武具の購入/(武術・武道)
- 2017/06/04(Sun) -
 柳剛流の稽古では、専用の長大な木太刀を使う。

 このため入門して間もない者や、あまり稽古に来られない者には、私が所持している木太刀を貸し出している。

 そしてある程度稽古が進み、本人の希望がある場合に、木太刀の購入をすすめている。

 これについてある武友から、「入門した段階で最初に購入させた方が良いのではないか?」とのご意見をいただいた。

 彼によれば、決して安くないはない武具を入門時に購入することは、本人の稽古参加へのモチベーションにつながり、結果として稽古が長続きするのだという。

 たしかに私も、そういう面はあるだろうなと思う。

 しかし流儀の武具というのは、柳剛流の木太刀にしても、翠月庵の手裏剣にしても、すべてオーダーメイドの品なので、けして安価なものではない。

 木太刀と手裏剣をまとめて一気に揃えようとすると、数万円の出費となるわけで、それは入門をしようという本人にとっても、また指導をする私からしても、その人が果たして3か月で辞めてしまうのか、これから20年精進するのか分からないわけで、当人にとって経済的な負担が大きくてかわいそうだなと思うのである。

 一方で柳剛流の木太刀にしても、手裏剣にしても、私が所有しているものは数が限られているので、武具を持っていない初学者や見学者がたまたま同じ日に稽古が集中してしまうと、武具の数が足りなくなってしまうのは、困った問題だ。



 モチベーションへの影響と物理的な数の問題も含め、少なくとも柳剛流の木太刀については、入門と同時に即購入してもらう方が良いのかなあとも、最近は考えている。

 自分が初学者の立場であれば、自らが学びたいと望む流儀の専用武具は、一刻も早く手に入れたいと思うのだけれど、ま、考え方や懐具合というのは人それぞれだから、一概に自分を基準に考えてはいけないと自戒している。

1706_柳剛流_正面斬り
▲柳剛流剣術、目録柳剛刀「無心剣」。稽古では4尺を超える木太刀を用いる


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |