本復/(身辺雑記)
- 2017/03/24(Fri) -
 先週の体調不良は、どうもインフルエンザだったようである・・・・・・。

 週初めに発症し、週末には平熱となって、先週土曜の翠月庵の稽古は行ったものの、関節の痛みや体力の低下などで、その後もしばらく、仕事や稽古を控えつつ静養していた。

 結局、13日(月曜)の発症から10日ほどかけて、ようやくこの週末で、心身共に完全に回復したかなという感じである。

 このため自宅での稽古も、よくやく今日から再開。

 昼間、3000文字ほどのインタビュー原稿を執筆したあと、夜半刻ほどかけて、柳剛流の備之伝、備フセギ秘伝、剣術、居合、突杖、長刀をひと通りおさらいする。

 ごくごく軽い自宅での稽古であるが、心も体も実に心地よい。

 そして、「オレは柳剛流が好きなのだなあ・・・」と、しみじみ思う。



 若い頃、年配の先輩や先生方が、「武芸では養生も大切なのだ」などという話していると、正直、爺むさい話だナアなどと思っていたものだが、たかがインフルエンザですっかりココロもカラダも弱ってしまう歳になると、少しでも長く、稽古を続けるためには、己の体の養生が本当に大切なのだと思う。

 「無事、これ名馬」というのは、私の空手の師であった玄制流の土佐邦彦先生が度々おっしゃっていた言葉だが、知命の歳を目の前にすると、本当にそうなのだと実感する。

 そういう意味で、たとえば今日の取り組みで負傷した稀勢の里のケガが、大事ない事も心から祈っている。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |