離れを惜しまざること~知新流手裏剣術による打剣の考察/(手裏剣術)
- 2011/02/16(Wed) -
 知新流手裏剣術はすでに失伝してしまった流儀だが、その伝書は、藤田西湖著『手裏剣術』(名著刊行会)に掲載されており、われわれのような現代の手裏剣術者が気軽に参照できる貴重な資料である。

 以前、本ブログでもその意訳を試みたことがあるが、私自身、日常的に目を通すよう心がけている。

 同流目録の最初の記述は、「一 手裏剣離之事」となる。

DSC_5800.jpg
▲藤田西湖著『手裏剣術』(名著刊行会)に掲載の「知新流手裏剣目録」。第一に手離れについて
挙げられ、次いで手裏剣の重さ、長さ、手之内などの順に要点が記されている


 また印可伝書においても、「剣の上より立つ(首落ちする)は離れをおしむ故也 手離れをおしまぬ様に心得打つ事専一なり」ということが、たびたび強調されている。


 すでに何度も指摘していることだが、打剣の際の手離れの位置は、想像以上に早い。

 打刀の正面斬りのようなつもりで打剣して刺中するのは、せいぜい一間から一間半までである。

 今も昔も、ここで躓いてしまう稽古者が多いからこそ、目録の最初に、手離れの事を記したのであろう。


 そんなことに思いを寄せながら、伝書にしたがって知新流の打法で打ってみる。

DSC_5806.jpg
▲上から順に、香取神道流の剣(写し)、知新流の剣(写し)、当庵の翠月剣


 知新流の手裏剣術は、順体からの打剣である。

 これもまた以前、ブログで指摘しておいたが、現在の手裏剣術では、古流にせよ現代流派にせよ、逆体からの打剣が中心となる。

 しかし、日本の剣術や居合・抜刀術の理合を考えれば、逆体からの打剣というのは、かなり不自然なものであり、順体からの打剣の方が、より理にかなっていると言ってよい。

 この点で、知新流の打剣が、順体から行われるというのは、至極、理にかなっているといえよう。

 知新流では、右半身の構えから、右足をさらに二足長ほど踏み込んで打剣する。

 こうすると、真半身(一重身)にせよ半身にせよ、あるいは向身にしても、逆体に比べて腕の振りと体幹右側の軸が一致しやすく、腕の振りのぶれが少なくなるので、打剣が安定するのが分かる。

 おそらく、逆体よりも順体の方が、三間程度までの近い間合では、より打剣が容易なのではあるまいか。

 それではなぜ、現代の手裏剣術の多くが逆体を主体としているのか?

 これについては、もう少し、考察と研究が必要である。

 現時点で推察できることは、より遠距離を通すためには、逆体の方が、順体よりも有利であったろうということ。

 もう1つは、剣術や居合・抜刀術と併用する場合、順体からの打剣→抜付(送り足の運足)よりも、逆体からの打剣→抜付(歩み足の運足)の方が、剣術や居合・抜刀術の未熟な者には、より容易であろうということだ。

(了)

スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |