「剣術教習のための手裏剣術~正面斬り」 訂正と補足
- 2008/10/27(Mon) -

 「剣術教習のための手裏剣術~正面斬り」について、無冥流の鈴木崩残氏より、いくつかご指摘と補足がありました。ありがとうございます。

 以下、訂正と補足をしておきます。

 まず、動画中で手裏剣の重心位置について、「ほぼ中央重心」、「やや後ろ重心」と、口頭の説明があいまいになっていますが、正確には、「やや後ろ重心」となります。

 剣の長さについても、動画内で「20ミリ」と述べていますが、「200ミリ」の間違いです。


 また、手の内の解説動画で、「無冥流の側面打法」と言っていますが、以前、鈴木氏は「松の間」で公表された、「手刀打法」により近いとのことです。

 剣に関しても、今回の六角剣は市販品だけに剣先の研磨が甘く、「ヤスリかグラインダーで先端をもっと尖らせることをお勧めします」とのこと、まったく同感に思います。

松の間ホームページ
http://www.mumyouan.com/k/matunoma.html


 なお今回、動画内では、鍛練の目的として、いかに打剣を正中線上に集めるのかについて強調しています。これに加え、もう1つ大切な目的は、「気・剣・体の一致」を学ぶことです。

 動画中でも、剣の刺さり具合が深いものと浅いものがあるのが分かるかと思います。

 ここで注意していただきたいのは、刺さり具合が深い打剣も浅い打剣も、腕の斬り下ろしの速度はほとんど同じです。

 では、なにが違うかといえば、腕の斬り下ろしと体の移動、意識の集中が、きちんと統一的に発揮されているか? つまり、気・剣・体の一致がなされているかどうかの違いなのです。この稽古で、腕の振りの速度がほとんど同じでも、気・剣・体が一致したときの打剣と、そうでない時の打剣が、どれほど威力において異なるのかを実感していただければと思います。

 なおこの教習は手裏剣術ですので、あくまでも気合は「無声の気合」になります。

 このため、気合としては有声よりも階梯の高い、「腹中ノ声」(中山博道)を養う稽古にもなるといえるでしょう。

スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |