刀法併用手裏剣術のための専用剣の試作&テストの開始/(手裏剣術)
- 2009/11/26(Thu) -
 無冥流の超絶的な「無心剣」の妙技です。
 http://www.youtube.com/watch?v=K6aro8ZjpiU

 手裏剣術者であれば、一見の価値がある記録です。


            ※  ※  ※  ※  ※  ※


 掲示板を読んでいただいている方はすでにご承知かもしれませんが、今週末から、刀法併用手裏剣術に使う専用の剣について、試作品の検討を開始します。

 剣の製作については、無冥流の鈴木崩残氏にお願いし、私の考える寸法や内容を元に数タイプを、さらに崩残氏の提案で他のタイプの試作品も提供していただいたものです。


 刀法併用手裏剣術専用の手裏剣の要件とは、

・実用間合は3間以下
・最大射程は4間程度
・狙う場所は相手の顔面または咽喉部のみなので、布を貫く貫通力は不要
・あくまでも打剣の前後に剣術や体術など、他の武術と併用して相手を制圧することが前提
・携帯性も重視。

 という観点から、必要最小限の重さと長さ、最低限の殺傷力を、私なりに考えたものです。

 これに崩残氏のこれまでの手裏剣製作と実技経験から、助言を加えていただき、いくつかの試作品を製作していただきました。

 試作品の具体的な寸法等については、後日、テストレポートをまとめる際に、詳細に報告しようかと思います。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |