カルト化したエセ武道人の妄言に憤る/(武術・武道)
- 2011/04/26(Tue) -
 武道とは、武技の鍛錬を通して人格を陶冶するものだ。

 しかしそれはあくまでも理想であり、すべての茶道人が茶禅一味に通じていないのと同様、すべての武道人の人格が陶冶されているわけではない。

 むしろ、陶冶すべき人格があるからこそ、我々は日々、稽古に精進するのだ。


 これはなにも、「生徒」や「弟子」、「門弟」など、立場によって異なるものではなく、稽古場の代表だろうが教室の先生だろうが、さらには会派の長だろうが流儀の宗家だろうが、斯界にかかわるすべての者が、命尽きる日まで精進していかねばならぬ課題である。

 とはいえ仮にも指導者として、他人様に教えを説くような立場の者であれば、社会的常識の範囲内で、ある程度「よき社会人」としての人格が磨かれ、出来上がっていなければならない。

 だからこそ、どんな小さな道場でも、門弟が数人しかいないような稽古会でも、指導者は「先生」と呼ばれるのである。


 さて、ここに1人の空手道の指導者なる者がいる。

 最近の武道関係のネット界では、ちょっとした話題の人物だ。

 この御仁、『心に青雲』なるブログを書いているのだが、東日本大震災の後に次のような文章を記している。


-以下、引用-

 それは被災地の人間は必ずしも「文化人」ではないということである。ほとんどは大衆である。B層という言い方があるが、そういう教養の面で劣る人たちがほとんどなのだ。その人たちと関わることは、どうしても相互浸透を起こしやすいのである。だから、支援しつつも彼らとは一線を画して、深い会話などはしないよう気をつける必要がある。

 B層の大衆を指導するなら良いが、同情して「一緒にがんばりましょう」、と交流するのは考えものなのである。

 ゆきんこさんが、さっそくに「I love you & I need you ふくしま」をブログで推薦してきたことが、なにより大衆との相互浸透を起こしたことを物語っている。

 自分の人生を二流三流で終わらせていいのなら、こんなことを心配するには及ばない。三陸の一般大衆と精いっぱい交流したらいい。しかし、己の生きざまを一流にと志すのならダメである。

 被災地を支援するにも、一流の文化人として支援するにはどうあるべきかを考えなければいけない。安易に「人と人の心をつなぐ」などと妥協してはいけない。

   『心に青雲』「I love you & I need you ふくしま」を批判する(2011年4月25日)より
   http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou

-以上、引用終わり-


 このブログ記事のタイトルになっている、『I love you & I need you ふくしま』なる歌が、どんな歌なのか、それはどうでもいい。

 問題は、この筆者の異常に肥大化した前時代的な優性思想のごとき、ゆがんだモノの考え方である。

 このカラテの先生は、自らを「文化人」とし、被災地の多くの人々を「大衆」「B層」として、このような暴言を公に発信しているわけだ。

 では自ら文化人を標榜するこのカラテの先生は、文化人としてどの程度の教養をお持ちなのだろうか?

 以下は、この人物が自分のブログで発言してきた内容の抜粋である。

・世界の政治・経済はユダヤ人が牛耳っている。
・相対性理論は間違い。
・宇宙膨張説は間違い。
・真空は空ではない。エーテルに満ちている。
・地球以外に水は存在しない。なぜなら水は生命体が作ったからだ。
・乳児に粉ミルクを与えると乳児の脳に牛のDNAが入るからよくない。
・人工授精や帝王切開といった手段で生まれた子供には遺伝子に欠陥があり後に犯罪者になる。
・花粉症は気のせいだ。止める気合があれば止まる。
・東日本大震災は、地震兵器で引き起こされた。

 YAHOO知恵袋『弁証法はトンデモと親和性が高いのでしょうか? 』より一部抜粋し、市村が一部加筆。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431006764

 ・・・。

 要するに陰謀論と疑似科学、ニセ医療にどっぷりはまっている、頭のおかしいヘンな人なのである。


 ま、日本は言論の自由のある国だ。

 頭のおかしい人が、根拠も整合性もない妄言を話そうが、書こうが、当人の自由である。それが公共性を損なわない限り、個人の自由は担保されるのが近代的な民主社会なのだから。

 しかしこのように完全に社会常識から逸脱した人物が、いやしくも武道人を名乗り、あまつさえ弟子をとって道場で空手道を指導しているということが問題なのだ。


 今回の大震災で被災し避難所生活を送っている方は、10万人を超えている。

 被災した方の中には、武術・武道関係者、あるいはその指導者や代表レベルの方々も少なくないであろう。皆さんは、この『心に青雲』ブログの一文を見て、同じ武道人としていったいどのように感じられるだろうか?


 私は、小なりとも稽古場の代表として会員に武芸を指南している者として、またかつて多少なりとも空手道の稽古をしてきた者としても、このような下劣で無知蒙昧な人間が、武道指導者であることが恥ずかしくてならない。


 400年にわたって受け継がれ、磨かれてきた日本武道の真髄は、殺人刀を活人剣にかえる行動科学としての、厳しく自律的な思想にある。

 それを陳腐なカルト的弁証法なるものでこねくり回し、武道人に最低限必須な『惻隠の情』すら失い、今まさに傷んでいる人々にドヤ顔で無神経な言葉を投げつけるこの人物。


 もし、何も知らずにこのような輩が主催する道場の門をたたき、指導を受けることになる人がいるとすれば、日本武道という同じ世界の数歩先を歩む者として、私はたいへん申し訳なく思う。

 そしてまた他山の石として、このような愚かな武術・武道人を育ててはならないと心から思う次第である。

 なぜなら社会にとって有害な弟子を育てた責任は、その師にあるのだから。
 
(了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |