらく角田伝4代の泉冨次師範が江戸で岡田十内に学んだことから、岡田十内系の柳剛流の影響を強く受けていると考えられる。

 これは、岡田左馬輔直筆である複数の伝書に記されている切紙・目録・免許の内容と、明治~大正期に記された角田伝の伝書類、そして現在、我々が伝承している角田伝柳剛流の内容を突き合せた結果による、私なりの現時点での推論である。

 これについては、もう少し、史料を精査し検討を加えた上で、改めて考察をまとめたいと考えている。

170322_174717.jpg
▲天保9(1838)年、岡田左馬輔が角田における一番弟子で、石川家の柳剛流師範となった戸田泰助に出した直筆の目録。『一條家系譜探訪 柳剛流剣術』一條昭雄/(私家版)より

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |