打突部位を明確に意識すること/(武術・武道)
- 2017/06/15(Thu) -
 今日から7月上旬まで、地獄の原稿ラッシュが続くので、昨晩は早めに寝ようと晩酌をして23時前に就寝したものの、こういうときに限って悪夢&持病の逆流性食道炎のコンボで目覚めてしまい、その後なんとなく寝付けず、こんな時間(深夜3時)にブログをつらつらと書いている。

 たしか映画『エミリー・ローズ』では、「深夜3時は悪魔が活動する時間」というセリフがあったような・・・・・・。

141101_030852.jpg



 昨夜は空手の稽古。

 かなり湿度の高い武道場で、その場基本~移動基本まで1時間コッテリと絞られ、その後、松村ローハイの形稽古を中心にさらに30分と、久しぶりに「ちょっと身体がキツイなあ・・・」と感じる稽古であった。

 こういうフィジカルなキツさというのは、普段の古流の稽古ではそれほどないので(柳剛流の居合は別だが・・・)、空手の稽古で定期的に、みっちり心身を絞られるのも、武人のたしなみとして大切かなと思う。

 稽古中は、昨日のブログで柳剛流の殺法の記事をまとめたこともあり、急所を意識した打突を心掛ける。

 中段突きであれば「水月」や「心中」、上段突きであれば「虎一点」や「面山」、中段蹴りであれば「心中」や「明星」など、打突部位を明確に意識してその場基本や移動基本、形や組手を行うというのは、空手道に限らず当身のある武芸の稽古における基本中の基本だと思うのだが、周囲の有級者や低段者を見渡すと、どうもそういった意識が薄いように思われる。

 特に、これは私の通っている稽古場だけではなく、最近の伝統派空手道の稽古者全般に当てはまるように思うのだが、中段突きがかなり上段寄りになっているのが気になる。

 柳剛流の殺の部位に当てはめれば、本来、中段突きは上記の通り「水月」や「心中」を打突すべきものが、「骨当」(胸骨中心部)から「玉連」(喉ぼとけの下)辺りを突いている人が少なくない。

 当然ながら、「骨当」も「玉連」も殺の部位であるから、それらを意図して突いているのであればかまわないのだが、無意識のうちに、というか漫然と中段突きが上段寄りになっているように思えてならない。

 もっとも現在の全空連の定義では、「中段とは腹部・胸部・背部・脇腹」という部位の指定になっているので、中段突きの部位は「心中」~「水月~「骨当」の範囲内であれば、どこでも可ということになるわけだ。

 それにしても「玉連」では、中段突きとしては打突部位が高すぎると思うのだが、有段者クラスでも、この辺りを中段突きとして突いている者が時折見られる。

 いずれにしても、急所を意識しない漫然とした打突/当身は、武道としての空手道としては、いかがなものだろうか?

 空手道の稽古場では、私は師範や指導員ではなく単なるいち有段者なので、ことさら意見や指摘ははばかっているけれど、古流武術師範という立場から言わせてもらえば、改善した方がよいと強く感じている。



 などという駄文をつらつらと書いている暇があったら、とっとと眠るべきであろう。明日・・・いや既に今日からは、原稿地獄なのだ。

 とりあえず次は、悪夢ではなく良い夢が見たいものである。

 では、チャントを唱えてあと3時間ほど眠るとしよう。

 Eko, Eko, Azarak, Eko, Eko, Zomelak,Eko, Eko, Cernunnos, Eko, Eko, Aradia!

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |