すごく忙しいのだが、「掌剣術」について/(手裏剣術)
- 2010/04/30(Fri) -
 多忙だ!!

 いったい私は今、何本の締め切りを抱えているのか?

・書籍×1冊(ベンチャー関連のビジネス書120ページ前後!)
・アウトドア関連の実用書×1冊
・資格関連のテキスト×3分の1冊
・医学雑誌の単発記事×3P(取材1日)
・日帰り温泉の雑誌記事×10ページ
・毎週連載のコンビニの新商品記事
・毎月連載の全国観光記事×16本の編集&執筆
・年3回連載の18きっぷの旅の取材と執筆

 以上、全部、5月締め切りだ。

 もう無理ぽ・・・。


 というのに、5/2~4まで、昨年同様、戸山流居合抜刀術 美濃羽会中津川稽古会をお訪ねし、3日はお祭りの演武を拝見&稽古会の皆さんとともに武者行列に参加。4日はすでに今回で4回目を迎える、翠月庵手裏剣術講習会である。

 今回のテーマは、「掌剣術」。

 手裏剣術の分野で、「掌剣術」という言葉をはじめて使った、あるいは考案されたのは、おそらく軽量剣で有名なM・S流の先代S師範ではないかと思う。

 ようするに、手裏剣を使った体術である。

 体術である以上、的に向かって打剣しているだけの稽古では、「掌剣術」は習得できない。

 といって、おそらく国内の手裏剣術流儀・会派で、独自の「掌剣術」の教習体系なり、型なりを持っており、それを継続的に十年単位で稽古・伝承しているような所は、ほとんどないのではないかと思うが、いかがであろう?

 なにしろ私が直接聞いた話でも、「掌剣術」の元祖であるM・S流自体、その型や稽古に関しては4年前の段階で、「現在、改めて編纂中である」と話していたくらいである。

 仮にそういう稽古をしている団体や会派があったとしても、おそらくそれは他の体術の動きを応用したものであろうし、そもそも「純粋な手裏剣術の一分野としての『掌剣術』」などというものが、日本古来の武術としてあったのかどうかさえ、定かでない。

 それとも、こんな記事を書くと、またぞろ突然、「当流には戦国時代から伝わる『掌剣術』が・・・云々」みたいなパチモンが現れたりして(笑)。


 「掌剣術」などというと大仰に聞こえるが、ようは鼻捻や短棒、鉄扇やナエシなどなど、短い棒状武器を使った体術、あるいは懐剣術と同様なわけで、古流の柔術や剣術はもとより、現代武道である柔道や剣道、拳法や空手道などの体動を応用すれば、有段者や指導員・師範レベルであれば、だれでもすぐに応用できるものである。

 そんな、大層なものではない。応用力さえあれば。

 というわけで、当庵では、体術の素養のある人には、それを生かした形で「掌剣術」を展開してもらえば良いと考えているし、武術経験のない稽古者のためには必要最低限、基本的な手解と体術の原理・原則を学ぶための型をいくつか編纂している。

 内容は、手解とごく簡単な、「先」、「後の先」、「入り身」を理解してもらうための相対型だ。


 ところで「掌剣術」については、2つの考え方があろうかと思う。

 1つは、隠し武器として用いる方法。

 1つは、一般的な武器として用いる方法。

 当庵では、打剣についても、基本的に手裏剣を隠し武器と考えていないので(隠し武器ではなく、剣術の二刀遣いの一形態としての刀法併用手裏剣術が、当庵の考える手裏剣の運用である)、掌剣術についても、隠し武器として使い方はほとんど考慮しない。

 隠し武器ではなく、手裏剣を馬手差しとして体術に用いることを想定している。

DSC_3881.jpg
▲馬手差し(鎧通し)としての運用なので、刃は必要ない。なお、打剣の手之内と
異なる点に留意されたし


 ゆえに、柔術や拳法、空手道の素養がある者は、当身の延長として手裏剣を使ってもらえば十分である。

 また、体術の素養のない者に関しては、当庵制定の基本のほか、さらに体術としての掌剣術に関心がある場合は、本ブログでも連載している警視流をテキストに、体術/掌剣術の展開を研究していければと思う。


 というわけで、今回の講習では、抜刀術家の皆さんに、帯刀状態での柄捌き(柔術)としての警視流の「柄止」と「柄搦」の型と、その掌剣術への応用と展開を体験・学習していただければと考えている。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |