飛刀術の間合/(手裏剣術)
- 2011/05/25(Wed) -
 脇差や打刀を手裏剣に打つ飛刀術。
 
 ここでも一般的な手裏剣術同様、間積りの大事がある。

 飛刀術が、その対抗不能性を最も発揮する間合は、一間半~二間半の合間である。

 間合が三間になると、斬りの手の内のままでの打剣が難しくなり、速度の関係で相手に見切られたり、打ち落とされやすくなってしまう。一方で、一間半未満の間合では、そもそも刀を手裏剣に打つ必然性がない。

 一足一刀の間合よりも遠く、しかも斬撃と同じ手の内で見切られずに打てる間合。

 これが飛刀術における一間半~二間半という間合なのである。



  ▲距離二間(約3.6m)、八相の構えから、脇差を手裏剣に打つ


 ところで、古流の剣術や居合・抜刀術を稽古している人の中には、飛刀術を見て「意外に簡単にできるのではないか?」と感じる人も少なくないようだ。

 ところが実際に、二間ほどの距離から脇差や打刀を手裏剣に打ってもらうと、切先が首落ちしてしまい、想像以上に難しいことに驚くようである。

 古流の剣術などには、打刀や脇差を手裏剣に打つ型が見られる。また、見た目は単なる脇差や小太刀による受け返しだが、実は口伝で「手裏剣に打て」と教わる型などもある。

 こうしたこともあり、飛刀術については、割合、簡単にできると考えられがちなようだ。

 たしかに、実際のところ一間以内であれば、剣術や居合・抜刀術の素養がある人なら、脇差を直打で刺すことは比較的容易だ。

 しかし、一間程度の間合では、そもそも刀を投擲する意味がないのである。

 相手が、「まだこの間合であれば、敵(我)の切先が届かない」と思っている間合から打つからこそ、飛刀という業が対抗不能性を持つのである。

 一方で、三間も間合が離れていると、まともな稽古を積んだ者であれば、飛んでくる脇差などは、かなりの確立で避けたり、打ち落とすことができる。

 だからこそ、飛刀術がその有効性を発揮するのは、一足一刀の間合よりも遠く、三間よりも近い、一間半~二間半の間合なのである。



 飛刀術の稽古では二間から稽古をしてもらうが、ほとんどの人が、最初はまったく刺さらない。特に、剣術や居合・抜刀術の素養がある人ほど、一間以上離れると一段と刺さらないのである。

 理由は簡単で、斬撃のつもりで打つと手離れが遅くなるため、刀が回ってしまう(首落ちする)のだ。そこで、早い手離れを学ぶための稽古と、手の内の口伝が必要になってくるというわけだ。


 つまり飛刀術の稽古では、

 飛刀術は距離一間ではとても簡単だが、その間合では武術的な意味がない。

 一方で距離三間では、比較的容易に避けられ、あるいは打ち落とされてしまう。

 ゆえに、飛刀術が対抗不能性を十分発揮するのは、一間半から二間半の間合である。

 しかし、この間合で脇差や打刀を的確に手裏剣に打つには、口伝に基づいた稽古が欠かせない。


 という点を、十分理解しておかなければならない。

(了)

スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |