礼法も、また楽し/(武術・武道)
- 2017/05/12(Fri) -
 時折、一般の人や現代武道をやっている人から、「古武道は、作法や礼法がやかましかったり、面倒そうでねえ・・・」という話しを聴くことがある。

 たしかに古流の武芸には、それぞれに独特の作法・礼法があり、様々な所作や立ち居振る舞いが定められている。

 しかし、それを「つまらない」、「面倒くさい」、「敷居が高い」と敬遠するのは、いささかもったいない。

 私が稽古している武芸でも仙台藩角田伝柳剛流をはじめ、八戸藩伝神道無念流、荒木流抜剣、柳生心眼流、甲陽水月流には、全てに異なる礼法が伝えられており、実技はもとよりそれぞれの礼法も習得しなければならない。

 たとえば柳剛流の礼法では、形を行ずる際に必ず袴の股立ちをとることが定式化されている。

 あるいは神道無念流では、帯刀する際に我が差料の鎺や鯉口を検分する所作が、刀礼に盛り込まれていたりもする。

 こうした各流派特有の礼法や所作、立ち居振る舞いには、それぞれの流祖や先人たちが込めた、武芸としての意味や社会的な意義があり、我々の知的好奇心を多いに刺激する。

 さらにそれを一歩進めて、礼法や作法、立ち居振る舞いを、武人としての行動学や処世の術へと昇華できれば最高であろう。


 礼法や所作を、単なる形式ではなく古人が伝えた活きた行動学として捉え、それを学ぶことで往時の社会や文化に想いを馳せる・・・・・・。

 それは古流を学ぶ者だけが知る、密かな楽しみであり喜びだ。

1705_柳剛流居合における礼法
▲柳剛流居合における刀礼

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |