柳剛流を「継ぐ」者たち/(柳剛流)
- 2017/07/30(Sun) -
 本日は翠月庵での定例稽古。

 いまにも降り出しそうな曇り空の下、柳剛流の稽古に励む。

 今年4月に当庵に入門し、柳剛流の稽古に励んでいるS氏は、杖道5段、柔道3段、なぎなた2段、抜刀道2段、空道初段という猛者だけに、指導するこちらも気が入る。

 今日はそのS氏に、柳剛流の居合を特に集中して指導した。

 柳剛流の居合は、実践形というよりも、「跳斬之術」と呼ばれる飛び斬りを体得するために必要な強力な下半身を養成する、鍛錬形の意味合いが強い。

 だからといって、居合としての本来的な運刀や「術」を、おろそかにしてよいわけではない。

 雑なごぼう抜きではなく、気で相手を押さえながら「スラスラ」と抜くこと、序破急の拍子、三才と六合を意識した強く安定した体幹。

 これらの点をすべて押さえながら刀を抜き付け、低く飛び違いつつ相手を受太刀ごと両断し、地獄の底まで斬り割る気勢こそが、柳剛流居合の真面目である。



 現在、当庵で柳剛流を稽古している者は、私を除けばわずか4名。

 しかし、そのうち2名は他流の師範であり、全員が武術・武道歴10年以上、20年以上といった熟練者である。

 このように、何らかの古武道や現代武道に十分に精通した師範クラスの武術・武道人が、あえて当庵の門下に入り、柳剛流を一から学んでくれるというのは、流儀を愛する者として本当にうれしく思う。

 流祖・岡田総右衛門による創流以来、二百有余年。

 二代・岡田(一條)左馬輔より仙台藩角田・丸森地方で脈々と受け継がれてきた柳剛流が、我が師である国際水月塾武術協会最高師範・小佐野淳先生に受け継がれ、その薫陶をいただいている私・翠月庵主のもとで、4人の熟達した武術・武道人たちが、流祖生誕の地である武州にて柳剛流を学んでいる。

 彼ら全員が、最終的には流儀のすべての業と口伝を相伝し、各々がさらに門下を育成してくれることで、50年後、100年後も、仙台藩角田伝柳剛流が継承され、受け継がれているはずだ。

 そのための責務を、我々、柳剛流を「継ぐ」者たちは担っている。

170729_柳剛流


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |