現実的な間合とメンタルの影響/(手裏剣術)
- 2011/07/31(Sun) -
 過日、某ケーブルテレビの番組で、ナイフ・スローイングを見た。

 射撃自慢の参加者たちを、毎回さまざまな課題で競わせるというアメリカの番組で、その回の課題がスローイングナイフだったのである。

 興味深いなと思ったのは、まず距離。

 競技では、的までの距離を3.4メートルとしていた。約二間である。

 以前、ロシアの特殊部隊の教本を読んだときにも、スローイングナイフの有効な距離は3~4mという記述があったけれども、やはりこうした投擲武器の実用的な間合いは、洋の東西を問わず、おおむね二~二間半ということなのであろう。

 番組で使用していたのは、ボウイナイフ型の結構大型のもので、ぱっと見で25~30センチほど。投擲専用のため、ハンドルなどはない一枚板タイプであった。

 教官役の専門家は、これを順手持ちの回転打(1回転)で刺すよう指導していた。

 
 もうひとつ興味深かったのは、練習と本番の違いである。

 番組では、まず事前に専門家の指導のもと練習を行い、その後で本番という進行であった。

 アメリカの番組なので、参加者は特殊部隊の隊員から、射撃のチャンピオンなどさまざま。ナイフ・スローについては、全員の参加者が未経験である。

 その上で、練習の際には、Aという軍人はほとんど百発百中であり、一方で射撃のチャンピオンの民間人のBはまったく刺さらなかった。

 ところが本番になると、Aはほとんど的に刺すことができず、逆にBはほぼ百発百中で、チームを勝利に導いていたのである。

 編集されたテレビ番組なので、練習から本番の間に、Bが必死で練習したのかもしれないが、あまりにも対照的な結果に、思わずうなってしまった次第である。


 昔から、稽古ではやたらと強いが、試合になるとからきしだめだとか、あるいは稽古や道場の試合では腕前はさっぱりだが、本物の斬り合いでは無類の強さを誇った・・・、などという話しは幕末の剣客・結城無二三をはじめ枚挙の暇もない。

 メンタル面の要因が結果に影響するのは、何も武術・武道に限ったことではないけれど、ことに手裏剣術やスローイング・ナイフ、試物などでは、その結果が誰が見てもあきらかな分だけ、メンタル面のプレッシャーが大きく、影響を受けやすいものである。

 こうした「ごまかしの利かなさ」が、手裏剣術の稽古や演武の最も厳しい面のひとつなのだ。

 だからこそ、相も変わらず巷にあふれている、気で倒したり、触れるだけで相手を制すなどという、うさんくさい演武など見ると、おもわず微笑ましくなってしまうのである。

 ぬるい演武で、いいなあと・・・(笑)。

(了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |