平成29年度 苗木城武術演武会/(武術・武道)
- 2017/04/10(Mon) -
土曜

 朝からあいにくの雨。

 刀の柄が濡れないように養生し、荷物を担いで朝7時に家を出る。

 「青春18きっぷ」を使い、新宿から塩尻を経由して中津川へ。所要約8時間の各駅停車の旅なり。

 中津川駅で翠月庵のY氏・U氏と合流し、戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会のO先生のご自宅へ向かう。

 本日は午後から、中津川稽古会の皆さんを対象とした恒例の手裏剣術講習会なのだが、こちらも天気は雨。しかもかなりの降りだ。

 講習はO先生のご自宅の庭が会場なので、せっかく皆さんに集まってもらったのに、残念ながら中止かなと思ったのだが、少しずつ雨が小降りになり、また皆さんがブルーシートなどで即席の天幕を張ってくれたこともあって、間合はたった1間半程度しかとれないのだが、せっかくなので講習を実施。

 長剣を使った基本の打剣の後、今回は刀法併用手裏剣術についても手ほどきを行う。

 一刻ほどの稽古の後は、O先生をはじめ中津川稽古会の皆さんと、我々翠月庵一同とで夕食。

 食事とともに、いつも通り武術談義に花が咲く。

170408_170329.jpg
▲長剣を使った基本の打剣。指導は翠月庵筆頭の吉松章氏



 歓談中に電話があり、今日の昼に父が他界したとのこと。

 とはいえ、私が12歳のときに離別して以来、親として担うべき責任を放棄して勝手気ままに生きてきた人なので、人並な悲しみはあまりない。

 ただ、最後は親族のだれにも看取られることなく、施設でひとり死を迎えたという父が、今際の際に己の人生をどう総括したのか、いずれ私が三途の川を渡った後、機会があれば尋ねてみたいと思う。

 野辺の送りその他、もろもろのよしなし事は親族に任せ、私は明日の演武に専念する、ただそれだけだ。


日曜

 残念ながら今日も雨。

 演武の会場は屋根付きの野外ステージなので雨でも中止になることはないのだが、見学者は少なくなってしまうだろう。

 O先生宅で朝食をいただき、最寄りの体育館で1時間ほど稽古。演武内容を確認する。

 その後会場に移動し、10時から苗木城桜まつり武術演武会の開始である。

 今年は、中津川稽古会の皆さんの演武からスタート。

 基本の組太刀から精緻な試斬、小太刀や鑓の演武など、普段のたゆまぬ稽古の成果を感じさせる、見事で安定した演武であった。

 そしていよいよ、我が翠月庵の演武である。

 まずはY氏、そして私による手裏剣の3間直打。

 そして刀法併用手裏剣術。Y氏は「右敵」の形の変化、私は「前後敵」の形を行う。

 続いて、柳剛流の演武。

 まずは仕太刀・U氏、打太刀・私による柳剛流剣術。「右剣」、「左剣」、「無心剣」、「中合剣」、「相合剣」を行う。

 次に、仕杖・Y氏、打太刀・私による柳剛流突杖。「ハジキ」、「ハズシ」、「右留」、「左留」、「抜留」を披露。

 最後はU氏による柳剛流居合。「向一文字」、「右行」、「左行」、「後詰」、「切上」の5本を抜く。

 こうして、我々の演武は終了した。

 今回、翠月庵/国際水月塾武術協会埼玉支部としては、初めての柳剛流の演武であったが、各人が十分な手ごたえと課題を感じることのできた、貴重な体験となった。

 私は手裏剣術以外、今回は柳剛流の指導と打太刀に徹したのだが、Y氏、U氏ともに、気迫のこもった柳剛流の業前を披露してくれたことを、たいへんうれしく思う。

170409_105325.jpg
▲演武終了後、戸山流居合抜刀術中津川稽古会の皆さんと翠月庵一同で記念撮影



 演武終了後は、昼前に解散。

 Y氏とU氏は車で帰京。私はふたたび列車に乗り込み、8時間各駅停車の旅である。

 塩尻で乗り継ぎの合間、キヨスクで買った安ワインで、鬼籍に入った父に献杯した。

170409_140807.jpg


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |