病床六尺/(身辺雑記)
- 2017/04/03(Mon) -
 「病床六尺、これが我世界である」と書いたのは子規だが、どうもこの春は、私も体調があまり思わしくない・・・・・・。

 先月はインフルエンザで10日ほど伏してしまったと思ったら、先の日曜も寝込むことに。

 これも年齢のせいだろうか?


 日曜の早朝、本部稽古に向かうために朝4時に起床。洗面を済ませ、荷物をまとめ、着替えて家を出ようとしたところ、ビロウな話でなんだが、急に便意を催した。

 そこで、トイレに入りコトを済ませようとしたところ、急激に猛烈な差し込みに襲われた。

 しかもその差し込みの激痛といったら、50前の武芸をたしなむオッサンが、「痛っつ、痛い、痛い、痛い・・・・」と声に出して呻くほどである。

 余りの痛みに、便座から立ち上がれなくなり、脂汗が急速に噴出して汗びっしょり。しかし、肝心のお通じは無いのである。

 1時間ほどトイレに入ったまま、呻いていたが、いっこうに痛みは引かず、便通もなく、しかたなくなんとか立ち上がってベッドに戻るも、腹部の痛みがひどくて普通の姿勢で横になることができない。

 このため、正座をして丸めた掛布団を抱えるようにしてうつぶせて、ひたすら痛みに耐える。

 腹部の痛みは2~3分おきの断続的なもので、痛みだすと相変わらずうめき声をあげるほどの、これまでの人生で感じたことのないほどの激痛である。

 おまけに今度はものすごい吐き気を感じ、あわててトイレに駆け込み嘔吐もしてしまった・・・。

 もう上も下も、大騒ぎである。

 時間は朝の5時。しかも日曜なので、かかりつけの診療所は休診だ。

 「このまま痛みと嘔吐が続くようなら、救急車を呼ぶしかないかなあ。しかし、いい歳をしたオッサンが、『お腹が痛いので来てください』と、救急車を呼ぶのもこっぱずかしいなあ・・・」、などと考えているうちに、さらに時間は過ぎていく。

 2時間ほどしてようやくお通じがあり、吐き気も収まり、腹部の痛みも徐々に小康を保つようになったが、これから3時間半電車に乗って本部へ行き、剣術や柔術の稽古をすることは到底無理と判断。師に電話をかけ、稽古を休ませていただく旨連絡をする。

 その後、ようやくベッドで横になることができるようになり、腹部が痛む間隔も徐々に広がってきて、うつらうつらするも痛みで目覚め、再び痛みが引き、またうつらうつらするも痛みで目覚めるを繰り返しているうちに、いつのまにか意識を失っていた・・・・・・。


 結局、夜まで終日臥床し、腹部の痛みも日が暮れる頃にはなんとか収まったのだが、それにしてもこれほど腹が痛くなったのは、人生でも初の体験であった。

 そもそもなんで、こんなに急激に腹部の激痛が起こったのか、いまだに良く分からない。

 もともと胃腸は弱いため、子供の頃から便秘と下痢を繰り返してしまう体質なのであるが、これほどの激しい腹痛は、いままで感じたことが無かった。

 さりとて食あたりかといえば、そうでもない(食あたりは何度もしているので、経験的に分かるのである)。

 原因も分からないまま激痛にさいなまれつつ1日中寝込み、訳の分からないまま回復し、そして今朝はこんな駄文を書いているわけだ。

 再び痛み出すようなら、すぐにかかりつけ医に見てもらおうと思うのだが、幸いにもいまのところその兆候はない。

 それにしても、信じられないほどお腹は痛いは、楽しみにしていた稽古には行けないはと、実にさんざんな日曜であった。

 やっぱり健康が一番だと、しみじみ思う月曜の朝である。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |