平成22年を振り返って/(手裏剣術)
- 2010/12/28(Tue) -
 早いもので、もう年の瀬である。

 今年、翠月庵も開設から丸3年を迎えた。

 平成22年の当庵を振り返ってみると、最大の成果は、先日、初学の教程を修了したYさんをはじめ、最古参のSさん、他流の高段者でもあるK2さん、YZさんなど、定期的に稽古に参加してくれる会員諸子が、少数ながらも定着してくれたということである。

 場所柄、けしてアクセスの良い場所にある稽古場ではなく、また週末の貴重な時間を割いて、稽古に通ってくれる人がいるというのは、庵の代表者として、これほどうれしいものはない。


 一方で、今年は、昨年や一昨年と比較すると、新規の見学希望の申し込みがまったくなかったのが特徴的であった。

 ある意味では、ごくごく限られた一部の世界の中での、そのまたコップの中の嵐のような「手裏剣ブーム」も、これで過ぎ去ったのかなあとも思う。


 刀法併用手裏剣術に使用する、当庵の制定剣としては、翠月剣(第2案)に決定することとした。

 短刀形、全長約236ミリ/幅13ミリ/厚さ5ミリ/重さ約110グラム。

 無冥流、鈴木崩残氏の全面的なご協力で完成したこの剣は、今後、当庵の看板になるかと思う。威力、操作性、飛距離ともに、たいへん満足できるものであり、造形としても、既存の古流・現代各流と比較しても、独自性を打ち出せたのではなかろうか。


 個人的な部分で今年を振り返ると、刀法併用手裏剣術に用いる剣の選定に、ひたすらかかりきりになった1年であり、そういう意味では、昨年や一昨年に比べると、技術的には、あまり大きな進歩を得ることができなかった。



 その上で来る平成23年の目標であるが、まず第一に、翠月剣の制定に合わせて、翠月庵の手裏剣術の教習体系を見直す予定である。

 現状では、長剣、穴あき重量剣、軽量剣などの使用を前提とした体系になっているが、これを長剣と翠月剣の2種使用を前提とした体系に見直す予定だ。

 次に、個人的な目標としては、翠月剣の習熟。これに尽きる。

 これは今年の目標でもあったが、とにかく翠月剣による三間尺的での精度の向上、これに集中したい。そのためには、平素から四間尺的の稽古に習熟する必要があろう。

 また稽古会としての目標、というか予定であるけれども、来年は、もう少し会としての行事に積極的に取り組みたいと考えている。

 具体的には、講師を招いての会員向けの技術講習会の実施、友好団体にお邪魔しての剣術・抜刀術などの交流稽古なども実施できればと考えている。

 一方で、会の規模に関しては、宣伝や拡大などはまったく考えていない。

 今以上に宣伝などしなくても、縁のある人は当庵の存在を知るであろう。そしてやりたい人は来れば良いし、そうでない人が無理に通う必要もない。

 そもそも、基本的には自分たちの稽古場として開いたのが当庵のはじまりであるし、武術などというものは、好きこそものの上手なれの世界で、無理に人集めをするものでもない。

 ましてや、金儲けの道具であってはならないのは、言うまでもない。

 ゆえに来年も、いままで通り、粛々と稽古が続けられればと願っている次第である。

 手裏剣屋の自分が言うのもなんだが、元々、手裏剣術などというのは、武芸十八般の中でも徒花的存在であり、斯界の片隅でひっそりと咲きながら、しかし何か不思議に魅惑的な存在であれば良いのではないかと思う(笑)。


 さて、末筆ですが、今年も1年間、変わらぬご支援をいただき、なかでも翠月剣制定については、あらゆる面で全面的にご協力をいただき、素晴らしい剣を作り上げてくださいました、無冥流・鈴木崩残様には、心よりお礼申し上げます。

 本当にありがとうございました。


 また、戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会のたんだ先生と同門のみなさん、および同稽古会のみなさんには、今年も楽しく、また有意義に交流をさせていただきました。

 来年はぜひ、当庵会員諸子も含め、団体同士としても、より親密な交流をさせていただければと考えております。


 そのほか先達・武友の皆様、また貴重な稽古場をご提供くださっている家主様にも、この場をかりまして改めて、御礼申し上げます。

 今年も1年間、本当にありがとうございました。

 それでは皆様、良いお年を。

 翠月庵主
 市村翠雨 頓首

 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |