座技による刀法併用手裏剣術/(手裏剣術)
- 2013/01/30(Wed) -
 生業が忙しいので、以下、手控えとして・・・。


 座技による刀法併用手裏剣術について、公刊されている実技の記述・資料は、明府真影流・染谷師範によるものくらいではなかろうか?

 当庵の教習体系でも、座技による刀法併用手裏剣術は組み込んでいないのだが、最近、個人的に少しずつ検討を加えている。

 「なぜ刀法併用手裏剣術を、座った状態で練磨するのか?」という理由については、「なぜ居合(抜刀)術を、座った状態で練磨するのか?」「なぜ手裏剣術で、座打ちが重要か?」という問いへの答えと同じである。

 分からない人は、各自、自分の先生に質問してください。ただし、「そんなことも、まだ分からんのか。この未熟者め!」っと、叱責されても、私は知らない(笑)。

 なおここで、「座技での刀法併用手裏剣術など、想定としては云々・・・」というようなトンチンカンなことを考えてしまうと、多分、上達はおぼつかないであろう。


 さて、立技でも座技でも刀法併用手裏剣術のツボは、「打剣と操刀という、異なる動きの形而上下双方での接合」である。

 わかりやすくいえば、初学者の場合、打剣単体、操刀単体では適切だった「拍子」が、刀法併用手裏剣術として連動して行うと、なぜか居着いてしまう。その結果、打剣が失中するか、あるいは操刀がグダグダになってしまうのである。

 そこで、こうした質の異なる動き(打剣と操刀の動きの質は、根本部分でまったく異なる!)を合理的に「なじませる」ためには、もしかしたら立技よりも座技の方が、より近道なのではないか? っと、仮説を立てて検証している次第。

 これについては、今後さらに検討を進めていこうと思う。

 (了)

スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |