神は細部に宿る/(身辺雑記)
- 2017/07/31(Mon) -
 昼過ぎ、編集部に校正紙を送るため、郵便局へ行った帰り、「しろもこ」を買おうとセブン‐イレブンに立ち寄った。

 支払い時、レジを打っている若い青年の名札をふと見ると、

 「店長 りゅうごう」


 と書いてある!

 ふ~む、これは柳剛流の神様の顕現か、はたまた啓示なのであろうか・・・・・・(笑)。

 ちょっと「運」がついた気分で帰宅する。

 (なおちなみに、「柳剛流」の正しい読み方は、「りゅうこうりゅう」である、念のため。)



 さて、これからお盆に入るまで、いわゆる業界の「お盆進行」最終盤というやつで、あらゆる仕事が前倒しで地平を埋め尽くす廃棄物(エンズ)の軍団のごとく、怒涛のように押し寄せてくるわけだ。

 障害者福祉に関する単行本のゲラチェックと戻し、旅行関係の書籍の編集・取材・執筆、外国人旅行者向けのweb原稿の執筆、医療経済雑誌の巻頭インタビュー原稿などを、今日から10日の間にやらねばならぬのだが、さて本当にすべてミッション・コンプリートできるのだろうか?

 本人的には甚だ不安であるが、とりあえず、毎日14時間くらい働けばなんとかなるであろう。

 はぁ? 働き方改革って、なんすか?

 ま、柳剛流の神様の御加護もあろうから、きっと過労死とかせず、生きてお盆を迎えることができるだろう・・・・・・、たぶん。

 サマージャンボ、当たんないかなあ。

 あゝ、野麦が見える・・・・・・。

170719_172639.jpg
▲いわゆるひとつの、ゲラ地獄・・・・・・


 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |