FC2ブログ
8月の水月塾本部稽古~柳剛流、荒木流/(武術・武道)
- 2018/08/27(Mon) -
 昨日の日曜は、朝から水月塾本部にて稽古。

 まず午前中は、柳剛流。

 師より「右剣」、「左剣」、「飛龍剣」、「青眼右足刀」まで、剣術を丁寧に手直ししていただく。

 細やかな口伝も伝授していただき、改めて多くの気づきを得る事ができた。

 続いては突杖。

 こちらも、「ハジキ」、「ハズシ」、そして「抜留」について、ご指導をいただいた。



 昼食後は、神道六合流の伝書を拝見。解説をしていただく。

 武芸の伝授が、古来の巻子本から一枚免状主流に映る過渡期の、貴重な史料である。

180826_133930.jpg



 午後は、荒木流抜剣をご指導いただく。

 「落花」、「千鳥」、「折返」、「岸之浪」、「後詰」、「誘引」、「筏流」と、7本の形について、師が実際に相対してくださり組稽古も交えながら、理合と業を学ぶ。

 私は、この荒木流の居合が、(柳剛流とは違った意味で)、なんともいえなく好きだ。

 「なぜ」と、問われても、うまく説明ができないけれど・・・。



 稽古終了後は、いつもの通り師に同道させていただき、馬モツと馬刺し、そして極上の原酒が名物の店で小宴。

 その際、師より、時代の物の平型の手裏剣を譲っていただいた。

 心金にさらに鋼をかぶせて平型に打って鍛えた手の込んだもので、たいへんに鉄味の良いものである。

 追々、剣尾の巻物などもつけて、じっくりと打たせていただこうと思う。

180827_104245.jpg


 (了)
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |