転がしたら顔をふんづけるか下突きで、必ず止めを刺しましょう/武術・武道
- 2012/11/28(Wed) -
 本日は久々に空手の稽古。

 空手の世界では、私はセンセイではなく街角の有段者なので、いち個人として自分の肉弾戦の腕が錆びないように、折をみて稽古に参加している。

 手裏剣術はもちろん、抜刀術や剣術は、現代社会では「武用」としての意味をほとんどもたないが、空手道や柔術、拳法や合気道などといった体術は、いまだその意義を持っているのである。


 基本稽古でこってり絞られ、息も絶え絶えになっていると、旧知のA師範がこうおっしゃる。

 「市村さん、今日、B先生がけがしてるもんだから、この後、壮年部の指導してくれる」
 「はあ・・・」
 「えっと、みなさん、この人しれ~っと白帯まいて稽古してますが、実はもう15年も空手やっている有段者ですから。今日はこの人が指導します! じゃあ、市村さんヨロシクネ」

 ・・・。

 む~ん、手裏剣とやっとうは毎週教えているけれど、空手なんて、もう何年も人様に教えてないのだが、しかたあるまい。

 とりあえず、約束一本組手を指導せよとのこと。

 そこで揚げ受けの内捌きと外捌きからの返し。「痛め受け」あるいは捌きながらの受けをしながらの返し。掛手からの裏投げなどを指導した。


 人さまに空手を指導したのは2年ぶりなので、以下、本日の指導備忘録。

・突き蹴りは、きちんと急所に当てましょう。とりあえず、人中、霞、稲妻・月影、水月くらいは覚えておきましょう。初学のうちに、きちんと急所を狙う習慣をつけましょう。

・正しい構えで正中線を守りましょう。キックボクシングのアップライトのように、顔面がら空きに構える人が多すぎます。グローブと違って素手だと、構えが広すぎて顔面たこ殴りにされますヨ。

・運足で捌きながら受けましょう。その場に居着くとパワーのある相手には押し込まれてつぶされます。

・相手を転がしたら、顔をふんづけるか、下突きで、必ず止めを刺しましょう。そのとき重要なのは、引き手で相手の袖や後ろ襟などを引き上げながら、踏み潰すなり、突くことです。
 なぜ空手の技には引き手があるのかを、きちんと理解しましょう。

・「痛み受け」では、相手の肘関節、足首、膝関節を狙いましょう。ただし、稽古ではケガにつながるので、外腕や内腕、脛に当てて鍛えるようにしてください。

・一本組手では、攻撃する側がしっかり当てるつもりで攻めないと、稽古になりませんし、捌きやそのあとの技も正しく行えません。2~3発、突き蹴りが当たっても、人間は案外頑丈なので、死んだりしません。しっかり当てるつもりで突き・蹴りましょう。

・気に入った人とばかり組手をするのではなく、苦手な人とも積極的に稽古しましょう。むしろ、苦手な人とどんどん稽古する人ほど、上達しますし、なにより強くなれます。

・ほとんどの人が、正しい正拳を握れていません。突いた時に手首が緩んで、指の第二関節部分が前に出た、柔術の当身のようになっています。
 空手の突きは、きちんと中指と人差し指の拳頭を主とした基節骨で突きましょう。そのためには巻きわら突きが最良の鍛錬になりますが、無理な場合は拳立てをみっちり行いましょう。


 まとめ。

 やっぱり、空手の稽古はきついけど、楽しいねえ・・・。 

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |