柳剛流の木太刀/(柳剛流)
- 2017/04/27(Thu) -
 熊本県八代市の松井文庫には、宮本武蔵が巌流島の決闘の際に使用した木太刀を、武蔵自身が再現して、八代3万石の領主である松井寄之に贈ったという一口が残されている。

 その木太刀は長さ4尺2寸、浅めに反りがあり、鍔のない素朴な形のものだ。

 ただし近年の研究者の指摘では、この木太刀は武蔵の逸話から後世に創作されたものではないかという指摘もある。

1704_武蔵木太刀
▲松井文庫所蔵の、武蔵自作と伝えられる4尺2寸の木太刀



 一方で、私たちが柳剛流の稽古で使っている木太刀は、この伝宮本武蔵の大木太刀よりもさらに長い、4尺4寸2分~4尺2寸5分、反りは無く鍔も無い直刀型のものだ。

170427_121052.jpg
▲上が4尺4寸2分、中が4尺2寸5分の柳剛流の木太刀。下は比較用の一般的な大刀サイズの木太刀



 これは、幕末から大正にかけて、武州にて柳剛流を指南した柳剛流深井派の師範家に伝わる往時の木太刀を採寸させていただき、新たに製作したものである。

 木太刀2
▲柳剛流深井派の師範家に伝えられている、複数の柳剛流木太刀



 柳剛流に関する複数の史料で、木太刀や撓は他流よりも長いものを用いたと記されているが、江戸や明治・大正期に実際に使われた実物の柳剛流の木太刀や竹刀は、ほとんど残されていない。

1601_田丸伝形演武
▲明治24~25年頃、紀州藩田丸伝柳剛流剣術の演武(多気町郷土資料館特別企画展『郷土の剣術柳剛流と日本の武道』の図録より)



 私の知る限り、撓は皆無。

 木太刀は、この武州・深井師範家のものと、紀州・村林師範家に伝えられているものしか確認できていない。

 なおちなみに、村林師範家に伝えられている柳剛流の木太刀は、全長3尺4寸9分、反り5分と、現代の剣道用大刀とそれほど変わらない寸法であり、鍔の有無は史料からは判別できない。

1601_多気図録3
▲多気町郷土資料館特別企画展『郷土の剣術柳剛流と日本の武道』の図録に掲載されている、村林師範家伝来の柳剛流木太刀(写真上)



 さて、それでは仙台藩角田伝柳剛流では、往時、どのような木太刀が使われていたのだろうか?

 これについては残念なことに、現状では不明である。

 私の師である小佐野淳先生が、昭和末期に角田・丸森で柳剛流を学んだ際には、すでに流派独自の木太刀は使われておらず、一般的な現代剣道用の木太刀を使っての教伝であったという。

 今後の角田や丸森における現地調査で、往時の木太刀や撓などが発見できることを期待している。

161105_162751.jpg
▲4尺4寸2分の木太刀を用いての柳剛流剣術「右剣」。仕太刀・宇田川浩二、打太刀・吉松章


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |