防衛運転10則/(武術・武道)
- 2012/06/29(Fri) -
 免許を更新した。

 しかし無精者ゆえ、期日を半年も過ぎており、失効した免許の再取得という形。このため、2時間の講習を受けさせられた。

 思えば、初めて免許を取って、ピカピカの’87NSR250Rにまたがったのは、もう25年以上も前。

 その後、GPz400F、ウルフ250、Z250LTD、Z400GP、TDR250、デスペラード400ワインダー、ジェベル200と、日本国ならではの、由緒正しい中型自動二輪人生を歩んできた(笑)。

 一方で、ついに不惑を超えた今にいたるまで、四輪の免許は取らなかった。多分、これから取る事もないであろう。

 それにしても、もう4年ほど、バイクにはまたがっていない。

 タバコをやめたのも、4年前だったか。

 バイク、ダイドーの缶コーヒー、そしてソフトパッケージのラッキーストライク。

 青春の象徴だね・・・・・・。

 まだ若くてとんがったバイク乗りだった頃、横浜ケンタウロスのボスに、「速くなくてもいいから、長く乗れ」と、あの暗く妖しい2階のクラブハウスで諭されたのも、遠い昔、20世紀の思い出話である・・・。


 さて講義の中で、耳を引かれたのは、事故防止の秘訣の話。

 いわゆる防衛運転の教えで、「人間の平均的な反応時間は、何かの動きを見てから、それを認知し対応するのに、大体0.5秒かかる。だから、危険を予測して回避しましょう」という話であった。

 これは武術・武道でもよく言われること。

 相手の攻撃を見てから反応するには、どうしても0.5秒くらいかかるわけで、だからこそ対の先にせよ、後の先にせよ、予測=読みが重要になる。

 ゆえに古流では、攻防時の読みに関する口伝も少なくない。

 さらに、こうした生理的な反応時間の限界があるからこそ、攻防では「先制主導の原則」が基本となるべきなのである。


 「先」の稽古は、手裏剣術の的打ちや、居合・抜刀術の単独型の稽古だけでは、習得することができない。

 そこで地稽古や乱捕りが必須になるわけで、それは手裏剣術も同じである。

 ただし、それをいかに、単なる雪合戦にしないでできるか? これが大きな課題だ。


■宮城県運転免許センターの『防衛運転10則』

 1.配慮のテクニック(他人、まわりに対する気くばり)
 2.距離確認のテクニック(つかず、離れず)
 3.隔離のテクニック(相手から離れる)
 4.コントラストのテクニック(めだつような色彩等で)
 5.デモンストレーションのテクニック(自分の意志を明確に、あいまいな合図や動作はさける)
 6.辛抱のテクニック(イライラしない)
 7.準備のテクニック(先を見こす)
 8.計算のテクニック(安全の先取り、危険予知活動)
 9.ルート選択のテクニック(道路を選ぶ)
 10.余裕のテクニック(ゆとりをもって運転)


 これはそのまま、武芸者の心得ではないか!

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |