松代藩文武学校武道会 第22回 春の武術武芸会/(柳剛流)
- 2017/05/30(Tue) -
 先の土日は、国際水月塾武術協会の一員として、私は初めて「松代藩文武学校武道会 第22回 春の武術武芸会」に出場させていただいた。

 まずは27日(土曜)午後、現地で小佐野淳先生と関西支部の山根章師範と合流し、松代藩文武学校武道会平成29年度通常総会に出席。

 議事において、松代藩文武学校武道会の諸先生方を前に、新会員としてご紹介をしていただく。



 翌28日(日曜)、まず午前中は近隣にある象山神社に参拝し、午後から演武会が始まった。

 我が水月塾からは、まず小佐野先生と山根師範による、松代藩伝無双直伝流和の演武。次いで柔術渋川一流から柔術と三尺棒が披露された。

 その後、小佐野先生に打太刀をとっていただき、私が仕太刀を務め、いよいよ柳剛流の演武となる。

 剣術は切紙の「右剣」と「左剣」を、さらに免許秘伝の長刀からは「左首巻」、「右首巻」、「上段右足」、「刀勝」、「切上」の形を披露する。

1705_松代演武_柳剛流左剣
▲柳剛流剣術「左剣」


 江戸時代後期に建築され、実際に松代藩士たちが武芸の腕を磨いた、当時のままの本物の藩校の稽古場で、こうして柳剛流の業を披露させていただくというのは実に貴重な機会であり、これまでの演武とは違った心地よい緊張感がある。

 また、松代藩文武学校武道会では、毎年2回、春と秋に文武学校で演武会を開催しているのだが、春の演武については各流の師範のみが参加を許されるものであることから、他流の先生方が一堂に会する中での演武ということで、これもまたいつもの演武とは違った緊張感を感じさせるものであった。

1705_松代演武_柳剛流_右首巻
▲柳剛流長刀「右首巻」


1705_松代演武_柳剛流_上段右足
▲柳剛流長刀「上段右足」


 こうして柳剛流の演武は、まずは滞りなく終了。

 個人的には仕太刀として、いくつか課題を実感する点はあったものの、諸流の先生方の前で、なんとか見苦しい演武にはならなかったのではないかと、ほっと胸を撫でおろしている。

 今回感じた課題については、次回、秋の師範演武でしっかりクリアしなければという決意を新たに、五月の爽やかな風と歴史が薫る松代を後に、武州への帰路についた。

1705_松代_集合写真
▲松代藩文武学校武道会の先生方と共に、象山神社にて


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |