「柳剛流」という道をゆく/(柳剛流)
- 2017/04/04(Tue) -
 先々週、翠月庵に見学に来たSさんが、先の週末の稽古から正式に入門することとなった。

 これで私を含め、当庵で5人目の柳剛流剣士の誕生である。

 杖の高段者であるとともに、刀、薙刀、さらに複数の格闘技の有段者でもあるSさんには、剣術、居合、突杖、長刀を有する総合武術である柳剛流は、非常になじみやすいのではないかと思う。



 まずは備之伝から、剣術の「右剣」と「左剣」の稽古を始めてもらう。

 切紙の段階で最初に学ぶ「右剣」と「左剣」は、すでに何度も指摘しているように、柳剛流のあらゆるエッセンスが凝縮された初学の門であり、極意でもある。

 この2つの形を、己の体にしっかりとなじませていくことで、柳剛流ならではの運足、体捌き、拍子、太刀筋、そして戦術と戦略を学ぶのである。

 この2つの形の鍛錬無くして、目録で学ぶ当流極意柳剛刀も、免許秘伝の長刀も、「術」とはなりえない。



 倦まず弛まずじっくりと、流祖・岡田惣右衛門が200年以上も前に編み出したこの「術」を学び、生涯武道として業と心身を磨きながら、末永く後世に伝えるためにも力を尽くしてもらえれば、柳剛流を愛する者のひとりとして、とてもうれしく思う。


  敵は剣身をば柳江修行して
              心せかづに勝を取るべし(柳剛流道歌)


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |