平成24年を振り返って/(手裏剣術)
- 2012/12/31(Mon) -
 さて、平成24年もいよいよ押し詰まってきた。

 といっても、私は明日から仕事であり、自分の稽古も普段どおりなので、いつもと変わらない月曜であり、火曜でもある。

 門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
              (『狂雲集』/一休宗純)


■平成24年を振り返って

 さて、平成24年を振り返ると、手裏剣術伝習所 翠月庵としては、新春のテレビ出演、春の苗木城での演武、初夏に行った会としてはじめての合宿、年末の講習会など、充実した活動のできた1年であった。

 会員諸子の上達も目覚しく、古参のYさんとK2さんについては、長剣を使った無冥流投法による打剣については、もはや私が指導する余地がない。この部分においては、以後、各自が課題を決めて距離を伸ばしていけばよいだろう。

 一方で、翠月庵の手裏剣術教程に関しては、両名とも一両年中に、目録の伝位が得られるよう、精進していただければと思う。そのためには、やっとうの腕前を、もう少し上げなければならないだろうが・・・。


 己自身について今年を振り返ると、本年は「翠月剣の習熟」という課題をもって稽古をしてきたわけだが、これについては、まずまずの成果が得られたかと思う。ただし、どうしても4間半~5間が不安定であり、このあたりについて、改良型の翠月剣がどういう効果を果たしてくれるのか、期待したい。

 また「飛刀術/3間」という課題については、ほとんど着手できなかったので、これは来年の課題として持ち越したいと思う。

 打剣全般について振り返ると、たとえば当庵の手裏剣術型は、当初、逆体主体で編纂したものの、実は近年、私自身の打剣が順体がもっとも身体になじんでしまい、その整合性に苦慮していた。これについて、年末に行った無冥流講習会において、鈴木崩残氏に「逆体・上段打ち」に関して、非常に有益なご助言をいただくことができた。

 これで順体・逆体を問わず、翠月庵の打剣における形而上・下の理論が整合性を持つことができ、ようやく完成したように思える。この点は、非常に重要なことなので、別の機会に改めて詳述する予定だ。


■来年の課題

 平成25年の課題は、次のように考える。

 会としては、

1)積極的な演武出場/苗木城演武会、その他
2)年間行事の実施/合宿、講習会、交流稽古など
3)会員諸子の技術向上/特に剣術・抜刀術関連
4)稽古型の見直し/型の中での打剣について、順体・逆体の再検討

 を課題としたい。

 なかでも1)の積極的な演武出場について、3月に予定している苗木城演武会については、今年は私一人の出場であったが、来年は会員諸子の参加を強く望むところである。


 一方で、私個人としては、

1)稽古の日常化/毎日の生活の中での稽古
2)翠月剣/5間の安定化
3)3間での精度向上
4)飛刀術/3間の安定化
5)「武術としての手裏剣術教範」(仮題)の執筆

 を課題とする。

 なかでも5)の手裏剣術教範執筆についてだが、翠月庵を開いて丸5年、当庵生え抜きの会員諸子の確実な上達、交流団体の皆さんへの数年間にわたる継続的な指導実績、そしてなにより「翠月庵独自の打法と剣」が、ほぼ完成したことから、いよいよ満を持して執筆に着手しようと判断したものだ。

 とはいえ完成し出版されるのは、おそらく2~3年後になるであろう。

 この教範出版は、金儲けや人集めのためのツールではなく、あくまでも技術理論の記録と、後世の手裏剣術者への「贈り物」として作り上げることが目的なので、こつこつとまとめていくつもりである。


■今年もお世話になりました

 さて今年も1年間、多くの皆さんのお世話になりましたこと、あらためて感謝申し上げます。

 まず、いつもながら無冥流投剣術・鈴木崩残氏には、今年も講習会から手裏剣の制作・メンテナンスまで、あらゆる分野で、たいへんにお世話になりました。本当にありがとうございます。

 戸山流居合抜刀術美濃羽会中津川稽古会の棚田先生には、当庵として始めての演武出場である、苗木城演武会への参加をお誘いいただくとともに、例年通り納涼会や忘年会、それにともなう手裏剣術講習会、そして合同稽古などで本当にお世話になりました。

 また、今年もなにかとご迷惑をおかけしましたが、貴重な稽古場を提供してくださっている家主様にも、ここで改めてお礼申し上げます。

 そのほかにも、ご厚誼をいただいた武友の皆さんに、心よりお礼申し上げます。

 今年1年、ありがとうございました。

 来年も引き続き、手裏剣術伝習所 翠月庵を、宜しくお願い申し上げます。


 それでは皆さん、良いお年を。

 翠月庵主
 市村翠雨 謹識
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |