はじめての鍼治療/(身辺雑記)
- 2017/05/22(Mon) -
 先の土曜は、翠月庵で柳剛流剣術と神道無念流立居合、そして手裏剣術の稽古。

 帰宅後、晩酌をしていつのまにか気絶してしまう。

 すると明け方、左胸に肋間神経痛の痛みを感じ、不本意ながら目覚めた・・・。

 疲れがたまるとよく肋間神経痛が出るのだが、土曜の稽古は指導中心で、自分自身はそれほど疲労を感じるようなものではなかった。

 「急に気温が上がったからかなあ・・・・・・」などとボンヤリ思いつつ、日曜は終日、認知症グループホーム関連のインタビューのテープ起こしを行う。

 午後になると、胸の痛みは和らいできたのだが、こんどは肩こりがひどくなってくる。

 もともと、肩こりはあまり感じる方ではないので、どうしたのかなあと思いつつ、夕方には仕事を終えて晩酌、後、意識を失う。

 すると、深夜1時過ぎ、首と背中に激しい痛みを感じて目覚め、以後、まんじりともせずに夜明けを迎えた。

 子どもの頃から、よく寝違えで首を痛めることが多かったので、今回も多分、酔っぱらって寝てしまい、その間、無意識に肩や胸の痛みをかばっていたことから、寝違えてしまったのであろう。

 ことに、左の肩甲骨周りの痛みが激しいので、朝いちばんで、自宅から歩いて2分ほどの場所にある、かかりつけの接骨院へ向かう。

 たしか前回受診したのは、空手の稽古で腰を痛めたときなので、治療を受けるのは2年ぶりだ。

 ここの先生や職員の接骨医さんたちは腕が良く、また私の体質からか特にお灸がよく効くので、かくかくしかじかと症状を話してお灸をお願いしたところ、筋肉に炎症があるので今日はお灸よりも鍼の方が良いとのこと。

 そこでまず、20分ほどマッサージをしてもらった後、はじめての鍼治療を受ける。

1705_鍼
▲写真はイメージです(合衆国海軍による鍼治療だとのこと・・・)


 「う~む、これはリアル藤枝梅安だなあ・・・」などと思いつつ受ける鍼治療。

 首や背中、左腕などに10本くらい(?)鍼を打たれ、「この後は7分ほど、そのまま安静にしていてください」と言われ、あっという間に気絶。

 鍼には睡眠導入効果があるのか、いや、昨晩は痛みで熟睡できなかったからかもしらん。

 ブ~っというアラーム音で目覚め、本日の治療は終了。

 今週末には松代で柳剛流の演武があるので、「それまでに痛みはとれますかねえ?」と聞くと、では明日も来てくださいとのこと。

 ちなみに今、これを書いているのは治療が済んでから1時間後で、肩と首はまだ鈍く重い感じがあるのだが、肩甲骨周りの痛みはほぼ消失しているではないか!

 おそるべし、鍼治療。

 とりあえず、今晩の稽古は控えめにして明日も受診し、週末までには体調を万全に整えたいところだ。

 アラフィフの武術・武道人たるもの、持つべきものは腕のよいかかりつけの治療院だよなと、しみじみ実感した次第である。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |