必殺技/(手裏剣術)
- 2012/10/28(Sun) -
 仮面ライダーの必殺技はライダー・キックであり、ウルトラセブンのそれはアイ・スラッガーである。

 世代がばれるね。

 ちなみに、アンパンマンの必殺技は、アンパンチだそうな。

 ・・・・・・。


 さて、前回のブログでは「冥府魔道の業」について書いたので、今回は「必殺技」についてつらつら考えてみようかと思う。

 そもそも「必殺技」とはなにか?

 字面を見れば、”必ず殺す技”である。なんとも剣呑なことだ。

 しかし辞書をひもとけば、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひっさつ‐わざ【必殺技】
必ず効果があると期待される、とっておきのわざ。
                  (大辞泉)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 だそうな。

 つまり、相手の殺害を期待している場合は「必ず殺す技」であるべきだが、たとえば相手の制圧を企図しており必ずしも殺害を目的としていない場合は「必ず殺す技」でなくとも、相手の制圧に必ず効果があれば、それは「必殺技」となるわけである。

 といっても、

「私の『必殺技』は、摩り上げての正面斬りです」

 とか、

「オレの『必殺技』は、逆突きだ」

 とか、

「ワシの『必殺技』は、逆手一本背負いじゃ」

 とかいう人がいたとしたら、たいへんこっぱずかしいことこの上ないと思うのは、私だけではあるまい(笑)。

 そもそも自分の技を評して「必殺技」とか言う人が本当に存在するのか、はなはだ疑問である。ごく一般的な教養を持っている標準的な日本人であれば、こういう場合「私の得意技は・・・」と言うものであろう。

 そもそも「必殺技」なる言葉は、いったいどこから出てきたものなのか? 

 戦後のプロレスあたりから出てきた言葉なのか、はたまた戦前の立川文庫あたりからの言葉であろうか、浅学の私には知るよしもない。


 さて、基本的に武芸の技というのは、結果として相手を殺害しようが、しまいが、すべからくなんらかの制敵効果を期待するものであり、となればすべての技は「必殺技」であるとも言えよう。

 ただし辞書の解釈には、「とっておきのわざ」との一文が添えられているだけに、なんでかんでも「必殺技」にはならないのか・・・。

 
 てなわけで、「翠月庵の必殺技はなにか?」と問われれば、

「するすると相手に近づき、極近の間合から発する、手裏剣の一打」

 ということになろう。

 手裏剣術者の究極の業は、すべてここにあるといっても過言ではあるまい。

新しいイメージ

▲手裏剣術対剣術の地稽古

 
  大道無門

  千差路有り

  此の関を透得せば

  乾坤に独歩せん


 (了)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |