たかが三寸、されど三寸/(武術・武道)
- 2012/08/31(Fri) -
 近所で建替え工事をしているようで、トンカントンカン、やかましい・・・が、そこはそれ不動心で。



DSC_9203.jpg


 二尺一寸と二尺四寸五分の刀を比べると、その差、三寸五分(約10.5cm)はこれほどある。

 斬撃にともなう運足では、最短で半歩、最大で一歩、間合が変わる。

DSC_9204.jpg


 例えば当流の型に、打太刀の左袈裟※(当人からみて、時計の針の1時方向から7時方向への斬り下ろし)を、仕太刀は自分の左斜め前へ運足し、打太刀の斬り込みを見切りながら抜き、車構えから逆袈裟で斬り上げるという業がある。

 この業では、相手の袈裟斬りを見切りながら、しかも斬り込んでくる方向に運足するところに要諦がある。そこでは当然ながら、打太刀の使う刀が定寸の場合もあれば、二尺七~八寸の勤皇刀であるかもしれず、仕太刀はそれを事前に知ることはできない(しかも打太刀は、構えで差料の長さを隠している)。

 ゆえに仕太刀は、打太刀の刀の長さ(間積もり)ではなく、斬りの軌道(太刀筋)を読んで、見切りながら入身する。

 よって、仕太刀の立場から見れば、見切って入り身するまでは、打太刀の使う刀が定寸だろうが三尺の野太刀だろうが、原理的には関係がない。

 しかし、そこからが問題である。

 見切って入り身する際は、当然ながら、その後の自分の逆袈裟の斬りにとって、最も適切な位置(敵から遠く、我から近い)に運歩しなければならないわけだが、このときの位置取りに己の差料の長さが関わってくることは、これまた言うまでもない。

 この瞬間の三寸五分(約10.5cm)の間合の差が、決定的に大きいのである。

 ことにこの業は、ふかぶかと打太刀の胴を裁断する逆袈裟ではなく、二の腕や頸、顔面に対して「浅く勝つ」ことを意図しているものなので、なおさら切先が届くか届かないかの微妙な間合が重要になるのだ。

 そういう意味でも、

 「彼我の間合に不安がある時は、相手の股の間に自分の腿を突っ込んで斬れ」

 という旧師の教えが、今更ながら身にしみる・・・。


 というようなことを、つらつらと思うのは、過日の斬りの稽古(試斬)にて、使い慣れない二尺一寸の差料を使い、未熟にも切先付近でばかり試物を斬ってしまった上、その後、今度は使い慣れた二尺四寸五分で型稽古をしていると、どうにも納刀がしっくりいかないというスパイラルに陥ってしまった、未熟な己への警句である。

DSC_9205.jpg


 たかが三寸、されど三寸。

 (了)

※「左袈裟」と「右袈裟」について、流儀・会派によって、それぞれの太刀行きの指し示す方向が違うことがあるので、ややこしい・・・。まあ、空手道の「内受け」と「外受け」も、同じだが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |