たびたび書いていることだが・・・/(武術・武道)
- 2010/08/27(Fri) -
 剣術にせよ居合・抜刀術にせよ、斬りの稽古(いわゆる試斬)は、基本や形、撓打ちの稽古などを十分に積んだ上で行うべきであり、児童・生徒に該当するような子供たちに、真剣を持たせて試物を斬らせるなど、百害あって一利無しである。


 ・・・という持論は、このブログでもさんざん書いてきた。その根拠については、同じ事を何度も書くのは労力のムダなので、過去の記事を参照されたし。


 さて過日、武友に教えてもらってみたyou-tubeの動画は、小学生の女子による試斬であった・・・。

 もはや言葉もないけれど、さらにあきれるのは動画の背後で、一丁前の大人(一応、武道家だろうに)たちが、この児童の斬りをみて、「おお!」とか「すごい!」とか誉めそやしているのである。

 いったい、何を考えているのだろうか?

 だれも、「武術の稽古として適切でない」と、苦言を呈するものがいないのだろうか・・・。

 ま、いないからやっているんだろうがね。

 他人様の団体や流儀・会派が何をやっていようと、私に関わりあいのあることではないけれど、12歳から木太刀を持って、武術・武道の世界に育てていただいた者としては、やはりひとこと、言っておかずにはいられない。

 児童に斬りの稽古などさせる暇があったら、他にいくらでも躾ける教えがあるだろうに。

 彼らのやっていることは、本質的にはアフリカの少年兵士育成と変わるまい。

 人格の形成途上にある児童に、殺傷力のある武器を持たせて操作を教え込み、周りの大人がそれを見て嬉々としているのだ。

 自我や人格の生育途中の子供に、(熟練すれば)人体を容易に殺傷できる武器を与え、その操作を教えこみ、あまつさえ周りの大人がそれを褒め称える・・・。

 こんな行為が、現代社会で生きる子供たちの成育に、どんな悪影響を与えるのかは、ちょっと想像力を働かせれば、だれでも分かるであろう。

 ましてやさまざまな稽古体験と、それにまつわる武術・武道界特有の人間関係や慣習を知り、武術や武道の「魔的」な面を十分に知っている古参の武術・武道人ならば、なおさらである。

 まあ、それが分からないから、こんな芸を、ものの道理も分からぬ子供に仕込んで喜んでいるのだろう。


 なによりも危険で有害なのは、児童が真剣で試物をちょんちょん斬っているのを見て、なんとも思わない回りの大人たちであり、指導者たちである。

 それにしても、ほんとうに周りの大人たちで、苦言を呈さずとも、眉をしかめる”マトモな”武術・武道人がいないのだろうか・・・?


 結局、武術・武道は、人格を陶冶できないのだろうか・・・、残念だ。

(了)

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |