秋の図書案内/(書評)
- 2010/10/27(Wed) -
ヤノマミヤノマミ
(2010/03/20)
国分 拓

商品詳細を見る


 奥アマゾンで独自の風習と文化の中で暮らすヤノマミ族を、150日に渡って取材した日本人ディレクターによるルポ。嬰児殺し(間引き)の描写は強烈だが、読み進むにつれ、その行為の是非を文明の尺度で図ろうとする自分の傲慢さに違和感を覚える。生と死が、これほど地続きの中で暮らすヤノマミに比べ、われわれはあまりに生も死もリアリティのない、のっぺりとした世界で生きているような気がしてならない。


倫理用語集 改訂版倫理用語集 改訂版
(2009/03)
小寺 聡

商品詳細を見る


 この夏まで、大人が読む歴史教科書というような仕事をしていた関係で、高校生の教科書に目を通す機会があり、その余波で改めて購読してみた。冒頭、ジョン・レノンと尾崎豊が「倫理の用語」として記載されているのは、いささか若い世代に媚びすぎのような気もしないでもない・・・。それはさておき、古今の思想と哲学全般のガイダンスとして、たいへん読みやすいと思う。


古田織部の茶道 (講談社学術文庫)古田織部の茶道 (講談社学術文庫)
(1990/07)
桑田 忠親

商品詳細を見る


 最近は漫画でも人気らしい織部。書簡の現代語訳がふんだんで、たいへん読みやすい。織部の生涯とその業績を一望するのに最適の一冊。


 
海も暮れきる (講談社文庫)海も暮れきる (講談社文庫)
(1985/09/09)
吉村 昭

商品詳細を見る


 著者は自身も若い頃、結核を病んでいただけに、放哉の無言・独居の生活に仮託した、病の苦しみと孤独の描写があまりに生々しい。読むたびに、救いのない結末にげんなりするのに、なぜか何度も繰り返し読んでしまうのは、放哉のダメ人間っぷりに、自分のダメさを投影しうているからか。うつ気味の人は、読むべからず。


ランボー全詩集 (ちくま文庫)ランボー全詩集 (ちくま文庫)
(1996/03)
アルチュール ランボー

商品詳細を見る


 定番の小林秀雄や堀口大学訳に比べるとと、たいへんとっつきやすい訳である。注釈も充実しており、ランボー初心者にはおすすめ。私としては、鈴木和成訳のが好きなのだが。


宮本武蔵二天一流の剣と五輪書 (武道選書)宮本武蔵二天一流の剣と五輪書 (武道選書)
(2005/11)
一川 格治

商品詳細を見る


 多分、初めて本屋でこの本を見たのは中学1年生の頃(今から28年前!)だと思う。改めて再読したのだが、本書の最大の問題点は部外者の立場からすると、何度読んでも形の動作が良くわからないということ・・・。これは、本書の説明文の書き方と編集の仕方が、あまりにも分かりにくいからだと思う。本当に何回熟読しても、形の手順がさっぱり分からない奇書なのである。まあ、門人にだけ分かれば良いのだ・・・・、と言われればそれまでなんですがね。

絶対に勝てるケンカの手順―実戦対応最新版 (BUDO‐RA BOOKS)絶対に勝てるケンカの手順―実戦対応最新版 (BUDO‐RA BOOKS)
(2009/12/16)
真樹 日佐夫

商品詳細を見る


 真樹センセイは、相変わらす顔が怖いデス(笑)。バラ手での目打ちや裏拳、刀峰や関節蹴りなど、一見マニアックな小技を使った用法解説に、ステゴロ十段、いぶし銀の技と心意気を改めて感じた次第。ちなみに、私の空手での得意技は背刀でした。


 
海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)
(1952/11)
上田 敏

商品詳細を見る


 「すべて世は事も無し」なのか、「なべて世は事も無し」なのか、確認しようかと・・・。昭和軽薄文体で育った世代としては、辞書がないと単語の半分は理解不能。しかしまあ、詩なんてものは、素読と思って暗誦すれば良いのだろう、たぶん。

 
 
伊豆水軍 (静新新書)伊豆水軍 (静新新書)
(2008/03)
永岡 治

商品詳細を見る


 古代から戦国時代の終わりまで、伊豆の入り江に拠点を置いた海賊=伊豆水軍の興亡史。中世から近代にかけての時代の潮流に飲み込まれていく海人の姿は、情報とカネのグローバル化で押しつぶされそうな現代日本の庶民に通じるものが、あるような、ないような・・・。

全解・日本剣道形 (武道教本 (2))全解・日本剣道形 (武道教本 (2))
(1982/05/02)
剣道日本編集部

商品詳細を見る


 改めて剣道形の教範を熟読して思ったこと。抜く・擦上げる・なやす・受け流すといった受け方がバランスよく形に納められているが、刃でがっしり受けるとか、打ち落とすとか、乗る、切り落すというような技がないのはなぜか? それにつけても、小太刀の三本目、擦り上げて擦り下ろすというのは、たいへんむずかしいそうですが、どうなんでしょう。

(了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | ▲ top
| メイン |