処暑多忙/(身辺雑記)
- 2012/08/26(Sun) -
 諸事多忙にて、稽古もままならぬ。

 そんな中でも、15分、30分の時間を見つけて、居間で居合を抜き、仕事場で手裏剣を打つ。

 我々、市井の武術・武道人が、下達せず上達を続けていくには、いかにして稽古を日常化していくか、これにつきる。

 たった15分の居合でも、わずか2間の座打5本でも、それが日々の鍛錬である。


 ところで、香取神道流・大竹師範の平素の稽古用差料は、二尺五分の短い刀なのですね。

 なるほど・・・。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |