偉大な金属探知機 「ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28」/(手裏剣術)
- 2013/04/23(Tue) -
 先週の稽古で、25年式翠月剣を、1本、紛失してしまった。

 五間直打の稽古の際、暴投した剣が、地面に刺さってもぐってしまったのか、はたまた草むらの奥に入ってしまったのか・・・。

 Kさんも手伝ってくれ、大人が2人がかりで2時間近くも必死に探したのだが、ついに剣は見つからず。泣く泣く捜索を断念した。

 意外なようだが、失中などで的の背後に抜けた手裏剣というのは、不思議なほど見つけにくい場合がある。黒い剣が地面と保護色になることや、バウンドして思いもよらないところに刺さっていたり、地面にもぐってしまったり、とにかく、見つけにくくなることがある。

 それでも、自分用の手裏剣は、これまで紛失したことは、1本だけ。それも出張指導で県外で指導をした時で、普段の稽古では自分の剣をなくしたことはなかった。

 それだけに、今回はなんとしても発見しなければと思い、これを買った。

探知機1
▲写真はアマゾンさんから転載/以下同じ


 こんなふうにして、よく使われていますな。

探知機2

 あるいはこんな風に。

探知機3

 この金属探知機は、

ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28

 とういう製品である。


 お値段は、アマゾンさんで6,600円ナリ。


 そもそも、金属探知機なんて買えると思っていなかったので、レンタルにしようかと思ったら、人を馬鹿にしているかと思うくらい高かった。そこで製品をアマゾンさんで検索してみると、1,000円代のものがあり、「これは!」っと思ったのだが、レビューを読むと、ほとんど使い物にならないレベルとのこと。

 次に見たのが、この「ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28」である。

 これのレビューでは、アーチャーの方が、安土に埋もれた矢を探すために使っていて、非常に満足しているという記述があった。

 ネットの商品レビューには、サクラによるものも少なくないが、金属探知機のレビューでアーチェリーである。これはいくらなんでも、サクラの評価ではなかろう。マニアックすぎるし。

 そこで、愛剣・25年式翠月剣捜索のために、藁にもすがる思いで購入。

 本日午後、再捜索のために稽古場へ。

 「ここら辺りの可能性が高いのだが・・・」という垣根の下の草むらに「ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28」をかざすと、ピーっとセンサーが反応。

 草むらの奥の地面をまさぐってみると、翠月剣を発見!

 再捜索開始から、わずか10秒のことである。

201304231943000.jpg
▲3日ぶりに発見された、25年式翠月剣。ちと錆びてしまったが、無事でよかった・・・


 大の大人が、2時間がかりで、地面に四つんばいになって探し回っても見つからなかった手裏剣を、たった10秒で発見したのだ。

 すばらしいぞ、「ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28」!

 まったく、テクノロジーというのは偉大なものだ。

 そりゃあ設楽ヶ原で、武田の刀や槍が、織田の鉄砲隊に負けるわけだ・・・。

 というわけで、「ベルーフ(Beruf) ハンディ 高感度 金属探知機 EMD-28」は、手裏剣道場には欠かせない備品であることを、ここに明記しておこう。

 つうか、そもそもたかが五間で暴投し、的をはずす私の腕前が、そもそもダメダメなのだがネ(爆)

 (おしまい)

スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |