7月の水月塾本部稽古~甲陽水月流柔術/(武術・武道)
- 2017/07/17(Mon) -
 昨日は水月塾本部での稽古。

 師のご指導の元、カナダから武者修行に来日したC氏と、甲陽水月流の稽古に汗を流す。

 「汗を流す」というのが比喩ではなく、実際に滝のように流れる汗で、稽古中、捕った手がたびたび外れてしまうほどである。

 巨漢のC氏との柔術の稽古は、相手の手首の太さに、掌の小さな私は掴み手の力の入れ加減が思うように効かないほどであるが、だからこそ稽古が面白い。

 先月はハンガリー支部の人々と、やはり柔術の稽古にいそしんだが、その際、6尺を優に超える長身の相手に私が七里引きなどをかけると、まるで子どもがぶら下がっているようだ。

 とはいえ、肉弾戦の稽古はこちらとしても多いに望むところであり(いや、そんなに荒っぽいものではないけれどネ・・・)、稽古の際に忖度のない外国人との体術の稽古は、実にやりがいのあるもので、私は大好物だ(笑)。

 もっとも、たとえば空手の組手で切ってしまった左右のアキレス腱や、手裏剣の打ちすぎで痛めている右ひじ、脱臼癖のある右ひざなどなど、老兵ゆえのウイークポイントが少なくないので、調子にのっていると新たなケガにつながるだけに、重々注意をせねばと自戒する。

 いずれにしても、柔術の稽古は楽しい。

 今回は夕方から所用が入ってしまったため、稽古は午前中のみの参加であったが、充実した時間を過ごすことができた。

 それにしても、「地獄詰」と「後詰」は効いた。これは得意技にしようと思う・・・・・・。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |